神尾真由子『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲』SACDハイブリッド

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲【SACDハイブリッド】
神尾真由子

ヴァイオリニスト、神尾真由子6年ぶりのソロ・アルバム『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲』がSACDハイブリッドで発売。リリースはRCA Red Sealから。10月7日発売で予約開始となっています。

今回発売になるのは、バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ全曲。パルティータの第1番から第3番を収録。

録音は2020年6月22日と23日。浜離宮朝日ホールでのセッション・レコーディング。DSDレコーディングとアナウンスされています。

1.J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番 ロ短調 BWV 1002
2.J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 BWV 1004
3.J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番 ホ長調 BWV 1006

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲【SACDハイブリッド】
神尾真由子

AC/DCが一挙ハイレゾ配信、名作『Back In Black』『Highway to Hell』などがflac(96kHz/24bit)

AC/DCのアルバムが一挙ハイレゾ配信されました。名盤『Back In Black』を始め、ライヴ・アルバムを含むラインナップ。

1980年作品の『Back In Black』は全世界で4000万枚以上売り上げたほどのベストセラーで、今まで高音質盤が出なかったのが不思議なくらい。今年40周年なので何か出るかもと思っていましたが、配信でのハイレゾ化でした。flac 96kHz/24bitでのリリース。

他のアルバムも一挙にハイレゾ配信されたのでファンは見逃せません。

ハードロックにハイレゾは必要か、という意見もありましょうが、アンガス・ヤングのギター・リフ、マルコム・ヤングのリズム・ギターは味わい深いギターサウンドです。そこにドラムが重なると、もう身体がじっとしていません。ハイファイでAC/DCを聴いてみたいものです。リンクはいずれもe-onkyo music。

Dirty Deeds Done Dirt Cheap

Dirty Deeds Done Dirt Cheap【ハイレゾ配信】

イギリスでは'76年に発売されましたが、アメリカでは'81年にリリース。

Let There Be Rock

Let There Be Rock【ハイレゾ配信】

Powerage

Powerage【ハイレゾ配信】

1978年作品。

Highway to Hell

Highway to Hell【ハイレゾ配信】

ジャケットもおなじみ。プロデューサーに”マット”ランジを迎えてのロンドン録音。アメリカではプラチナ・ディスクを獲得。

Back In Black

Back In Black 【ハイレゾ配信】

1980年作品。全世界で4000万枚以上売り上げたロックのベストセラー。

For Those About to Rock (We Salute You)

For Those About to Rock (We Salute You)【ハイレゾ配信】

全米だけで400万枚以上売り上げるビック・ヒットを記録した作品。

Flick of the Switch

Flick of the Switch【ハイレゾ配信】

初のセルフ・プロデュース作品。

Fly On the Wall

Fly On the Wall【ハイレゾ配信】

1985年作品。

Who Made Who

Who Made Who【ハイレゾ配信】

AC/DCの大ファンでもある、ホラー作家スティーヴン・キングが監督した映画『地獄のデビル・トラック』のサウンドドラック。

High Voltage

High Voltage【ハイレゾ配信】

1975年発売のオーストラリアでの1stアルバム『HIGH VOLTAGE』から2曲、2ndアルバム『T.N.T.』からの7曲から構成された、英米向けデビュー・アルバム。

'74 Jailbreak

'74 Jailbreak【ハイレゾ配信】

デビュー10周年を記念し、84年に発売された5曲入り企画アルバム。

Live

Live【ハイレゾ配信】

1990〜1991年に行われたワールドツアーの模様を収録したライヴ。

そのほかのAC/DCのハイレゾ配信

【CD】ロト、レ・シエクル管弦楽団によるベートーヴェン:交響曲第5番「運命」が発売

ベートーヴェン: 交響曲第5番「運命」、ゴセック: 17声の交響曲【CD】
フランソワ=グザヴィエ・ロト 、 レ・シエクル管弦楽団

Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

これはCDですが、フランソワ=グザヴィエ・ロトがベートーヴェンの交響曲第5番「運命」を録音。オーケストラはレ・シエクル管弦楽団。Harumonia Mundiからのリリースです。

カップリングにフランソワ=ジョゼフ・ゴセック(1734-1829)が1809年に発表した「17声の交響曲」を収録。

サヴァール、クルレンツィスに続き、ベートーヴェンの注目盤が続きますね。

(1)ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
(2)ゴセック:17声の交響曲ヘ長調RH64

【録音】
2017年3月/フィルハーモニー・ド・パリ(ベートーヴェン)、2020年2月/ブローニュ=ビヤンクール、ラ・セーヌ(ゴセック)

ベートーヴェン: 交響曲第5番「運命」、ゴセック: 17声の交響曲【CD】
フランソワ=グザヴィエ・ロト 、 レ・シエクル管弦楽団

Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

【EXTON】上岡敏之&新日本フィル、すみだトリフォニーホールでのライヴ“新世界より”SACDハイブリッド

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」【SACDハイブリッド】
上岡敏之 、 新日本フィルハーモニー交響楽団

Tower Records
Amazon

ExtonからSACDハイブリッドが発売です。上岡敏之の指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団による『ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」』。

これは2019年3月11日、東京のすみだトリフォニーホール主催による公演「すみだ平和祈念音楽祭2019」のライヴ録音。

同時収録は、コダーイの「ガランタ舞曲」と、アンコールとして演奏されたバーバーの「弦楽のためのアダージョ」。

・ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」 
・コダーイ:ガランタ舞曲
・バーバー:弦楽のためのアダージョ

【録音】
2019年3月11日、東京・すみだトリフォニーホール にてライヴ収録

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」【SACDハイブリッド】
上岡敏之 、 新日本フィルハーモニー交響楽団

Tower Records
Amazon

【Chandos】ガードナー&ベルゲン・フィルがブリテンの傑作オペラ「ピーター・グライムズ」SACDハイブリッド

ブリテン: 歌劇 《ピーター・グライムズ》 Op.33【SACDハイブリッド】
エドワード・ガードナー 、 ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団

ChandosからSACDハイブリッドが発売。ブリテンの傑作オペラ「ピーター・グライムズ」がSACDハイブリッドで登場です。2枚組。

演奏はエドワード・ガードナー指揮、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団&合唱団。ピーター・グライムズを歌うのはスチュアート・スケルトン(テノール)。

収録は2019年11月25日−27日&10月24日。ベルゲン・フィルの本拠地、グリーグホールで行われたコンサートの後に、万全の態勢でスタジオ録音されている、とのこと。

それにしてもこのコンビによるオペラ録音、昨年の『バルトーク:歌劇「青ひげ公の城」』、今年発売の『シェーンベルク: ペレアスとメリザンド/期待』と20世紀の重要なオペラ録音が続きます。ますます目が離せなくなってきました。

ブリテン: 歌劇 《ピーター・グライムズ》 Op.33【SACDハイブリッド】
エドワード・ガードナー 、 ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団

【PENTATONE】ルネ・ヤーコプスのSACDハイブリッド『シューベルト:交響曲第2番&第3番』

シューベルト: 交響曲第2番&第3番【SACDハイブリッド】
ルネ・ヤーコプス 、 ビー・ロック・オーケストラ

PENTATONEからルネ・ヤーコプスのSACDハイブリッドが発売。シューベルトの『交響曲第2番&第3番』。

これはヤーコプスがPENTATONEに初登場した『シューベルト: 交響曲第1 & 6番』に続く第2弾。PENTATONEのDSDレコーディング、マルチチャンネルによる演奏を聴けます。

ビー・ロック・オーケストラは、ベルギー第3の都市ヘント(ゲント)に2005年創設されたオリジナル楽器のオーケストラ。収録は2019年と2020年。

(1)シューベルト:交響曲第2番 D.125
(2)シューベルト:交響曲第3番 D.200

録音 セッション録音
(1)2019年7月/デ・スピル・コンサートホール(ルセラーレ)
(2)2020年2月/ザール・インスブルック(インスブルック会議場内)

シューベルト: 交響曲第2番&第3番【SACDハイブリッド】
ルネ・ヤーコプス 、 ビー・ロック・オーケストラ

【SACDレビュー】Analogue Productionsのコンピ『WONDERFUL SOUNDS OF FEMALE VOCALS』

SACDラボレビューをアップしました。

Analogue Productionsが2018年に発売した、女性ヴォーカル・コンピレーション・アルバム。

レビュー:『WONDERFUL SOUNDS OF FEMALE VOCALS』“一本釣り”が心にグサリとくる、ベストな曲が揃ったアルバム。

 

サヴァールもベートーヴェン、『ベートーヴェン: 交響曲第1-5番』SACDハイブリッド3枚組が発売

ベートーヴェン: 交響曲第1-5番【SACDハイブリッド】
ジョルディ・サヴァール 、 ル・コンセール・デ・ナシオン

サヴァールがベートーヴェンをリリース。SACDハイブリッドで『ベートーヴェン: 交響曲第1-5番』が発売です。3枚組。リリースはAlia Voxから。

収録されるのはベートーヴェンの交響曲第1番、第2番、第3番「英雄」、第4番、第5番「運命」。いずれも2019年の録音で、一挙に5曲入りのSACDでの発売は嬉しいところ。演奏もル・コンセール・デ・ナシオンなので、どんな響きのベートーヴェンか楽しみです。

今年はベートーヴェン・イヤー。前記事のクルレンツィス盤もそうですが、面白そうなベートーヴェン録音はまだまだ続きそうです。

CD1
交響曲第1番 ハ長調 op.21 [25'30]
交響曲第2番 ニ長調 op.36 [34'07]

CD2
交響曲第3番 変ホ長調「英雄」op.55 [43'58]

CD3
交響曲第4番 変ロ長調 op.60 [32'10]
交響曲第5番 ハ短調 op.67 [34'22]

録音
2019年6月5-6日(第2,4番)、2019年10月5-9日(第1,3,5番)/コルドナ城修道院、カタルーニャ

ベートーヴェン: 交響曲第1-5番【SACDハイブリッド】
ジョルディ・サヴァール 、 ル・コンセール・デ・ナシオン

クルレンツィスのベートーヴェン:交響曲第7番が10月発売予定

ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 作品92(発売予定)【CD】
テオドール・クルレンツィス 、 ムジカエテルナ

Tower Records
Amazon

これはCDですが、クルレンツィスのベートーヴェン交響曲録音の第2弾が早くも発売。

4月に発売になった交響曲第5番「運命」に続く第2弾は、交響曲第7番です。ジャケット画像はまだ公開されておりませんが、10月7日発売予定として予約開始となっています。

今回も演奏はムジカエテルナ。録音は2018年、ウィーンのコンツェルトハウス。

管理人も交響曲第5番「運命」は聴きましたが、確かに今までにない「運命」でした。

モダン楽器、古楽に限らず、「運命」はアゴーギクやディナーミクなど、いろいろな表現の演奏があるのですが、クルレンツィスの方向性はどの演奏家とも違っていて新鮮でした。交響曲第7番も楽しみです。

ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 作品92(発売予定)【CD】
テオドール・クルレンツィス 、 ムジカエテルナ

Tower Records
Amazon

弘田三枝子さんが死去、73歳

昨日のニュースで報道されましたが、歌手の弘田三枝子さんが7月21日に亡くなりました。心不全でした。73歳。ご冥福をお祈りします。

弘田三枝子さんといえばまず「ヴァケーション」を思い浮かべます。溌剌とした60年代を象徴するような曲でした。

そして「人形の家」「夢みるシャンソン人形」も忘れられません。

弘田三枝子さんの高音質はハイレゾ配信が3タイトルあります。いずれもe-onkyo music。

弘田三枝子 グレイテスト・ヒッツ Go Go MICO(24bit/96KHz)【ハイレゾ】

ニューヨークのミコ〜ニュー・ジャズを唄う(24bit/96kHz)【ハイレゾ】

ミコ・ミュージカルを唄う(24bit/96kHz)【ハイレゾ】

【CD】ロトがサン=サーンスの初オペラ「銀の鈴」を世界初録音

サン=サーンス: 《銀の鈴》 【CD】
フランソワ=グザヴィエ・ロト、 レ・シエクル管弦楽団

これはCDですが、現在注目の指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロトが、サン=サーンスの初めての歌劇「銀の鈴」を世界初録音。

CD2枚組で、リリースはBru Zaneから。フランス語のリブレットと英訳、資料画像を掲載した165ページのカラーブックレット付き。

「銀の鈴」はサン=サーンスが1865年に初めて書いたオペラ。ロトが使用したのは1914年の最終版で、オーケストラは手兵レ・シエクル。

収録は2017年6月、パリ・フィルハーモニー・スタジオ。

サン=サーンス:歌劇《銀の鈴》 全4幕
DISC 1
第1幕、第2幕
DISC 2
第2幕フィナーレ、第3幕、第4幕

演奏
エレーヌ…エレーヌ・ギュメット(ソプラノ)
ローザ…ジョディ・デヴォス(ソプラノ)
コンラッド…エドガラス・モントヴィダス(テノール)
ベネディクト…ユー・シャオ(テノール)
スピリディオン…タシス・クリストヤニス(バリトン)
パトリック…ジャン=イヴ・ラヴォー(テノール)
物乞い…マチュー・シャピュイ(テノール)

レ・シエクル(管弦楽/古楽器使用)
アクサンチェス(合唱)
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)

サン=サーンス: 《銀の鈴》 【CD】
フランソワ=グザヴィエ・ロト、 レ・シエクル管弦楽団

バレエの名指揮者リチャード・ボニングのCD45枚組ボックス『バレエ音楽録音全集』が発売

バレエ音楽録音全集<限定盤>【CD】
リチャード・ボニング

今年90歳を迎えるオーストラリアの指揮者リチャード・ボニング。90歳を記念してCD45枚組ボックス『バレエ音楽録音全集』が発売です。

ボニングはバレエの指揮者としても有名で、本作はデッカにおこなったバレエ音楽の録音をまとめたもの。リリースはデッカから。9月下旬に発売。

収録曲は幅広く、チャイコフスキーのような有名な作品はもちろん、ボニングによって復活されたアダン、マスネ、ミンクス、ブルグミュラー、オーベール、オッフェンバックなどの作品が収録されている。

そのほかに、ドニゼッティ、グノー、ロッシーニ、サン=サーンス、ヴェルディ、ベルリオーズなどのオペラの作品に含まれるバレエ音楽や踊りの場面の音楽もあります。J.シュトラウス2世の『こうもり』序曲は初CD化。

詳細な収録データはタワーレコードをご覧ください。

バレエ音楽録音全集<限定盤>【CD】
リチャード・ボニング

【CD】ヤンソンスとバイエルン放送響『ショスタコーヴィチ:交響曲第5番』2014年のライヴ録音

ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番 【CD】
マリス・ヤンソンス 、 バイエルン放送交響楽団

これはCDですが、マリス・ヤンソンスがバイエルン放送交響楽団と演奏した『ショスタコーヴィチ:交響曲第5番』が発売。リリースはBR Klassik。

収録は2014年4月から5月にかけてのライヴ録音。会場はフィルハーモニー・イン・ガスタイク。

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 Op.47
1. Moderato - Allegro non troppo
2. Allegretto
3. Largo
4. Allegro non troppo

マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団
【録音】
2014年4月30日-5月2日 ライヴ
ミュンヘン放送、
フィルハーモニー・イン・ガスタイク

 

ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番 【CD】

ジョージ・ベンソン 2019年ロンドン“ロニー・スコット・ジャズ・クラブ”でのライヴがLPで発売

ジョージ・ベンソン/Weekend in London【LPレコード】

ジョージ・ベンソンの新しいライヴ・アルバム『Weekend In London』がアナログレコードとCDで11月に発売。

本作は、2019年にロンドンの名門ジャズ・クラブ“ロニー・スコット・ジャズクラブ”でおこなったコンサートの模様を収録。

ジョージ・ベンソンのロンドンでのパフォーマンスは半世紀ぶり。会場はキャパ250人ほどらしいので熱いものが伝わってきそうです。

収録曲は1980年の名作「Give Me The Night」を始め、人気の高い「Love × Love」「In Your Eyes」などを収録。

YouTubeに「Give Me The Night」とダニー・ハザウェイのカバー「The Ghetto」が公開されています。「Give Me The Night」はやはりカッコいい。

1. Give me the night
2. Turn your love around
3. Love X love
4. In your eyes
5. I hear you knocking
6. Nothing's gonna change my love for you
7. Feel like makin' love
8. Don't let me be lonely tonight
9. The ghetto
10. Moody's mood
11. Love ballad
12. Never give up on a good thing
13. Affirmation
14. Cruise control<

CDはこちら

Weekend in London/George Benson【CD】

Tower Records

【Chandos】ジャン=エフラム・バヴゼの弾き振り『ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集』SACDハイブリッド

ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集【SACDハイブリッド】
ジャン=エフラム・バヴゼ 、 スウェーデン室内管弦楽団

Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

ChandosからSACDハイブリッドが発売。Chandosを代表するピアニスト、ジャン=エフラム・バヴゼによる『ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集』。SACDハイブリッド3枚組。8月下旬発売。

ベートーヴェンは既にピアノ・ソナタ全集を完成させているバヴゼ。今回はベートーヴェン生誕250周年を記念して、ピアノ協奏曲全集をバヴゼ自身の指揮による弾き振りで録音。オーケストラはスウェーデン室内管弦楽団。収録は2018年11月と2019年11月。

Disc 1
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番

Disc 2
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番

Disc3
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番《皇帝》
ベートーヴェン:五重奏曲Op.16(ピアノと管楽のための五重奏曲)

録音
2018年11月25日−30日&2019年11月11日−16日
オレブルー音楽大学(スウェーデン)

ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集【SACDハイブリッド】
ジャン=エフラム・バヴゼ 、 スウェーデン室内管弦楽団

Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

香港Master Music恒例のコンピレーションSACDハイブリッド2020年版が発売。Master 2020 Superior

Master 2020 Superior 【SACDハイブリッド】

香港のMaster Musicが毎年リリースしているコンピレーションSACDハイブリッド。2020年版として『Master 2020 Superior』が発売になりました。これで通算10作目。

今回はSACDラボでレビューをして好評だったシーネ・エイ『We've Just Begun』やステファニー・ボルツ『ミッドウィンター・テイルズ』の収録曲を含む全14曲。

日本人アーティストは山本剛トリオ、綾戸智恵が含まれる。さらにフランスの超絶ベーシスト、ルノー・ガルシア・フォンスも加え、ポップスからジャズまでヴァリエーションに富んだセレクションになっている。

パッケージは紙が厚くタイトルがエンボス処理をされたデジパック。収録曲は以下のとおり。トータル67分2秒収録。

収録曲
1.To A New Day - シーネ・エイ
2.The Sound of Silence - ステファニー・ボルツ
3.Holly Grail - Hanne Boel
4.Natural Woman - 綾戸智恵
5.You Don’t Know Me - 山本剛トリオ
6.Wichita Lineman - Simone Kopmajer
7.Bless The Road - Mary Black
8.Those Ordinary Things - シーネ・エイ
9.The Old Black Magic - Three Tenors
10.Angel Eyes - 綾戸智恵
11.Bright Life - ステファニー・ボルツ
12.Estate - Alexandra Shakina
13.Nicole - Hanne Boel
14.Tavalod - Renaud Garcia-Fons

Master 2020 Superior 【SACDハイブリッド】

Master MusicのSACDラボ レビュー

シーネ・エイ/We've Just Begun
ステファニー・ボルツ/ミッドウィンター・テイルズ
Master 2019 Superior

ポール・マッカートニー「Beautifl Night」のミュージック・ビデオがリマスターされ公開

ポール・マッカートニー『フレイミング・パイ』アーカイヴ・コレクションの発売が迫っていますが、それに合わせて、収録曲「ビューティフル・ナイト」のミュージック・ビデオがリマスターされ公開。

「ビューティフル・ナイト」はリンゴ・スターがドラムとバック・コーラスで参加。ビデオの最後の方でも出演しています。曲だけを聴いても、ドラムが入った瞬間にリンゴ・スターだ、とわかるくらい。やはりポールの曲はリンゴのドラムが入ると輝きます。

『フレイミング・パイ』では他にもジョージ・マーティンがアレンジをした曲や、生前のリンダー・マッカートニーのコーラスも聴けます(最後に収録された小品)。録音にジェフ・エメリックが参加していることもあり、ファンには聴きどころの多いアルバム。

【5CD/2DVD】デラックス・エディション

フレイミング・パイ デラックス・エディション [5SHM-CD+2DVD]

Tower Records 国内
Tower Records 輸入
Amazon

・5CD+2DVD
・リマスター・アルバムと32曲のボーナス・トラックの96kHz/24bit ハイレゾ・オーディオが聴けるダウンロード・カード付
・リンダ・マッカートニーの未発表写真などを含む128ページのブックレットなど

【2CD】フレイミング・パイ スペシャル・エディション

フレイミング・パイ スペシャル・エディション【2CD】

Tower Records 国内
Tower Records 輸入
Amazon
Amazon インポート

【3LPレコード】

フレイミング・パイ【3 LPレコード】

Tower Records 国内
Tower Records 輸入
Amazon

【2LPレコード】

フレイミング・パイ【LPレコード】

Tower Records 国内
Tower Records 輸入
Amazon

ポネル演出の名盤『モーツァルト:フィガロの結婚』がDVDで発売

モーツァルト:歌劇≪フィガロの結婚≫/カール・ベーム【DVD】

Tower Records
HMV & BOOKS icon

映像によるオペラの名盤。ジャン=ピエール・ポネル演出による『モーツァルト:フィガロの結婚』のDVD(2枚組)が発売。

レーザーディスクの時代から親しんできたクラシックファンも多いかと思います。DVDは過去にも発売されたようですが、今回は2千円代というリーズナブルな価格での発売です。

DVDの詳細はHMV & BOOKS iconのほうに載っています。音源は「LPCM2ch・DTS5.1」、日本語字幕もあるようです。

本作の録音は1975年。映像の製作は1976年。

演奏はカール・ベーム指揮ウィーン・フィル。歌手はヘルマン・プライ(フィガロ)、ミレッラ・フレーニ(スザンナ)、キリ・テ・カナワ(伯爵夫人)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(アルマヴィーヴァ伯爵)など豪華。

モーツァルト:歌劇≪フィガロの結婚≫/カール・ベーム【DVD】

Tower Records
HMV & BOOKS icon

Analogue ProductionsのSACD女性ヴォーカル・コンピ『WONDERFUL SOUNDS OF FEMALE VOCALS』

WONDERFUL SOUNDS OF FEMALE VOCALS 【SACDハイブリッド】

SACDセレクト(Yahooショッピング)

Analogue ProductionsのSACDハイブリッドで『WONDERFUL SOUNDS OF FEMALE VOCALS』がある。

これは2018年発売のSACDハイブリッド2枚組で、女性ヴォーカルを22曲収録したコンピレーション・アルバム。2chステレオ。

本作はAnalogue Productionsのオーナーであるチャド・カッセム(Chad Kassam)が自ら選曲しただけあって、音楽、音質とも“ストライク”な内容となっている。マスタリングはケヴィン・グレイ。

ジャケットはジャジーでムードのある写真。クラシックな雰囲気を醸し出している(1曲目はジュリー・ロンドンだ)。

しかし収録されているアーティストは幅広い。エラ・フィッツジェラルド、ニーナ・シモン、ホリー・コール。

さらにはダスティ・スプリングフィールド、フィービ・スノウ、リッキー・リー・ジョーンズ、ジャニス・イアンとポップスのシンガーも並ぶ。

それからジェニファー・ウォーンズ、パトリシア・バーバー、そしてダイアナ・クラールなど高音質ファンにもお馴染みのシンガーが並ぶ。全22曲のうち、Analogue Productionsでリシシューされているものも多くサンプラーとして聴ける側面もある。

本作はYahoo!ショッピングのSACDセレクトで扱っている。ここでは大手ネットショップでは品切れになっているAnalogue ProductionsのSACDや他のレーベルのSACDを発見することが多いので、高音質ファンはぜひのぞいてほしい。

収録曲:
DISC 1
1. Cry Me A River - Julie London
2. Black Coffee - Ella Fitzgerald
3. Poetry Man - Phoebe Snow
4. Son Of A Preacher Man - Dusty Springfield
5. Just A Little Lovin' - Shelby Lynne
6. Show Biz Kids - Rickie Lee Jones
7. Crazy - Patsy Cline
8. Tennessee Waltz - Holly Cole
9. Breaking Silence - Janis Ian
10. Hey There - Myra Taylor
11. What A Shame - Patricia Barber
12. Plain Gold Ring - Nina Simone

DISC 2
1. The Moon Is Made Of Gold - Rickie Lee Jones
2. Blue Moon - Julie London
3. Blame It On The Moon - Nancy Bryan
4. Diamonds And Rust - Joan Baez
5. Somebody Who Loves You - Joan Armatrading
6. Send In The Clowns - Judy Collins
7. Ballad Of The Runaway Horse - Jennifer Warnes
8. A Case Of You - Diana Krall
9. The Look Of Love - Dusty Springfield
10. Brothers In Arms - Joan Baez

WONDERFUL SOUNDS OF FEMALE VOCALS 【SACDハイブリッド】

SACDセレクト(Yahooショッピング)

吉田美奈子『FLAPPER』と『Twilight Zone』のSACDハイブリッドが本日発売。LPも

吉田美奈子の『FLAPPER』と『Twilight Zone』が本日、SACDハイブリッドとアナログレコードで発売。

どちらもバーニー・グランドマンによる最新リマスタリング。LPはカッティングもバーニー・グランドマンによるもの。

管理人はやはり『FLAPPER』が非常に好きですが、『Twilight Zone』も負けず劣らずいいです。

新型コロナウイルスの影響で発売が伸びていた、吉田美奈子のRCA移籍作品のSACDハイブリッド化。これで無事に4作が出揃いました。

『FLAPPER』

吉田美奈子/FLAPPER【SACDハイブリッド】
Tower Records

吉田美奈子/FLAPPER【LPレコード】
Tower Records

『Twilight Zone』

吉田美奈子/Twilight Zone【SACDハイブリッド】
Tower Records

吉田美奈子/Twilight Zone【LPレコード】
Tower Records

『MINAKO』

吉田美奈子/MINAKO【SACDハイブリッド】
Tower Records

吉田美奈子/MINAKO【LPレコード】
Tower Records

『MINAKOII』

吉田美奈子/MINAKOII【SACDハイブリッド】
Tower Records

吉田美奈子/MINAKOII【LPレコード】
Tower Records