礒絵里子がヴァイオリン愛奏曲を録音したSACD『エスプレッシーヴォ』


Tower Records ▶エスプレッシーヴォ/礒絵里子
Amazon ▶エスプレッシーヴォ/礒絵里子

ヴァイオリニスト、礒絵里子のデビュー20周年記念としてSACDハイブリッド『エスプレッシーヴォ』が10月18日に発売です。

ヴァイオリン愛奏曲全18曲が録音されました。場所は2017年8月、横浜市みどりアートパーク。収録曲は以下のとおり。

01. スケルツォ(ブラームス)
02. 愛の挨拶(エルガー)
03. カンタービレ(パガニーニ)
04. ヴォカリーズ(ラフマニノフ)
05. 真夜中の鐘(ホイベルガー/クライスラー編)
06. 熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ/ハルトマン.ハイフェッツ編)
07. 感傷的なワルツ(チャイコフスキー/クロピック~礒絵里子編)
08. 舞踏会の美女(アンダーソン/山田武彦編)
09. 即興曲第15番「エディット・ピアフを讃えて」(プーランク)
10. 愛の小径(プーランク)
11. スペインのセレナーデ(シャミナード/クライスラー編)
12. 中国の太鼓(クライスラー)
13. ロンディーノ(クライスラー)
14. シンコペーション(クライスラー)
15. スペイン舞曲(ファリャ/クライスラー編)
16. ノクターン第20番遺作(ショパン/ミルシテイン編)
17. トルコ行進曲(モーツァルト/玉木宏樹~デュオ・プリマ編)
18. ワルツ・スケルツォ(チャイコフスキー)

礒絵里子(ヴァイオリン)
實川風(ピアノ)1 - 16、18
神谷未穂(ヴァイオリン)8、17


Tower Records ▶エスプレッシーヴォ/礒絵里子
Amazon ▶エスプレッシーヴォ/礒絵里子

ヴァイオリニスト、礒絵里子のデビュー20周年記念としてSACDハイブリッド『エスプレッシーヴォ』が10月18日に発売です。

パッパーノのSACD『サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」』にアルゲリッチも


Tower Records ▶サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」
Amazon ▶サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」

SACD『アントニオ・パッパーノ/サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」』が9月に発売になります。指揮はアントニオ・パッパーノ。オーケストラはローマ聖チェチーリア国立音楽院管弦楽団です。

サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」はオーディオ・ファイルにはオーディオ心がうずく楽曲と思います。

一方「動物の謝肉祭」ではパッパーノのピアノだけではなく、あのマルタ・アルゲリッチもピアノで参加しているところが注目です。収録曲は以下のとおり。

1)サン=サーンス: 交響曲第3番「オルガン付き」
アントニオ・パッパーノ指揮 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団,
ダニエレ・ロッシ:オルガン)
2)サン=サーンス: 組曲「動物の謝肉祭」
アントニオ・パッパーノ(ピアノ),
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ),
サンタ・チェチーリア管弦楽団ソロイスツ,

【録音】
1) 2016年4月, ローマ、オーディトリウム・パルコ・デラ・ムジカ(ライヴ収録:拍手入り)
2) 2016年11月, ローマ、サラ・ペトラッシ


Tower Records ▶サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」
Amazon ▶サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」

タワレコが、クイケン&ラ・プティット・バンドのSACD&CDを来日記念セール


Tower Records ▶Vivaldi :Le Quattro Stagioni (The Four Seasons) Op.8/Cello Concerto RV.403

この10月に来日が予定されるシギスヴァルト・クイケン&ら・プティット・バンドですが、それを記念してタワーレコードが、ACCENTレーベルからリリースしたSACDやCDのセールをしています。ここではSACDだけを取り上げてみました。CDを含めた全セール商品を見たい方はタワーレコードのこちらをご覧ください。在庫の無い商品は、10月上旬頃の入荷を予定。

SACDのなかには見分けがつきにくいバッハのカンタータが含まれていますがタワーレコードのページには、ディスクの説明が少なからず載っているので参考にできます。セールではSACD1枚が1,399円くらい。運賃が加わってしまうので美味しさは薄れますが、それでもまだリーズナブルかと。

セール期間
2017年9月8日(金)〜2017年9月30日(土)10:00(予定)まで

クイケン&ラ・プティット・バンド来日記念セール SACD


Tower Records ▶Vivaldi :Le Quattro Stagioni (The Four Seasons)

ヴィヴァルディの「四季」SACDラボ♪♪レビューはこちら

Tower Records ▶Vivaldi: Flute Concertos

Tower Records ▶Haydn: Harpsichord Concertos Hob.XVIII-4, Hob.XVIII-3,

Tower Records ▶Mozart :Cassations No.1 K.63/No.2 K.99/Divertimento No.7 K.205

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas "O Ewigkeit, dDonnerwort" BWV.20, "Ach Gott, vom Himmel sieh darein"BWV.2

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas BWV.54, BWV.134, BWV.168, BWV.186

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas for Pentecost BWV.34, BWV.173

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas for The Complete Liturgical Year Vol.3 - BWV.82

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas Vol.1 - BWV.56, 180, 98, 55

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas Vol.18 - BWV.70, BWV.9, BWV.182

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas Vol.6 -BWV.1, BWV.18, BWV.23

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas Vol.8 -BWV.13, BWV.73, BWV.81, BWV.144

Tower Records ▶J.S.Bach:Cantatas for the Liturgical Year Vol.5

 

 
究極のカラヤンボックス『カラヤンDG&DECCA録音全集』が発売 356枚組(+2Blu-ray Audio)


Tower Records ▶The Complete Recordings on DG & DECCA [330CD+24DVD+2Blu-ray Audio]

カラヤンのボックスセット史上で、究極のボックスが発売になります。カラヤンがドイツ・グラモフォンとデッカに残した全録音を収録した365枚組のセットです。 交響曲や管弦楽曲だけでなく、オペラなども含めた全録音が収録というのですから、究極と言っていいかと思います。内訳はCD330枚+DVD24枚+Blu-ray Audio2枚。発売は11月10日予定。

これはカラヤン生誕110年記念リリースということでリリースされるBOXセット。じゃあ、今まで出ていたDGのBOXはなんだったのか、と小言も言いたくなりますが(^-^;。でもさすがに旧EMI(現ワーナー)の録音はレコード会社が違うのでムリでしたね。とはいえDGとDECCAの60年代以前、60年代、70年代、80年代の「あのレコードも、あのCDも」全部入っていることになります。

BOXの特徴は以下のとおり。全収録リストはタワーレコードのほうをご覧ください。

Blu-ray Audioは2枚。カラヤン初の60年代のベートーヴェン交響曲全集(全曲)ワーグナー『ニーベルングの指環』全曲
・DVDは24枚。オペラ、声楽曲など
・CDはほとんどがオリジナルLPのカップリング
・限定、シリアル番号入りBOXは重さ14.6Kg(米よりも重い!)


Tower Records ▶The Complete Recordings on DG & DECCA [330CD+24DVD+2Blu-ray Audio]

PENTATONEよりヤノフスキ指揮『フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」全曲』


Tower Records ▶Humperdinck: Hansel und Gretel/マレク・ヤノフスキ 、 ベルリン放送交響楽団

PENTATONEから11月に発売予定のSACD『フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」』です。SACDハイブリッド2枚組。演奏はマレク・ヤノフスキ指揮ベルリン放送交響楽団。

これは2016年12月、ベルリン・フィルハーモニーでのライヴ録音。演奏会形式での録音です。

PENTATONEのフィルハーモニーでの録音は、同じ指揮者ヤノフスキによる〈ワーグナー・シリーズ〉で堪能しておりますので、ここでも響きは期待、ですね。

YouTubeにPENTATONEによる宣伝の動画もアップ。歌手陣についてはタワーレコードのほうをご覧ください。


Tower Records ▶Humperdinck: Hansel und Gretel/マレク・ヤノフスキ 、 ベルリン放送交響楽団

牧野良幸「こちらハイレゾ商會」DSDでECMの世界、キース・ジャレットの世界

牧野良幸「こちらハイレゾ商會」が更新。

今回は「DSDでECMの世界、キース・ジャレットの世界」

『スタンダーズVol.1』DSDを聴きます。

オーマンディの米コロンビア録音、プロコフィエフ・アルバムが180gアナログLPで発売


Tower Records ▶Prokofiev: The Love For Three Oranges Suite, etc. ユージン・オーマンディ【LPレコード】

米コロンビアのステレオ録音、ユージン・オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団による『プロコフィエフ:交響曲第1番「古典的交響曲」ほか』がアナログ・レコードで発売になります。

リリースはSpeakers Corner社。マスターテープからカッティングヘッドまで、純粋にアナログコンポーネントのみを使用してのマスタリングだそうです。180グラム重量盤。

収録曲は60年代初頭の米コロンビアのステレオ録音。制作には、グールドの55年版『ゴルトベルク変奏曲』のプロデューサー、ハワード・スコットとホロヴィッツの録音を制作したトーマス・フロストの名前があがっております。LPの収録曲は以下のとおり。

プロコフィエフ:交響曲第1番 ニ長調 《古典交響曲》
プロコフィエフ:《キージェ中尉》組曲
プロコフィエフ:《3つのオレンジへの恋》

ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団
録音:1961年〜1963年、タウンホールとアスレチッククラブ、フィラデルフィア
制作:ハワード・スコット、トーマス・フロスト

Pragaよりクナッツパーツブッシュのデッカ録音『ブルックナー:交響曲第3番』がSACD化


Tower Records ▶Bruckner: Symphony No.3 "Wagner"; Wagner: Parsifal - Ich sah das Kind an seiner Mutter Brust, etc
Amazon ▶Bruckner: Symphony No 3 'wagne CD, SACD, Import

PragaのSACDハイブリッド、クナッツパーツブッシュの『ブルックナー:交響曲第3番』がタワーレコードから今月発売になりました。Amazonでは現在予約受け付け中です。

これはデッカの1954年、ウィーン・フィルとのセッション録音。PD(著作権消滅)をSACD化したものです。SACD化にさいして新マスタリングしたとのことです。

さらに同時収録がキルステン・フラグスタートとビルギット・ニルソンの歌うワーグナーのアリアというのですから充実していると思います。この顔ぶれは『ワーグナー名演集』収録の音源のような気がしますが未確認です。SACDの収録曲は以下のとおり。

(1)ブルックナー:交響曲第3番ニ短調
(2)ワーグナー:「パルジファル」〜幼な子が、あなたの母親の胸に抱かれているのを見た(キルステン・フラグスタート)
(3)同:「トリスタンとイゾルデ」〜前奏曲
(4)同:「トリスタンとイゾルデ」〜愛の死(ビルギット・ニルソン)

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィル
【録音】1954年11月(1)、1955年2月(2)、1958年(3)(4)/ウィーン


Tower Records ▶Bruckner: Symphony No.3 "Wagner"; Wagner: Parsifal -etc
Amazon ▶Bruckner: Symphony No 3 'wagne CD, SACD, Import

Stereo Sound onlineにユニバーサルプレーヤーOPPO UDP-205の試聴記事 後編

Stereo Sound onlineに今春発売になったユニバーサルプレーヤー、オッポ(OPPO)UDP-205の試聴記事(後編)が載りました。

現在、SACDマルチチャンネルを再生できるプレーヤーとして、ハイエンド嗜好なら、実質このUDP-205を選ぶしかない現状ですので、興味深く読みました。

OPPOと言えばBDP-105DJPが欲しいところですが、もう手に入らないので、UDP-205が期待です。UDP-205はマルチ出力をRCAアナログ出力ができるところも素晴らしいですね。記事の最後には、やはりアナログ出力がいいように書いてありました。

いつかはUDP-205になるであろうと

SACDラボ♪♪も今年始めにデノンのユニバーサル・プレーヤーが不穏な動きをして、内心はUDP-205を買う覚悟をしたものですが、その後デノンのユニバーサル・プレーヤーが持ち直し、現在もまだ買い替えずに使っております。

ただ誤動作は相変わらず日常茶飯事ですので、壊れるのも時間の問題かと思います(生産終了になって10年以上なので修理もききません)。SACDラボ♪♪が健康で生きているかぎりは、どこかでUDP-205に乗り換えとなるでしょうねえ(^-^;

Stereo Sound online
「底知れぬポテンシャル UHD BD PLAYER OPPO Digital UDP-205【後編】徹底分析・音質編」

OPPO UDP-205 取扱いショップ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OPPO オッポ UHD4Kブルーレイディスクプレーヤー UDP-205JP【即納1台限り】
価格:215784円(税込、送料無料) (2017/9/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OPPO DIGITALUDP-205 4K UHD Audiophile BD Player
価格:215784円(税込、送料別) (2017/9/13時点)


Amazon ▶オッポ ユニバーサル/UHD BD プレーヤーOPPO UDP-205
カラヤンの『マーラー交響曲第9番』『ドイツ行進曲集』のSACD ジャケットもアップ

先日お伝えしたカラヤンの『マーラー:交響曲第9番』と『ドイツ行進曲集』のSACDシングルレイヤー。予約画面にジャケットもアップされました。オリジナルどおりのものでした。ここであらためて載せておきます。

カラヤン&ベルリン・フィルのマーラー:交響曲第9番


マーラー: 交響曲 第9番 [SACD[SHM仕様]]/カラヤン
Tower Records
Amazon

カラヤンがベルリン・フィルと1979年から80年にかけてアナログ・セッション録音したマーラーの交響曲第9番。SACDシングルレイヤー1枚に収録。

ドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログ・マスターから独Emil Berliner Studiosにて2017年制作、最新DSDマスターを使用。

カラヤンの名盤?『ドイツ行進曲集』


ドイツ行進曲集 [SACD[SHM仕様]]/カラヤン
Tower Records
Amazon

カラヤンとベルリン・フィルの管楽メンバーが1973年にアナログ・セッション録音した『ドイツ行進曲集』。オリジナルはLP2枚組でしたがSACDでは1枚に収録。オリジナルどおりの全30曲での復刻は国内盤としては久々らしいです。

ドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログ・マスターから独Emil Berliner Studiosにて2017年制作、最新DSDマスターを使用。

 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...