【タワーレコード限定】岩崎宏美が初SACD化。『あおぞら』『ファンタジー』などビクター期の5タイトル

この情報は読者の大森さんからいただきました。ありがとうございました。

読者の大森さんから教えていただきましたが、岩崎宏美のアルバムがついにSACDハイブリッド化されます。

これはタワーレコード限定のSACDハイブリッド。発売になるのはファーストの『あおぞら』、そして『ファンタジー』『パンドラの小箱』『10カラット・ダイヤモンド』『Wish』といったビクター期の名盤5タイトル。各タイトル700枚の完全生産限定盤。盤印刷面は緑色仕様

SACDの製作はオリジナル・アナログ・マスターテープから、袴田剛史氏(ビクタースタジオFLAIR)による2019年最新リマスタリング。サウンド・スーパーバイザーにオリジナルのレコーディングエンジニアである梅津達男を迎え、監修に湯浅学、株式会社ステレオサウンドの協力のもと制作されました。

CD層でもオリジナル・アナログ・マスターからDSD変換されたデジタル・データを変換したPCMマスターを使用。これまでのリマスターCDとは違う音が期待できます。

岩崎宏美の伸びのあるアルト、歌唱力。筒美京平の邦楽離れした楽曲。そして高音質盤では豊かに再現される当時の歌謡曲のサウンドなど、聴きどころの多いSACDハイブリッドだと思います。

あおぞら (+1)

あおぞら (+1)<タワーレコード限定/完全生産限定盤>【SACDハイブリッド】
Tower Records

1975年発表のファーストアルバム。デビュー曲「二重唱(デュエット)」、ヒットシングル「ロマンス」など収録。ボーナストラックも1曲。

ファンタジー

ファンタジー<タワーレコード限定/完全生産限定盤>【SACDハイブリッド】
Tower Records

1976年作品。大ヒット曲「センチメンタル」「ファンタジー」など収録。名DJ糸井五郎のディスクジョッキーに乗り、まるでラジオステーションの放送を聞くかのようにノン・ストップで繋ぐ一種のトータルアルバム。筒美京平のディスコ・サウンドを取り入れた作曲&編曲も素晴らしく、隠れた名曲の「キャンパス・ガール」はオススメ。ボーナストラックがないところも、このアルバムのトータル性を伝えてくれる。

糸井五郎を知らない世代の方は、初めて聞くとビックリするかもしれませんが特徴的なDJです。対する岩崎宏美の受けごたえは、デビューしてすぐゆえか、女子高校生らしい言葉の少なさがリアルでカワイイ。

パンドラの小箱 (+4)

パンドラの小箱 (+4)<タワーレコード限定/完全生産限定盤>【SACDハイブリッド】
Tower Records

1978年作品。岩崎宏美の代表曲の一つ「シンデレラ・ハネムーン」を収録。ボーナストラックを4曲収録。

10カラット・ダイヤモンド (+4)

10カラット・ダイヤモンド (+4)<タワーレコード限定/完全生産限定盤>【SACDハイブリッド】
Tower Records

1979年作品。作詞を阿木燿子、三浦徳子などが提供した、女性の本音が綴られたドラマ性の高い大人のラヴ・ソング集。全曲がアルバムオリジナル曲。ボーナストラック4曲の中に、シングル・ヒットした「万華鏡」などを収録。

Wish (+6)

Wish (+6)<タワーレコード限定/完全生産限定盤>【SACDハイブリッド】
Tower Records

1980年作品。初の海外録音による筒美京平作品集。AOR全盛期の西海岸の雰囲気も伝わるLA録音のオリジナル・アルバム。ボーナストラックにアルバム未収録のシングル「スローな愛がいいわ」とそのB面曲「白夜」、シングル曲「女優(シングル・ヴァージョン)」とそのB面曲「レンガ通りの恋人たち」、TVアニメ『宇宙戦艦ヤマトIII』第1・2話のEDテーマに起用された「銀河伝説」、劇場用アニメ『ヤマトよ永遠に』劇中歌としても起用された「愛の生命」も追加。

Mobile Fidelityよりグレイトフル・デッドがSACD化『From The Mars Hotel』と『Blues For Allah』

この情報は読者の吉田さんからいただきました。ありがとうございました。

読者の吉田さんに教えてもらいましたが、Mobile Fidelityからザ・グレイトフル・デッドの1975年作品、『フロム・ザ・マーズ・ホテル(From The Mars Hotel)』と、『ブルース・フォー・アラー(Blues For Allah)』がSACDハイブリッド化です。

予約は今のところ日本のHMV & BOOKSで始まっています。

フロム・ザ・マーズ・ホテル(From The Mars Hotel)

ザ・グレイトフル・デッド/From The Mars Hotel (Limited Edition)【SACDハイブリッド】
HMV & BOOKS icon

1975年発表。自らが設立した"グレイトフル・デッド・レコード"の第2弾アルバム。

1. U.S. Blues
2. China Doll
3. Unbroken Chain
4. Loose Lucy
5. Scarlet Begonias
6. Pride of Cucamonga
7. Money Money
8. Ship of Fools

Blues For Allah (Limited Edition)

ザ・グレイトフル・デッド/Blues For Allah (Limited Edition)【SACDハイブリッド】
HMV & BOOKS icon

1975年発表。"グレイトフル・デッド・レコード"の第3弾アルバム。

1. Help on the Way/Slipknot!
2. Franklin's Tower
3. King Solomon's Marbles (Part I: Stronger Than Dirt, Part II: Milkin' the Turkey)
4. The Music Never Stopped
5. Crazy Fingers
6. Sage & Spirit
7. Blues for Allah (Sand Castles & Glass Camels, Unusual Occurrences in the Desert)

ステレオサウンド(Stereo Sound)が谷村新司を初SACDハイブリッド化。アリス時代の7曲含む

この情報は読者の吉田さんからいただきました。ありがとうございました。

商品画像

Stereo Sound ORIGINAL SELECTION Vol.4 「谷村新司」【SACDハイブリッド】
ステレオサウンドストア

読者の吉田さんから教えていただきましたが、ステレオサウンド社(Stereo Sound)から谷村新司のSACDハイブリッドが11月10日に発売です。

本作は谷村新司の初のSACD化。2017年4月にステレオサウンドから発売された全8曲構成の谷村新司アナログ盤(SSAR-013)の制作時に、収録を行ないたい名曲として温存していたアリス時代の楽曲を含めた全16曲。アリス時代の曲は「チャンピオン」「冬の稲妻」「今はもうだれも」など7曲。

SACD化に際して、音源はアナログ・マスターテープ、Uマチック・デジタル・マスターテープ、HDDマスターの3種から起こされているところも興味深いところ。

このSACDハイブリッドは、ステレオサウンド社独占販売品です。詳しくはステレオサウンドストアをご覧ください。

商品画像

Stereo Sound ORIGINAL SELECTION Vol.4 「谷村新司」【SACDハイブリッド】
ステレオサウンドストア

ステレオサウンド(Stereo Sound)『安全地帯ベスト』をSACDハイブリッドで10月発売、18曲入り

この情報は読者の吉田さんからいただきました。ありがとうございました。

商品画像

Stereo Sound ORIGINAL SELECTION Vol.3 「安全地帯」【SACDハイブリッド】
ステレオサウンドストア

読者の吉田さんから教えていただきましたが、ステレオサウンド社(Stereo Sound)から安全地帯のSACDハイブリッドが10月19日に発売です。

本作は安全地帯のオリジナル・スタジオ・アルバム全14作から、本格オーディオシステムで聴きたい18曲をステレオサウンド社が独自に選曲・構成したSACDハイブリッド盤。

安全地帯のベスト盤は、同社よりアナログレコード(10曲)でも9月に発売になりましたが、SACDハイブリッド盤は18曲収録と収録曲が多い。

このSACDハイブリッドは、ステレオサウンド社独占販売品です。詳しくはステレオサウンドストアをご覧ください。

商品画像

Stereo Sound ORIGINAL SELECTION Vol.3 「安全地帯」【SACDハイブリッド】
ステレオサウンドストア

マイルス・デイヴィス・クインテット、プレスティッジ時代のセッションを収録したLPボックス(6枚組)

マイルス・デイヴィス・クインテット/The Legendary Prestige Quintet Sessions【LPレコード】
Tower Records
Amazon

マイルス・デイヴィス・クインテットのプレスティッジ(Prestige)時代の全録音を収録したLPボックス『The Legendary Prestige Quintet Sessions』が発売です。

これは2006年にCD4枚組でリリースされたもののアナログレコード化。180g重量盤。発売はConcordから、11月8日発売。

LP6にはラジオとテレビの放送音源を収録。ボックスのカヴァーになっているのはマイルスが描いた絵画「New York by Night」。ボックスには20ページのブックレット。

LP1
1. Stablemates  2. How Am I to Know?  3. Just Squeeze Me
1. There Is No Greater Love  2. The Theme  3. S'posin

LP2
1. In Your Own Sweet Way 2. Diane  3. Trane's Blues
1. Something I Dreamed Last Night  2. It Could Happen to You  3. Woody'n You

LP3
1. Ahmad's Blues  2. Surrey with the Fringe on Top  3. It Never Entered My Mind
1. When I Fall in Love 2. Salt Peanuts  3. Four  4. The Theme (take 1)  5. The Theme (take 2)

LP4
1. If I Were a Bell  2. Well You Needn't  3. 'Round Midnight
1. Half Nelson  2. You're My Everything  3. I Could Write a Book  4. Oleo

LP5
1. Airegin  2. Tune Up  3. When Lights Are Low
1. Blues by Five  2. My Funny Valentine

LP6
1. Steve Allen Intro*  2. Max Is Making Wax aka Chance It*  3. Steve Allen Intro 2* 4 . It Never Entered My Mind*  5. Tune Up^ 6. Walkin'^
1. Four# 2. Bye Bye Blackbird# 3. Walkin'# 4. Two Bass Hit#
※*11/17/55 The Tonight Show with Steve Allen; ^12/8/56 The Blue Note, Philadelphia, PA; #5/17/58 Café Bohemia, New York, NY

マイルス・デイヴィス・クインテット/The Legendary Prestige Quintet Sessions【LPレコード】
Tower Records
Amazon

【SACDラボ・レビュー】香港Master Musicのコンピアルバム『Master 2019 Superior』SACDハイブリッド

SACDラボ・レビューをアップしました。

香港のレーベルMaster MusicのコンピレーションSACD『Master 2019 Superior』のレビュー。Master Musicが毎年リリースしているコンピ・アルバムの2019年版SACDハイブリッドです。

SACDラボ・レビュー:Master 2019 Superior

ザ・キンクスの『アーサー』50周年記念デラックス・ボックスセットが発売 4CD+4x7インチシングル

ザ・キンクス/Arthur Or The Declin And Fall Of The British Empire (2019 Remaster/Deluxe Edition) 【4CD+4x7inch】
Tower Records
Amazon

ザ・キンクスの『アーサー、もしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡(Arthur Or The Declin And Fall Of The British Empire)』の50周年記念ボックスが発売です。CD4枚と7インチ・アナログ・シングル4枚の構成。ボックスの他に単体のCDアナログレコードも発売される。

ボックスには新たにリマスターしたアルバム本編のステレオ・ミックスとモノラル・ミックス。他にボーナストラック、デモ、リハーサル・レコーディング、セッション中にデイヴ・デイヴィスが制作した“幻のソロ・アルバム”などを収録。

DISC1 - ORIGINAL STEREO ALBUM, 2019 REMASTER
DISC2 - ORIGINAL MONO ALBUM, 2019 REMASTER
DISC3 - THE GREAT LOST DAVE DAVIES ALBUM PLUS
DISC4 - DEMOS, REHEARSALS, BBC & REMIXES

4 x Arthur related 7” singles
(with reproduced original international artwork)
single 1) Drivin’
single 2) Victoria
single 3) Shangri-La
single 4) Hold My Hand (Dave Davies solo)

CD2枚組(2019リマスター & THE GREAT LOST DAVE DAVIES ALBUM PLUS)

Arthur Or The Declin And Fall Of The British Empire (2019 Remaster)【CD】2枚組
Tower Records
Amazon

アナログレコード2枚組(2019リマスター & BONUS TRACKS)

Arthur Or The Declin And Fall Of The British Empire (2019 Remaster)【LPレコード】
Tower Records
Amazon

ジミ・ヘンドリックス、バンド・オブ・ジプシーズのパフォーマンスのコンプリート版が登場

ジミ・ヘンドリックス/Songs For Groovy Children: The Fillmore East Concerts<完全生産限定盤>【LPレコード】
Tower Records
Amazon

ジミ・ヘンドリックスのバンド、“バンド・オブ・ジプシーズ”は1969~70年の大晦日から新年にかけて、ニューヨークのフィルモア・イーストでライヴをおこない、ライヴ盤がリリースされていましたが、そのコンプリート版が発売です。CDアナログレコードで発売され、CDは5枚組。アナログレコードはLP8枚組。

“バンド・オブ・ジプシーズ”は、ジミがビリーコックス(b)、バディ・マイルズ(dr)と組んだトリオ。彼らは1969年の大晦日から1970年の新年にかけてフィルモア・イーストで演奏をし、そのライヴの演奏は6曲を収録した『バンド・オブ・ジプシーズ』として発売されました。しかし1970年にジミ・ヘンドリックスは悲劇的な死を迎えます。

この歴史的なパフォーマンスから50年に際してのコンプリート版は、ジミのエンジニアであるエディ・クレイマーがオリジナルのマスター・テープからリミックスし、バーニー・グランドマンがマスタリングを手掛けたもの。

CDは国内盤と輸入盤が発売

【CD】5枚組 国内
Tower Records
Amazon

【CD】5枚組 輸入
Tower Records
Amazon

以上

フランク・シナトラの名盤『マイ・ウェイ』が50周年リイシュー、 LPレコードとCDで発売

フランク・シナトラ/My Way (50th Anniversary Edition)<Black Vinyl>【LPレコード】
Tower Records
Amazon

フランク・シナトラの名盤『マイ・ウェイ』が発売50周年として『マイ・ウェイ (50周年記念エディション)』がリイシュー。アナログレコードとCDで発売です。

ビートルズやストーンズなど、ロックのアルバムの50周年に目を奪われがちですが、フランク・シナトラの『マイ・ウェイ』もまたオリジナルは1969年発売でした。リプリーズ(Reprise)後期の代表的作品。

収録曲はタイトル曲以外では、S&Gの「ミセス・ロビンソン」、ビートルズの「イエスタデイ」、シナトラ主演のロマンティック・コメディ映画『波も涙も暖かい』の主題歌となった「All My Tomorrows」、ソウルフルに歌うレイ・チャールズ「Hallelujah, I Love Her So」、しっとり聴かすジミー・ウェブ作の「Didn't We」など。

CDにはボーナストラックが付きますが、アナログレコードはオリジナルどおりの全10曲。B面が「マイ・ウェイ」から始まるわけで、そこらもアナログの良さです。

タワーレコードではCD風の表記になってますが、ここではLPの収録をオリジナルにならって載せておきます。

A1 Watch What Happens
A2 Didn't We
A3 Hallelujah, I Love Her So
A4 Yesterday
A5 All My Tomorrows
B1 My Way
B2 A Day In The Life Of A Fool
B3 For Once In My Life
B4 If You Go Away
B5 Mrs. Robinson

CDは国内盤と輸入盤 ボーナストラック付き

【CD】国内
Tower Records
Amazon

【CD】輸入
Tower Records
Amazon

以上

【牧野良幸のこちらハイレゾ商會】ビートルズ『アビイ・ロード』新ミックスのハイレゾをエッセイに

牧野良幸がWEBに連載している『こちらハイレゾ商會』が更新されました。

今月はビートルズの『アビイ・ロード』50周年のハイレゾ(flac 96kHz/24bit)です。

こちらハイレゾ商會 第72回 ビートルズ『アビイ・ロード』50周年、新ミックスのハイレゾは“換骨奪胎”の音

【タワレコ限定SACD】旧ETERNAのコンヴィチュニー指揮『ブラームス:交響曲第1番、他』がSACDハイブリッド化

ブラームス: 交響曲第1番、モーツァルト: アダージョとフーガ、ベートーヴェン: 大フーガ (1961,62年ステレオ録音)<タワーレコード限定>【SACDハイブリッド】
Tower Records

タワレコ オリジナル企画 SACDハイブリッドが発売です。Berlin Classics(旧ETERNA)レーベルとの企画盤で、タワーレコードが海外レーベルと直接制作した輸入盤SACD。

その第3弾として今回発売になるのは、旧東ドイツ時代のETERNAレーベルの名盤、フランツ・コンヴィチュニー指揮の『ブラームス: 交響曲第1番、モーツァルト: アダージョとフーガ、ベートーヴェン: 大フーガ』です。10月27日発売。

本作は旧東ドイツの名指揮者フランツ・コンヴィチュニーがライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と、1961年と1962年におこなったステレオ録音。

SACD化はアナログ領域でマスタリング

マスタリングは本国で、ミュンヘン・フィル自主制作盤のマスタリングや、タワー企画盤JAZZのECM SACD企画を担当したクリストフ・スティッケル氏によるもの。

SACD層はETERNAのオリジナル・アナログテープから、アナログ領域でマスタリングをした後にダイレクトにDSD化。“ピュア・アナログ・リマスタリング”です。

CD層も同様にアナログ領域でのマスタリング後に、いったん96kHz/24bitで高品位デジタル化し、それを44.1kHz/16bit化。

盤印刷面:緑色仕様。ジュエルケース。オリジナル・ジャケット・デザイン(解説書に他のデザインも使用)。日本語帯付(帯裏面に平林直哉氏の解説)。解説書は独文仕様。

ETERNAレーベルは旧東ドイツの国営レーベルで、共産圏とは言いながら戦前のドイツから受け継いだ技術もあり、西側のDeccaやEMIとはまた違った音作りがあったと思います。管理人もベルリンで買ってきた中古レコードにETERNAのレコードがありました。今回の初SACD化は1962年に亡くなったコンヴィチュニーの晩年の演奏に触れられると同時に、ETERNAの音も興味深い。収録曲は以下のとおり。

1. モーツァルト:アダージョとフーガ ハ短調 KV546
2. ベートーヴェン:大フーガ 変ロ長調 作品133
3. ブラームス:交響曲 第1番

フランツ・コンヴィチュニー指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
録音 1961年12月15日(2)、 1962年6月12,13日(3)、 6月19日(1) 。 ライプツィヒ。

ブラームス: 交響曲第1番、モーツァルト: アダージョとフーガ、ベートーヴェン: 大フーガ (1961,62年ステレオ録音)<タワーレコード限定>【SACDハイブリッド】
Tower Records

ブロムシュテット&ゲヴァントハウス管の“ベートーヴェン映像集”、ブルーレイ3枚組で登場

ベートーヴェン:交響曲第5,6,7,9番、三重協奏曲/ヘルベルト・ブロムシュテット【Blu-ray Disc】
Tower Records

ヘルベルト・ブロムシュテットとライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の“ベートーヴェン映像集”がセット化されブルーレイで発売です。3枚組

収録されるのは、2015年末から2016年6月にかけておこなわれたライヴ収録の3部作。

交響曲は第5番、第6番、第7番、第9番「合唱付き」の4曲。

他に「ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲」を収録。ソリストがイザベル・ファウスト(ヴァイオリン)、ジャン=ギアン・ケラス(チェロ)、マルティン・ヘルムヒェン(ピアノ)と豪華な顔ぶれです。また「第九」でも日本のアルト歌手、藤村実穂子が参加しているところも見逃せません。

音源は「PCM ステレオ」「DD5.1」「DTS-HD MA5.1」が表記されています。輸入盤ですが、日本語字幕も含まれるようです。

BD1
・ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲
・ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
収録:2016年6月12,13日、ゲヴァントハウス・コンサートホール

BD2
・ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
・ベートーヴェン:交響曲第7番
収録:2016年5月19日(第6番)、2015年5月7日(第7番)、ゲヴァントハウス・コンサートホール

BD3
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」
収録:2015年12月31日 ゲヴァントハウス・コンサートホール

ベートーヴェン:交響曲第5,6,7,9番、三重協奏曲/ヘルベルト・ブロムシュテット【Blu-ray Disc】
Tower Records

元クリームのドラマー、ジンジャー・ベイカーさんが死去。80歳

元クリームのドラマー、ジンジャー・ベイカーさんが10月6日に亡くなりました。家族より危篤状態が伝えられていましたが、このたび永眠されました。享年80歳。謹んでお悔やみを申し上げます。

ジンジャー・ベイカーさんは1966年に、エリック・クラプトン、ジャック・ブルースとクリームを結成。1968年に解散した後も活躍しておりました。

クリームのアルバムはSACDシングルレイヤーでリリースされています。

フレッシュ・クリーム<ステレオ&モノ> +12 [SACD[SHM仕様]]
Tower Records

カラフル・クリーム<ステレオ&モノ> +6 [SACD[SHM仕様]]
Tower Records

クリームの素晴らしき世界 +4 [SACD[SHM仕様]]
Tower Records

グッバイ・クリーム [SACD[SHM仕様]]<初回限定盤>
Tower Records

以上

2018年12月聖トーマス教会での『バッハ:クリスマス・オラトリオ』が映像ソフトとCDで発売!

J.S.バッハ: 《クリスマス・オラトリオ》 BWV248 (全曲)【Blu-ray Disc】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入

バッハが1723年からカントルを務めた聖トーマス教会で、バッハの「クリスマス・オラトリオ」が2018年12月にライヴ録音。映像ソフトのブルーレイとDVDで、他にCDでも発売になります。

合唱はライプツィヒ聖トーマス教会少年合唱団。オーケストラはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。指揮は2016年より第17代トーマスカントルに就任したゴットホルト・シュヴァルツ。

ブルーレイの音源には「DTS HD MA5.0」と「PCMステレオ」。日本語字幕も付いているようです。

DVD

J.S.バッハ: 《クリスマス・オラトリオ》 BWV248 (全曲)【DVD】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入

CD

J.S.バッハ: 《クリスマス・オラトリオ》 BWV248 (全曲)【CD】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入

バルトルド・クイケンの『バッハ一族のフルート音楽集 〜アクサン録音集 1978-2014』CD8枚組

バッハ一族のフルート音楽集/バルトルド・クイケン【CD】
Tower Records

これはCDですが、古楽器のクイケン3兄弟のひとり、バルトルド・クイケンがこれまでACCENTレーベルに録音した、バッハと息子たちのフルート作品集を集成したCD8枚組ボックスが発売。

収録曲はJ.S.バッハの「フルート・ソナタ集」をはじめとして、C.P.E.バッハの「フルート・ソナタ集」、W.F. バッハの「2つのフルートのための6つの二重奏曲集」ほか、多数を収録。

参加する演奏家は、フラウト・トラヴェルソのバルトルド・クイケンの他には、シギスヴァルト・クイケンやヴィーラント・クイケン、そのほかの演奏家が参加。収録曲と演奏家、録音年はタワーレコードの方をご覧ください。

バッハ一族のフルート音楽集/バルトルド・クイケン【CD】
Tower Records

プリンスの1996年作品『イマンシペイション』がアナログレコード6枚組で発売、CD3枚組でも

プリンス・イマンシペイション【LPレコード】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入 (ヨーロッパ盤)
Amazon
Amazon インポート

プリンスの1996年作品『イマンシペイション(Emancipation)』が、CD3枚組と同時にアナログレコード6枚組でも発売です。アナログレコードはパープル盤仕様。

これは1995年以降の発表作で、廃盤後は入手困難となっていたプリンスの作品を発売する<LOVE 4EVER>シリーズの第4弾。

『イマンシペイション』はプリンス自身のレーベルから1996年に発売。CDは楽曲のミックスやインタールードなどを加えて60分きっかりの収録。全部で3時間に及ぶ大作。

CDはこちら

イマンシペイション<初回限定デジパック仕様>
Tower Records
Amazon

Emancipation
Tower Records

以上

ブルーレイ27枚組のヴェルディ:オペラ作品全集(日本語字幕付き)が45%オフ数量限定発売

トゥット・ヴェルディ/ ヴェルディ: オペラ作品全集【Blu-ray Disc】
Tower Records

2013年のヴェルディ生誕 200年に企画された、ブルーレイ27枚組の『トゥット・ヴェルディ/ ヴェルディ: オペラ作品全集』が、数量限定でお買い得価格になっています。

このボックスは2018年に新装丁になった時に1/3のお買い得価格で発売されましたが、今回は45%オフという更にお得な価格です。

ヴェルディのオペラ作品を27枚のブルーレイに収録していながら、1万円代半ばという価格。しかも日本語字幕も収録しています。

音源はDTS-HD MA 5.1/ PCM 2.0。収録曲、演奏家、録音年はタワーレコードの方をご覧ください。

トゥット・ヴェルディ/ ヴェルディ: オペラ作品全集【Blu-ray Disc】
Tower Records

ラトル&ベルリン・フィルの『シベリウス交響曲全集』がアナログレコード7枚組で発売

シベリウス: 交響曲全集<Clear Vinyl/限定盤>サイモン・ラトル、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【LPレコード】
Tower Records

サー・サイモン・ラトルがベルリン・フィルの指揮者だった時、2017年にSACDハイブリッドでリリースした『シベリウス:交響曲全集』がアナログレコードで発売になります。11月中旬発売。

このセットはアナログレコード7枚組で、クリア・ヴァイナル仕様の180g重量盤。カバー写真はSACDハイブリッドと同じもの。音源は24bit/192kHz録音。

LP1:交響曲第1番 (37:39)
LP2:交響曲第2番 (43:12)
LP3:交響曲第3番 (28:17)
LP4:交響曲第4番 (36:50)
LP5:交響曲第5番 (30:32)
LP6:交響曲第6番 (29:13)
LP7:交響曲第7番 (21:48)

サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
収録2014年12月18-20日(5番)2015年1月28日〜2月6日(1〜4番)2015年2月7〜9日(5〜7番)

シベリウス: 交響曲全集<Clear Vinyl/限定盤>サイモン・ラトル、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【LPレコード】
Tower Records

日下紗矢子&ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラのSACDハイブリッド グリーグとシベリウス

グリーグ:ホルベルク組曲、弦楽四重奏曲第1番、シベリウス:ヴァイオリンと弦楽のための組曲/日下紗矢子【SACDハイブリッド】
Tower Records

日下紗矢子と、彼女が第1コンサートマスターを務める“ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ”のSACDハイブリッドが発売です。リリースはb-sharpレーベルからで11月上旬発売。

収録されるのはグリーグの「ホルベルク組曲」、弦楽四重奏曲第1番(弦楽合奏版)と、シベリウスの「ヴァイオリンのための組曲」という北欧プログラム。

収録は2017年5月と2018年11月。ベルリンのコンツェルトハウスにて。

・グリーグ:ホルベルク組曲 作品40
・グリーグ:弦楽四重奏曲第1番 ト短調 作品27(弦楽合奏版/日下紗矢子編)
・シベリウス:ヴァイオリンと弦楽のための組曲 作品117

グリーグ:ホルベルク組曲、弦楽四重奏曲第1番、シベリウス:ヴァイオリンと弦楽のための組曲/日下紗矢子【SACDハイブリッド】
Tower Records

ワーナークラシックの名盤による廉価BOX『ベートーヴェン作品全集2020』が発売(CD80枚組)

ベートーヴェン作品全集2020<限定盤>【CD】
Tower Records

ワーナークラシックからベートーヴェン生誕250年を記念して、CD80枚組による『ベートーヴェン作品全集2020』が発売。タワーレコードでは1万円ちょっとの廉価価格です。

本作はワーナークラシックス(旧EMI、Teldec、Erato)の音源と、一部他のレーベルによる全集。録音のなかったものについては2019年に新たに録音。

アーノンクールによる交響曲全集から始まり、クレンペラー、シュタルケル、ジャクリーヌ・デュ・プレなど、ワーナークラシックスの誇る歴史的な演奏家が顔を連ねます。主な演奏者は以下のとおり。全収録曲はタワーレコードの特集記事をご覧ください。

交響曲全集 ⇒ ニコラウス・アーノンクール
ピアノ協奏曲全集 ⇒ アンドラーシュ・シフ、ベルナルト・ハイティンク
ピアノ・ソナタ全集 ⇒ スティーヴン・コヴァセヴィチ
弦楽四重奏曲全集 ⇒アルテミス・カルテット
ヴァイオリン・ソナタ全集 ⇒ ルノー・カピュソン(ヴァイオリン)
その他、ダニエル・バレンボイム、ルドルフ・ブッフビンダー、イツァーク・パールマン、
オットー・クレンペラー、ヤーノシュ・シュタルケル、ジャクリーヌ・デュ・プレなど

ベートーヴェン作品全集2020<限定盤>【CD】
Tower Records