ワルターのSA-CDハイブリッド第5弾『シューベルト&ドヴォルザーク:交響曲集』が予約開始

ブルーノ・ワルター/シューベルト&ドヴォルザーク:交響曲集【3SACD Hybrid+CD】
Tower Record

〈ワルター全ステレオ録音SA-CDハイブリッド・エディション〉第5弾、『シューベルト&ドヴォルザーク:交響曲集』が予約開始です。SACDハイブリッド3枚とCD1枚のセット。発売は2020年2月12日。

追記12月2日:ジャケット写真が公開されました。

タワーレコードで予約開始。11月29日夜の時点では、ジャケット、収録データは出ていません。AmazonはSACDの表記がないのでリンクをしてありません。

第5弾はシューベルトの交響曲第5番、第8(7)番「未完成」、第9(8)番「グレート」と、ドヴォルザークの交響曲第8番、第9番「新世界より」をSACDハイブリッド化。

この中ではシューベルトの「未完成」や「グレート」がレコード愛好家には名盤とされていたものでしょう。特に「未完成」はオーケストラがニューヨーク・フィルハーモニック。今回のSA-CDハイブリッド・エディションは、コロンビア交響楽団の音に注目ですが、ニューヨーク・フィルの音も興味深いところです。

あとDISC4はCDで、ワルターの77歳の誕生日を祝して制作された語り、80歳の誕生日を祝う、アメリカのクラシック業界の中心人物によるトリビュート・コメントが含まれる、とのこと。

ブルーノ・ワルター/シューベルト&ドヴォルザーク:交響曲集【3SACD Hybrid+CD】
Tower Records

ワシントン・ナショナル交響楽団の自主レーベル第1弾はSACDハイブリッド『ドヴォルザーク「新世界より」、ビリー・ザ・キッド』

ドヴォルザーク: 交響曲第9番「新世界より」ほか/ジャナンドレア・ノセダ、 ワシントン・ナショナル交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Amazon 直輸入盤/日本語帯・解説付

PENTATONEのSACDでお馴染みの指揮者ジャナンドレア・ノセダ。そのノセダが音楽監督を務めるワシントン・ナショナル交響楽団が自主レーベルNATIONAL SYMPHONY ORCHESTRAを発足。

その第1弾としてSACDハイブリッド『ドヴォルザーク: 交響曲第9番「新世界より」、コープランド:「ビリー・ザ・キッド」』が発売されます。輸入盤と輸入盤:国内流通仕様があります。

オーケストラの自主レーベルは今日珍しくありませんが、また一つ増えたことを歓迎したいと思います。それもSACDハイブリッドでのリリースは高音質ファンには嬉しいところ。ただしマルチチャンネルの有無は今の所わかりません。収録は2019年6月、ケネディ・センターでのライヴ。収録曲は以下のとおり。

・コープランド:バレエ音楽『ビリー・ザ・キッド』
 1. 序奏〜はてしない大平原
 2. 開拓者の町の通り
 3. メキシコ娘の踊りとフィナーレ
 4. 大平原の夜(夜のカルタ遊び)
 5. 拳銃の戦い
 6. ビリー逮捕後の祝賀会
 7. ビリーの死
 8. ふたたび、はてしない大平原
・ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

ジャナンドレア・ノセダ指揮、ワシントン・ナショナル交響楽団
【録音】
2019年6月、J.F.ケネディ・センター・フォー・ザ・パフィーミング・アーツ・コンサート・ホール(ライヴ)

ドヴォルザーク: 交響曲第9番「新世界より」ほか/ノセダ、 ワシントン・ナショナル交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Amazon 直輸入盤/日本語帯・解説付

Reference Recordingsから『ホルスト: 惑星、バレエ組曲「どこまでも馬鹿な男」』SACDハイブリッド

ホルスト: 惑星 [HDCD]/マイケル・スターン、カンザス・シティ交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

高音質レーベルReference RecordingsからSACDハイブリッドが発売です。マイケル・スターン指揮、カンザス・シティ交響楽団による『ホルスト: 惑星、バレエ組曲「どこまでも馬鹿な男」』。タワーレコードでは12月下旬発売ですが、Amazonでは10月に発売済みとなっています。

本作はReference Recordingsらしく、SACD層にはマルチチャンネルを収録。加えてCD層もHDCD仕様です。

HDCDはSACDが登場する以前に、同レーベルのキース O.ジョンソンが生み出した技術で、CD層に20bitの音源を収録。ただしHDCDに対応したプレーヤーで再生する必要があります(通常プレーヤーなら16bitで再生)。OPPOなどもHDCDに対応しています。SACD層が再生できる方がHDCDで聴いてもメリットはないと思いますが、オーディオ的な楽しみとしてはいいかもしれません。

それはともかく、本作に収録されているのはホルストの『惑星』と、珍しいバレエ組曲『どこまでも馬鹿な男』。録音は2015年。収録が行われたカウフマン・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツの響きとともにSACDマルチチャンネルの音が興味深い。

・ホルスト:組曲『惑星』
 火星/金星/水星/木星/土星/天王星/海王星
・バレエ組曲『どこまでも馬鹿な男』
 アンダンテ(祈り)/地の精の踊り/水の精の踊り/火の精の踊り

【録音】
2015年1月29-31日カウフマン・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ、ヘルツベルク・ホール

ホルスト: 惑星 [HDCD]/マイケル・スターン、カンザス・シティ交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

Mobile Fidelity、グレイトフル・デッドの『ブルース・フォー・アラー』SACDとLPがタワレコで予約開始

10月にお知らせしたMobile Fidelityのザ・グレイトフル・デッド『ブルース・フォー・アラー(Blues For Allah)』のSACDハイブリッドがタワーレコードでも予約開始となりました。同時にアナログレコードも予約開始。

タワーレコードでは同じくMobile Fidelityから同時発売される、『フロム・ザ・マーズ・ホテル(From The Mars Hotel)』のアナログレコードも予約開始となっていますが、SACDハイブリッドはまだ出ておりません。

【SACDハイブリッド】ブルース・フォー・アラー

Blues For Allah/The Grateful Dead【SACDハイブリッド】
Tower Records

1975年発表。"グレイトフル・デッド・レコード"の第3弾アルバム。

1. Help on the Way/Slipknot!
2. Franklin's Tower
3. King Solomon's Marbles (Part I: Stronger Than Dirt, Part II: Milkin' the Turkey)
4. The Music Never Stopped
5. Crazy Fingers
6. Sage & Spirit
7. Blues for Allah (Sand Castles & Glass Camels, Unusual Occurrences in the Desert)

【LPレコード】ブルース・フォー・アラー

Blues for Allah/The Grateful Dead【LPレコード】
Tower Records

【LPレコード】フロム・ザ・マーズ・ホテル

From the Mars Hotel/The Grateful Dead【LPレコード】
Tower Records

1975年発表。自らが設立した"グレイトフル・デッド・レコード"の第2弾アルバム。

ネルソンスが初登場2020年ニューイヤー・コンサート、CD、LP、ブルーレイ、DVDが予約開始

毎年1月1日に行われるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。2020年はアンドリス・ネルソンスが初登場することが話題ですが、早くもそのCD、アナログレコード、ブルーレイ、DVDが予約開始となりました。

ニューイヤー・コンサートのライヴ盤はこのところ、演奏前に予約開始となるのが常です。

今回はボストン交響楽団などの指揮で活躍のネルソンスが初登場。ウィーン・フィルとはつい10月に『ベートーヴェン: 交響曲全集 [5CD+Blu-ray Audio]』をリリースしたばかりで相性はいいと思いますが、ウィンナ・ワルツやポルカなどがどんな演奏になるか楽しみです。また生誕250年のベートーヴェンの曲も演奏されます。

CD

輸入盤CD
Tower Records
Amazon

国内盤CD
Tower Records
Amazon

ブルーレイ

輸入盤ブルーレイ
Tower Records
Amazon

国内盤ブルーレイ
Tower Records
Amazon

DVD

輸入盤DVD
Tower Records
Amazon

アナログレコード

【LPレコード】
Tower Records
Amazon

【収録予定曲】
1.オペレッタ「放浪者」 序曲★(ツィーラー)
2.ワルツ「愛の挨拶」 作品56★(ヨーゼフ・シュトラウス)
3.リヒテンシュタイン行進曲 作品36★(ヨーゼフ・ストラウス)
4.ポルカ「花祭り」 作品111(ヨハン・シュトラウス2世)
5.ワルツ「シトロンの花咲く国」 作品364(ヨハン・シュトラウス2世)
6.ポルカ・シュネル「警告なしで」 作品132★(エドゥアルト・シュトラウス)
7.オペレッタ「軽騎兵」 序曲(スッペ)
8.ポルカ・フランセーズ「キューピッド・ポルカ」 作品81★(ヨーゼフ・シュトラウ ス)
9.ワルツ「もろびと手をとり」 作品443(ヨハン・シュトラウス2世)
10.ポルカ・マズルカ「氷の花」 作品55★(エドゥアルト・シュトラウス)
11.ガヴォット★(ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世)
12.郵便馬車の御者のギャロップ 作品16の2★(ロンビー)
13.12のコントルダンス WoO 14より 第1・2・3・7・10・8曲★(ベートーヴェン)
14.ワルツ「楽しめ人生を」 作品340(ヨハン・シュトラウス2世)
15.トリッチ・トラッチ・ポルカ 作品214(ヨハン・シュトラウス2世)
16.ワルツ「ディナミーデン」 作品173(ヨーゼフ・シュトラウス)
他アンコール曲を予定

★はニューイヤー・コンサート初登場となります。

DGよりビゼーやヴェルディなどをドイツ語歌唱で録音した『ドイツ語オペラ・ハイライトBOX』CD15枚組が発売

ドイツ語オペラ・ハイライトBOX【CD】15枚組
Tower Records

ドイツ・グラモフォンから、イタリア語やフランス語のオペラをドイツ語で歌ったオペラ録音を集めたCD15枚組『ドイツ語オペラ・ハイライトBOX』が発売。ビゼーやプッチーニ、ヴェルディなどのオペラがオリジナル言語ではなくドイツ語で歌われている歴史的にも貴重な録音集です。

当時ドイツ語圏の都市の歌劇場ではイタリア語やフランス語のオペラがドイツ語で上演されていた時期があったそうです(その伝統を破ったのがカラヤンでウィーンやザルツブルグ、ミラノでオリジナル言語で上演しました)。

本作に収録されている録音は全曲ではなく「ハイライト集」です。すべて1960年代にスタジオで製作されました。フリッツ・ヴンダーリヒ、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、ブリギッテ・ファスベンダー、エルンスト・ヘフリガー、イルムガルト・ゼーフリートらの名歌手が名をつらねています。

《CD 1》ビゼー:歌劇『カルメン』(ハイライツ)
ロスル・シュヴァイガー、Angela Kotthoff(ソプラノ)、マルセル・クーロー(指揮)バーデン州立歌劇場管弦楽団
【録音】1962年、カールスルーエ

《CD 2》ダルベール:歌劇『低地』Op.34(ハイライツ)
インゲ・ボルク、カタリーナ・アルダ(ソプラノ)、ハンス・ホップ、ハンス・レーヴライン(指揮)バンベルク交響楽団
【録音】1964年、ベンベルク

《CD 3》マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』/レオンカヴァッロ:歌劇『道化師』(ハイライツ)
グローリア・デイヴィー、アニー・シュレム(ソプラノ)、長野羊奈子(アルト)、ヤーノシュ・クルカ(指揮)ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団、ベルリン放送交響楽団
【録音】1962年、ベルリン

《CD 4》ロルツィング:歌劇『ロシア皇帝と船大工』(ハイライツ)
インゲボルク・ハルシュタイン(ソプラノ)、クラウディア・ヘルマン(コントラルト)、フリッツ・ヴンダーリヒ、ハンス・ギールスター(指揮)バンベルク交響楽団
【録音】1966年、バンベルク

《CD 5》モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』K.492(ハイライツ)
マリア・シュターダー、リタ・シュトライヒ、ハンニー・シュテフェク(ソプラノ)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)、フェルディナント・ライトナー(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1961年、ベルリン

《CD 6》オッフェンバック:歌劇『ホフマン物語』(ハイライツ)
Mattiwilda Dabbs、ハイディ・クルーク、グラディス・クフタ(ソプラノ)、リヒャルト・クラウス(指揮)ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団
【録音】1962年、ベルリン

《CD 7》プッチーニ:歌劇『ラ・ボエーム』(ハイライツ)
ピラール・ローレンガー、リタ・シュトライヒ(ソプラノ)、シャーンドル・コーンヤ(テノール)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、アルベルト・エレーデ(指揮)シュターツカペレ・ベルリン
【録音】1961年、ベルリン

《CD 8》ロッシーニ:歌劇『セビリャの理髪師』(ハイライツ)
リタ・シュトライヒ(ソプラノ)、エルンスト・ヘフリガー(テノール)、ライムント・グルムバッハ(バリトン)、ラインハルト・ペータース(指揮)ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団
【録音】1964年、ベルリン

《CD 9》チャイコフスキー:歌劇『エフゲニー・オネーギン』Op.24(ハイライツ)
イヴリン・リアー(ソプラノ)、ブリギッテ・ファスベンダー(コントラルト)、フリッツ・ヴンダーリヒ(テノール)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)、オットー・ゲルデス(指揮)バイエルン国立歌劇場管弦楽団
【録音】1966年、ミュンヘン

《CD 10》トマ:歌劇『ミニョン』(ハイライツ)
イルムガルト・ゼーフリート、キャサリン・ゲイヤー(ソプラノ)エルンスト・ヘフリガー(テノール)、キート・エンゲン(バス・バリトン)、ジャン・フルネ(指揮)コンセール・ラムルー管弦楽団
【録音】1963年、パリ

《CD 11》ヴェルディ:歌劇『アイーダ』(ハイライツ)
グローリア・デイヴィー(ソプラノ)、スヴェトカ・アーリン(メッゾ・ソプラノ)、シャーンドル・コーンヤ(テノール)、ハンス・ホッター(バリトン)、アルジェオ・クアドリ(指揮)ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団
【録音】1961年、ウィーン

《CD 12》ヴェルディ:歌劇『運命の力』(ハイライツ)
ステファニア・ヴォイトヴィチ(ソプラノ)、スヴェトカ・アーリン(メッゾ・ソプラノ)、ジェス・トーマス(テノール)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)、ハンス・レーヴライン(指揮)ベルリン放送交響楽団
【録音】1962年、ベルリン

《CD 13》ヴェルディ:歌劇『椿姫』(ハイライツ)
ヒルデ・ギューデン(ソプラノ)、クラウディア・ヘルマン(コントラルト)、フリードリヒ・レンツ、フリッツ・ヴンダーリヒ(テノール)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)、ブルーノ・バルトレッティ(指揮)バイエルン放送交響楽団
【録音】1966年、ミュンヘン

《CD 14》ヴェルディ:歌劇『ナブッコ』(ハイライツ)
イヴリン・リアー、リアーネ・シネク(ソプラノ)、シャーンドル・コーンヤ、トーマス・ステュアート(バリトン)、ホルスト・シュタイン(指揮)ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団
【録音】1965年、ベルリン

《CD 15》ヴェルディ:歌劇『リゴレット』(ハイライツ)
マリーナ・テュルケ(ソプラノ)、ヒルデガルト・リュトガース(メッゾ・ソプラノ)、エルンスト・コツープ(テノール)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)、ホルスト・シュタイン(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1962年、ベルリン

ドイツ語オペラ・ハイライトBOX【CD】15枚組

デッカの90年間の録音を集めたCD55枚組『Decca 90周年記念BOX〜クラシカル・レガシー』

Decca 90周年記念BOX〜クラシカル・レガシー【CD】55枚組
Tower Records

Deccaが今年2019年に設立90周年。それを記念して、この90年間にDeccaで行われた録音を集めたCD55枚組のボックスが発売。

本ボックスには、初期の78回転レコードの音源から2000年代の録音まで、さまざまな年代の管弦楽曲、協奏曲、ピアノ曲、室内楽曲、合唱曲、歌曲、歌劇の名録音が収められています。

さすがにDeccaだけあり幅広い年月、LPやCDで聴いてきた指揮者、演奏家の名前が並んでいます。オリジナル・ジャケット仕様。132ページのブックレット(英語、ドイツ語)付き。

大まかなディスクの収録内容は以下のとおり。各ディスクの詳細な収録曲はタワーレコードの「注目アイテム詳細」ページをご覧ください。

CD1-14 管弦楽曲
CD15-22 協奏曲
CD23-26 ピアノ曲/鍵盤楽曲
CD27-32 室内楽曲
CD33-38 合唱曲/聖歌
CD39-47 歌曲/リサイタル
CD48-53 歌劇
CD54-55 デッカ初期の78s盤と初期のFFRR録音からのハイライト集

Decca 90周年記念BOX〜クラシカル・レガシー【CD】55枚組

カラヤンの1960〜70年代のDECCA録音を集めたCD33枚組『DECCA録音全集』が発売

ヘルベルト・フォン・カラヤン/DECCA録音全集<限定盤> 【CD】33枚組
Tower Records

カラヤンの1960〜70年代のDECCA録音を集めたCD33枚組BOXが発売です。CDはオリジナルデザインの紙ジャケットに収録。ブックレットにはカラヤンの伝記作家リチャード・オズボーンのエッセイ付き。

収録されるのはウィーン・フィル、ベルリン・フィルとの録音で、『惑星』、『カルメン』、『オテロ』など名盤が数多く含まれます。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/DECCA録音全集<限定盤> 【CD】33枚組

収録予定曲は以下のとおり。

《CD 1》R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき
録音1959年

《CD 2》R.シュトラウス:1) ドン・ファン、2) 死と変容、3) ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら、4) 歌劇『サロメ』より「7つのヴェールの踊り」
録音1960年

《CD 3》1) ベートーヴェン:交響曲第7番、2) ブラームス:交響曲第1番
録音1959年

《CD 4》1) モーツァルト:交響曲第40番、2) ハイドン:交響曲第104番『ロンドン』
録音1959年

《CD 5》1) モーツァルト:交響曲第41番『ジュピター』、2) ハイドン:交響曲第103番『太鼓連打』
録音1963年

《CD 6》J.シュトラウス2世:1) 歌劇『こうもり』序曲、2) アンネン・ポルカ、3) ヨーゼフ・シュトラウス:うわごと、J.シュトラウス2世:4) 喜歌劇『ジプシー男爵』序曲、5) 狩り、6) ウィーンの森の物語
録音1959年

《CD 7》1) ホルスト:惑星、2) グリーグ:『ペール・ギュント』組曲
録音1961年

《CD 8》チャイコフスキー:1) ロメオとジュリエット、2) 『くるみ割り人形』組曲
録音1960年(1)、1961年(2)

《CD 9》チャイコフスキー:1) 『白鳥の湖』組曲、2) 『眠りの森の美女』組曲
録音1965年

《CD 10》アダン:バレエ『ジゼル』(ハイライツ)
録音1961年

《CD 11》ブラームス:1) 悲劇的序曲、2) 交響曲第3番、3) ドヴォルザーク:交響曲第8番
録音1961年

《CD 12》「クリスマス・ウィズ・レオンティン・プライス」
【演奏】レオンティン・プライス(S)
録音1961年

《CD 13-14》ヴェルディ:歌劇『アイーダ』
【演奏】レナータ・テバルディ(アイーダ/S)、ジュリエッタ・シミオナート(アムネリス/Ms)、カルロ・ベルゴンツィ(ラダメス/T)
録音1959年

《CD 15-16》J.シュトラウス2世:歌劇『こうもり』(ガラ・パフォーマンス付き)
【演奏】ヒルデ・ギューデン(ロザリンデ/S)、ヴァルデマール・クメント(アイゼンシュタイン/T)
録音1960年

《CD 17-18》ヴェルディ:歌劇『オテロ』
【演奏】マリオ・デル・モナコ(オテロ/T)、レナータ・テバルディ(デズデモーナ/S)
録音1961年

《CD 19-20》プッチーニ:歌劇『トスカ』
【演奏】レオンティン・プライス(トスカ/S)、ジュゼッペ・ディ・ステファノ(カヴァラドッシ/T)
録音1962年

《CD 21- 23》ビゼー:歌劇『カルメン』
【演奏】レオンティン・プライス(カルメン/S)、フランコ・コレッリ(ドン・ホセ/T)、ミレッラ・フレーニ(ミカエラ/S)、ロバート・メリル(エスカミーリョ/Br)
録音1963年

《CD 24-26》ムソルグスキー:歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』
【演奏】ニコライ・ギャウロフ(ボリス/B)、ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(マリーナ/S)、マルッティ・タルヴェラ(ピーメン/B)
録音1970年

《CD 27-28》プッチーニ:歌劇『ラ・ボエーム』
【演奏】ミレッラ・フレーニ(ミミ/S)、ルチアーノ・パヴァロッティ(ロドルフォ/T)
録音1972年

《CD 29-30》プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』
【演奏】ミレッラ・フレーニ(蝶々夫人/S)、ルチアーノ・パヴァロッティ(ピンカートン/T)
録音1974年

《CD 31-33》モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』
【演奏】ジョゼ・ヴァン・ダム(フィガロ/B)、イレアナ・コトルバス(スザンナ/S)
録音1978年

ヘルベルト・フォン・カラヤン/DECCA録音全集<限定盤> 【CD】33枚組

ハリー・ニルソン『プシー・キャッツ』45周年盤が日本独自企画、Blu-spec CD2で発売

ハリー・ニルソン/プシー・キャッツ45周年記念盤【Blu-spec CD2】
Tower Records
Amazon

ハリー・ニルソンの1974年作品『プッシー・キャッツ』の45周年記念盤が、国内盤Blu-spec CD2で発売です。

これは2013年に海外のみでリリースされたボックス『Harry Nilsson The RCA Album Collection』に収録されていた、ディスク10に収録されていた“最新リマスター・ヴァージョン+ボーナストラック”を国内盤初CD化。前記ボックス以外の単体リリースとしては世界初となります。

なおAmazonのジャケット裏写真の画像を見ると「2019年リマスター」と印刷されています。

収録はオリジナル10曲に加えて、ボックスに収録されていた7曲のボーナストラックに、さらにかつて日本盤のボーナストラックとして収録されていた2曲を追加した9曲のボーナストラックを収録。

CDは紙ジャケット仕様でオリジナルLPを復刻。日本初版オリジナル帯も復刻とのこと。解説・歌詞・対訳付。

ジョン・レノンのプロデュースによる名盤

『プッシー・キャッツ』は、当時「失われた週末」を過ごしていたジョン・レノンのプロデュース。リンゴ・スター、キース・ムーン、ダニー・コーチマー、ジム・ケルトナーなど豪華ミュージシャンも参加しています。45周年記念盤の収録曲は以下のとおり。

1.遥かなる河
2. サブタレニアン・ホームシック・ブルース
3. 僕を忘れないで
4. オール・マイ・ライフ
5. 忘れられた老兵
6. ラスト・ダンスは私に
7. メドレー ムーチョ・ムンゴ / マウント・エルガ
8. ループ・デ・ループ
9. 月光に黒い帆
10. ロック・アラウンド・ザ・クロック
11. 海のほとりで (Alternate Version) (BONUS TRACKS)
12. 空飛ぶ円盤を見た (Alternate Version) (BONUS TRACKS)
13. 灯りを消して (DEMO) (BONUS TRACKS)
14. ラスト・ダンスは私に (Alternate Version) (BONUS TRACKS)
15. 僕を忘れないで (DEMO) (BONUS TRACKS)
16. 月光に黒い帆 (DEMO) (BONUS TRACKS)
17. プッシー・キャッツ・ラジオ・スポット・ウィズ・エディー・ローレンス (BONUS TRACKS)
18. 忘れられた老兵 (DEMO 1) (BONUS TRACKS)
19. 忘れられた老兵 (DEMO 2) (BONUS TRACKS)

ハリー・ニルソン/プシー・キャッツ45周年記念盤【Blu-spec CD2】
Tower Records
Amazon

故ハリー・ニルソンの未発表曲を収録した新作『LOSST AND FOUNND』がアナログレコードで発売

ハリー・ニルソン/Losst and Found【LPレコード】
Tower Records

1994年、52歳で亡くなったハリー・ニルソン。そのハリー・ニルソンの40年振りとなる新作『LOSST AND FOUNND』がアナログレコードで発売になります。CDも発売。

ニルソンは亡くなる時に、当時15年振りとなるオリジナル・アルバムの制作に取り組んでいたという。その時の音源が、当時のプロデューサーのマーク・ハドソンの手により『LOSST AND FOUNND』として登場。ニルソンによるオリジナル・ナンバー9曲にジミー・ウェッブとオノ・ヨーコのカヴァーが収録されている。

ニルソンのオリジナル曲を収録したアルバムとしては、1980年の『Flash Harry』以来およそ40年ぶり。制作にあたり、ジミー・ウェッブとヴァン・ダイク・パークス、ドラマーのジム・ケルトナー、そして息子のキーフォ・ニルソンが参加。マーク・ハドソンのライナーが付くということです。

CDはこちら

ハリー・ニルソン/Losst and Found【CD】
Tower Records

坂本龍一アナログ・リイシュー、『WAR HEAD』『Front Line』の動画「開封の儀」が公開

坂本龍一の『左うでの夢』、1stシングル『WAR HEAD』、2ndシングル『Front Line』のアナログレコードが11月27日に発売されましたが、シングル盤2枚の動画「開封の儀」が公開されました。

「開封の儀」は実際に製品を開封しながら紹介する動画。『WAR HEAD』は発売当時のクリア・パープルヴァイナルやポスター仕様のジャケットが再現され、『Front Line』は今回のリイシューにて新たにクリア・ブルーヴァイナル仕様が採用されている。これらのパッケージ仕様が、動画の中で開封しながら紹介されている。

3枚のアナログレコードはいずれもバーニー・グランドマンによるカッティング。ソニー静岡工場でのプレス。

坂本龍一 7inchアナログ盤「WAR HEAD」[開封の儀]

坂本龍一/WAR HEAD<完全生産限定盤>【7"シングルレコード】
Tower Records
Amazon

坂本龍一 7inchアナログ盤「Front Line」[開封の儀]

坂本龍一/Front Line<完全生産限定盤>【7"シングルレコード】
Tower Records
Amazon

アルバム『左うでの夢』

坂本龍一/左うでの夢<完全生産限定盤>【LPレコード】
Tower Records
Amazon

1981年発売のソロ3作目。プロデュースは坂本龍一とロビン・スコット。エイドリアン・ブリュー、仙波清彦、高橋幸宏、細野晴臣ほかが参加。リイシューに際して、坂本の最新コメントと吉村栄一氏によるライナーノーツが付属。

カラヤンのベートーヴェン記念SACDシングルレイヤーがジャケ公開、“序曲集”“エグモント他”“Vn協奏曲”

来年1月22日発売の、カラヤン&ベルリン・フィルによるベートーヴェン名盤のSACDシングルレイヤー(SHM仕様)。3タイトルのジャケット写真がタワーレコードで公開されました。ドイツ・グラモフォンの初出LPと同じではないかと思われます。

発売になるのは〈ベートーヴェン生誕250周年記念〉として、カラヤンがベルリン・フィルを指揮したベートーヴェンの3つのアルバム。SACDシングルレイヤーで、何れもドイツ・グラモフォンのオリジナル・マスターから独Emil Berliner Studiosで制作したDSDマスターを使用。

ベートーヴェン:序曲集

ベートーヴェン:序曲集/ヘルベルト・フォン・カラヤン、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【SACDシングルレイヤー(SHM仕様)】
Tower Records
Amazon

50年前の〈ベートーヴェン生誕200周年〉に合わせて、1965年と1969年に録音されたベートーヴェンの全序曲11曲。なかなか録音されることのない序曲までも録音した貴重盤。LPやCDでは2枚組をSACD1枚に収録。

(1)《レオノーレ》序曲 第1番 作品138
(2)《レオノーレ》序曲 第2番 作品72
(3)《レオノーレ》序曲 第3番 作品72a
(4)歌劇《フィデリオ》序曲 作品72b
(5)バレエ《プロメテウスの創造物》作品43 序曲
(6)劇音楽《シュテファン王》作品117 序曲
(7)劇音楽《アテネの廃墟》作品113 序曲
(8)劇音楽《エグモント》作品84 序曲
(9)序曲《コリオラン》作品62
(10)序曲《命名祝日》作品115
(11)序曲《献堂式》作品124

【録音】
1965年9月(3)(4)(9)、1969年1月(1)(2)(5)-(8)(10)(11)

ベートーヴェン:劇音楽≪エグモント≫ 他

ベートーヴェン:劇音楽≪エグモント≫ 他/ヘルベルト・フォン・カラヤン、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【SACDシングルレイヤー(SHM仕様)】
Tower Records
Amazon

《エグモント》《ウェリントンの勝利》は、序曲集と共に1969年1月に録音されたもの。この2曲に、同年8月にサンモリッツで録音された弦楽合奏による《大フーガ》をカップリング。

(1)ゲーテの悲劇《エグモント》への音楽 作品84
(2)戦争交響曲《ウェリントンの勝利》作品91
(3)大フーガ 変ロ長調 作品133(弦楽合奏版)

【録音】
1969年1月 ベルリン、イエス・キリスト教会(1)(2)、1969年8月 サンモリッツ、フランス教会(3)

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 他/アンネ=ゾフィー・ムター、 ヨーヨー・マ、 マルク・ツェルツァー、 ヘルベルト・フォン・カラヤン、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【SACDシングルレイヤー(SHM仕様)】
Tower Records
Amazon

当時16歳のムターとのヴァイオリン協奏曲(1979年録音)と、ムター(vn)、ヨーヨー・マ(vc)、マルク・ツェルツァー(p)との「ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲」(1979年録音)を1枚にカップリング。

(1)ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
(2)ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 ハ長調作品56S

【演奏】
アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
ヨーヨー・マ(チェロ(2))、マーク・ゼルツァー(ピアノ(2))
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

【録音】
1979年9月 ベルリン、フィルハーモニー

ステレオサウンドが小椋 佳『彷徨(さまよい)』をSACDハイブリッド化 、11月22日より発売中

この情報は読者の、大森さん、吉田さん、からいただきました。ありがとうございました。

小椋 佳 《彷徨》 【SACDハイブリッド】
ステレオサウンドストア

この情報は読者の大森さんと吉田さん、お二人から同時にメールでいただきました。

ステレオサウンド(Stereo Sound)が小椋 佳のSACDハイブリッド『彷徨(さまよい)』を、11月22日に発売しております。

『彷徨』は小椋 佳の1972年作品で、ステレオサウンドは2015年にアナログレコードで限定復刻しました(現在販売は終了)。

しかし読者から「SACD盤を作って欲しい」という声に応えてのSACDハイブリッド化。SACD化はアナログ盤の時と同じく、ユニバーサルミュージックが良好な状態で保管するオリジナル・マスターテープから、SACD層用の音源をダイレクトにDSD2.8MHz化。

CD層はアナログコンソールからの信号を96kHz/24bitに変換し、コロムビアスタジオのカスタムメイドによるオーディオ・ワークステーションで44.1kHz/16bitにマスタリング。

本SACDハイブリッドはステレオサウンド社独占販売品です。購入はステレオサウンドストアか全国の有名オーディオショップで。収録曲は以下のとおり。

1. しおさいの詩
2. 春の雨はやさしいはずなのに
3. 雨が降り時が流れて
4. 木戸をあけて〜家出をする少年がその母親に捧げる歌〜
5. 小さな街のプラタナス
6. 六月の雨
7. この汽車は
8. 白い浜辺に
9. あの人がいってしまう
10. 少しは私に愛を下さい
11. あいつが死んだ
12. 屋根のない車
13. この空の青さは
14. さらば青春

小椋 佳 《彷徨》 【SACDハイブリッド】
ステレオサウンドストア

 

[CD]フルトヴェングラーの1949年録音のモーツァルト交響曲第40番&ブラームス:交響曲第4番が復刻

モーツァルト:交響曲第40番&ブラームス:交響曲第4番/ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【CD】
Tower Records
Amazon

これはCDですが、フルトヴェングラーの1949年ヴィースバーデンでの録音で、オープンリール・テープから復刻された、モーツァルトの交響曲第40番とブラームスの交響曲第4番が発売です。

発売になるのは、2トラック、19センチのオープンリール・テープから復刻された音源。1949年6月10日にヴィースバーデン国立劇場で収録された放送用ライヴ録音。ベルリン・フィルとの演奏です。

モーツァルト:交響曲第40番&ブラームス:交響曲第4番/ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【CD】
Tower Records
Amazon

【EXTON】『オペラ・イタリアーナ』上岡敏之指揮、新日本フィル - SACDハイブリッド

オペラ・イタリアーナ/上岡敏之、新日本フィルハーモニー交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

EXTONからSACDハイブリッド『オペラ・イタリアーナ』が発売。上岡敏之の指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団によるイタリア・オペラの管弦楽曲集。12月18日発売。

本作は2019年1月におこなわれたニューイヤー・コンサートのライヴ録音。音響のいい東京のすみだトリフォニーホールにてライヴ収録されました。収録曲は以下のとおり。

・ヴェルディ: 歌劇《シチリア島の夕べの祈り》 第3幕 バレエ音楽『四季』より「冬」
・ケルビーニ:歌劇《メデア》 序曲
・ロッシーニ: 歌劇《泥棒かささぎ》 序曲
・ポンキエッリ:歌劇《ラ・ジョコンダ》 第3幕 バレエ音楽『時の踊り』より「昼の時の踊り」
・ヴェルディ:歌劇《アイーダ》 第2幕より
・第1場 「小さなムーア人奴隷の踊り」
・第2場 「舞踏音楽」
・プッチーニ:歌劇《マノン・レスコー》 間奏曲
・ヴェルディ:歌劇《オテロ》 第3幕 舞踏音楽
・歌劇《シチリア島の夕べの祈り》 第3幕 バレエ音楽『四季』より「春」
・エネスク:ルーマニア狂詩曲 第1番 イ長調 作品11-1

オペラ・イタリアーナ/上岡敏之、新日本フィルハーモニー交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

飯森範親&山形響『モーツァルト:交響曲全集 プラス』はクラリネットの入った第40番など収録 - SACDハイブリッド

モーツァルト:交響曲全集 プラス/飯森範親、山形交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

SACDハイブリッドでモーツァルトの交響曲全集を完成させた、飯森範親と山形交響楽団が、新たな追加録音による『モーツァルト:交響曲全集 プラス』をSACDハイブリッドで発売。12月18日発売。

飯森範親と山形交響楽団は2017年に『モーツァルト交響曲全集』(SACDハイブリッド13枚組)を発売した後も、モーツァルトの演奏を続けてきました。

本作には全集には収録されなかったアディショナル・レコーディングを収録。クラリネットの加わった改訂版の交響曲第40番など収録。曲は以下のとおり。今日モーツァルトの交響曲全集というと、これらの曲も含まれることが多いので、今回の収録は嬉しいですね。

・モーツァルト:交響曲 ニ長調 K.320(セレナード第9番「ポストホルン」K.320:第1曲 第5曲 第7曲)
・モーツァルト:交響曲 第40番 ト短調 K.550(改訂版)
・モーツァルト:交響曲 イ短調 K.Anh.220(16a)「オーデンセ」

【録音】
2017年6月22日(K.550)、2018年6月21日(K.Anh.220)東京オペラシティコンサートホールにて、2019年2月2日(K.320) シェルターなんようホール(南陽市文化会館)

モーツァルト:交響曲全集 プラス/飯森範親、 山形交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

【タワレコ限定SACDハイブリッド】クレンペラーの『ブルックナー: 交響曲第4-9番』と『ワーグナー管弦楽曲集』12月26日発売

タワーレコード限定SACDハイブリッドが発売です。オットー・クレンペラーの旧EMI音源がSACD化。『ブルックナー: 交響曲第4-9番』(6枚組)と『ワーグナー管弦楽曲集』(2枚組)が12月26日に発売。

発売になるのはDefinition Series第26弾。ワーナーミュージック・ジャパンの協力による旧EMI音源のSACD化です。いずれも最新マスタリング。SACD層、CD層、それぞれ別個にマスタリング。マスタリング・エンジニア:藤田 厚生氏。

クレンペラーのブルックナー、4番、5番、7番、8番、9番が初SACD化

ブルックナー:交響曲第4-9番/オットー・クレンペラー、フィルハーモニア管弦楽団、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団【SACDハイブリッド】6枚組

クレンペラーがフィルハーモニア管、ニュー・フィルハーモニア管と録音したブルックナーの交響曲第4番から第9番までの6曲を収録。第6番以外の5曲が初SACD化。

1960年から1970年にかけての録音。2019年最新マスタリング。限定1000セット。デジパック仕様。クレンペラー年表付き(別添付)。

DISC 1
1. 交響曲 第4番 「ロマンティック」(1963年録音)
DISC 2
2. 交響曲 第5番(1967年録音)
DISC 3
3. 交響曲 第7番(1960年録音)
DISC 4
4. 交響曲 第8番 第1-3楽章(1970年録音)
DISC 5
4. 交響曲 第8番 第4楽章
5. 交響曲 第6番 (1964年録音)
DISC 6
6. 交響曲 第9番 (1970年録音)

フィルハーモニア管弦楽団 (第4番、第7番)
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 (第5番、第6番、第8番、第9番)

ブルックナー:交響曲第4-9番/クレンペラー【SACDハイブリッド】

ワーグナーの管弦楽曲集、3枚分のアルバムを2枚に集成

ワーグナー管弦楽曲集/オットー・クレンペラー、フィルハーモニア管弦楽団【SACDハイブリッド】2枚組

クレンペラーがフィルハーモニア管と残した貴重なワーグナーの1960年〜61年ステレオ録音。3枚分のアルバムをSACDハイブリッド2枚に集成。

新規解説付。英オリジナル・アナログ・マスターテープから2019年最新マスタリング。オリジナル・ジャケット・デザイン使用(解説書に他のオリジナル・ジャケット・デザインも一部使用)。豪華デジパック仕様。クレンペラー年表付(別添付)。

DISC 1
1. 歌劇「リエンツィ」序曲
2. 歌劇「タンホイザー」序曲
3. 歌劇「タンホイザー」第3幕への前奏曲
4. 歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲
5. 歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲
6. 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
7. 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」徒弟たちの踊りとマイスタージンガーの入場(第3幕)
8. 舞台神聖祝典劇「パルジファル」前奏曲
DISC 2
9. 歌劇「さまよえるオランダ人 序曲
10. 楽劇「ラインの黄金」-ヴァルハラ城への神々の入城
11. 楽劇「ワルキューレ」-ワルキューレの騎行
12. 楽劇「ジークフリート」-森のささやき
13. 楽劇「神々のたそがれ」-ジークフリートのラインへの旅
14. 楽劇「神々のたそがれ」-ジークフリートの葬送行進曲
15. 楽劇「トリスタンとイゾルデ」-前奏曲と愛の死
16. ジークフリート牧歌

ワーグナー管弦楽曲集/クレンペラー【SACDハイブリッド】2枚組

パーヴォ・ヤルヴィ&N響の『20世紀傑作選2〜武満徹:管弦楽曲集(仮)』SACDハイブリッド

20世紀傑作選2〜武満徹:管弦楽曲集(仮)/パーヴォ・ヤルヴィ、NHK交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

パーヴォ・ヤルヴィとNHK交響楽団による『20世紀傑作選2〜武満徹:管弦楽曲集(仮)』がSACDハイブリッドで2月5日に発売です。ヴァイオリンに諏訪内晶子も共演。RCA Red Seal(ソニーミュージック)から2月5日発売。

前作の『20世紀傑作選1バルトーク三部作』に続くシリーズ第2弾は武満徹です。ヤルヴィにとっては初の日本人作曲家のレコーディングで、2016〜18年にかけて3つのプログラムで演奏された5曲の作品を1枚のSACDにコンパイル。

具体的な収録曲はまだ載っておりませんが、武満徹の出世作となった「弦楽のためのレクイエム」は収録されているようです。後は1980〜90年代の作品で構成。ヴァイオリンに諏訪内晶子の名前も上がっております。武満作品をN響で、そしてSACDの高音質で聴ける興味深いタイトルです。

20世紀傑作選2〜武満徹:管弦楽曲集(仮)/パーヴォ・ヤルヴィ、NHK交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

ピンク・フロイドのBOX『The Later Years 1987-2019』からハイライト盤がアナログレコードとCDで発売

ピンク・フロイド/The Later Years 1987 - 2019【LPレコード】2枚組
Tower Records
Amazon

ピンク・フロイドの後期1987年〜2019年のアルバムの、新リミックス、5.1chサラウンド、未発表音源・映像を収録した『The Later Years 1987-2019』(16枚組)が12月13日発売と迫ってきましたが、そのボックスのハイライト盤がアナログレコードとCDで発売です。

ハイライト盤はアナログレコードは2枚組。CDは1枚で発売。どちらも見開き型のスリーヴに封入され、未発表およびレアな写真を擁する24ページのブックレットが同梱される。

LP収録曲
LP 1
A面
1.Shine On You Crazy Diamond, Parts 1-5 (Live At Knebworth 1990)
2.Marooned Jam (The Division Bell Sessions)
3.One Slip (2019 remix)

B面
1.Lost For Words (Pulse Tour Rehearsal 1994)
2.Us And Them (Delicate Sound Of Thunder 2019 Remix)
3.Comfortably Numb (Live At Knebworth 1990)

LP 2
A面
1.Sorrow (2019 remix)
2.Learning To Fly (Delicate Sound Of Thunder 2019 Remix)
3.High Hopes Early Version (The Division Bell Sessions)

B面
1.On The Turning Away (2019 remix)
2.Wish You Were Here (Live At Knebworth 1990)
3.Run Like Hell (Delicate Sound Of Thunder 2019 Remix)

CDはこちら

ザ・レイター・イヤーズ・ハイライト【CD】
Tower Records
Amazon

The Later Years 1987 - 2019【CD】
Tower Records 輸入
Amazon インポート

以上

【タワレコ限定CD】クルト・アイヒホルン&リンツ・ブルックナー管『ブルックナー:交響曲選集』CD10枚組

ブルックナー:交響曲選集<タワーレコード限定>/クルト・アイヒホルン、リンツ・ブルックナー管弦楽団【CD】10枚組

これはCDですが、タワレコ限定CDが発売です。90年代初頭、カメラータ・トウキョウからリリースされたクルト・アイヒホルンとリンツ・ブルックナー管弦楽団による『ブルックナー:交響曲選集』CD10枚組が再プレス。タワーレコードで30%オフで限定発売になります。

本作はビクタークリエイティブメディア(株)が開発した高解像度マスターを、CDへダイレクトにカッティングする新技術〈HRカッティング〉を採用。24bit/176.4kHzの高解像度マスターによるCDです。

W.キャラガンやJ.A.フィリップスなど、著名なブルックナー研究家、校訂者が書き下ろした解説、譜例、資料等を掲載した130ページを越える解説書に加え、キャラガン校訂による交響曲第2番のセッション録音風景と抄訳、アイヒホルンにより一部変更された交響曲第2番の終楽章別録音を収録した特典CDを含む豪華仕様。

クルト・アイヒホルン(1908 - 1994)はミュンヘン生まれの指揮者。ドレスデン・フィル、ミュンヘン・フィル、バイエルン国立歌劇場の指揮者を歴任。1956年、ミュンヘンのゲルトナー・プラッツ劇場と契約を交わし、バイエルン放送交響楽団首席指揮者に就任。1989年からリンツ・ブルックナー管の名誉指揮者を務め、モーツァルトやブルックナーの名演を録音しました。

収録曲は以下のとおり。録音は1990〜94年、リンツにて。

DISC 1
ブルックナー:交響曲 第2番(ウィリアム・キャラガン校訂による1872年稿)
DISC 2
ブルックナー:交響曲 第2番(ウィリアム・キャラガン校訂による1873年稿)
DISC 3
ブルックナー:交響曲 第5番(ノーヴァク校訂)第1楽章/第2楽章
DISC 4
ブルックナー:交響曲 第5番(ノーヴァク校訂)第3楽章/第4楽章
DISC 5
ブルックナー:交響曲 第6番(ノーヴァク校訂)
DISC 6
ブルックナー:交響曲 第7番(ノーヴァク校訂)
DISC 7
ブルックナー:交響曲 第8番 (ノーヴァク・1890年版)
DISC 8
ブルックナー:交響曲 第9番(ノーヴァク校訂)〔終楽章付〕 第1楽章/第2楽章
DISC 9
ブルックナー:交響曲 第9番(ノーヴァク校訂)〔終楽章付〕 第3楽章/第4楽章
現存手稿譜に基づく自筆スコア復元の試み
演奏用ヴァージョン(1992年12月)
校訂:ニコーラ・サマーレ、ジョン・A.フィリップス、
ジュゼッペ・マッツーカ/協力:グンナル・コールス

ボーナスディスク
ブルックナー:交響曲 第2番(1872年稿)
(ウィリアム・キャラガン校訂による1872年稿、一部アイヒホルンによる変更
録音風景

ブルックナー:交響曲選集<タワーレコード限定>/クルト・アイヒホルン、リンツ・ブルックナー管弦楽団【CD】10枚組