ワーナーのドルビー・アトモス クラシックアルバム『3D Orchestral Collection』Amazon Musicで配信

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 & Ben Gernon

ワーナークラシックスはドルビー・アトモスで収録したロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のクラシック・アルバム『3D Orchestral Collection』を配信しました。

この3DサウンドはAmazon Musicのみの配信。アマゾン・ミュージック HDに加入し、AmazonのスマートスピーカーEcho Studioで再生可能となります。

演奏はベン・ジャーノン指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団&合唱団。収録は、 2020年1月7-11日。アビイロード第1スタジオで収録。96kHz/ 24bits。公式動画も公開されています。

 

収録曲
1. バッハ:G線上のアリア
2. アルビノーニ:アダージョ
3. ヘンデル:ハレルヤ・コーラス
4. モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク〜第1楽章
5. モーツァルト:交響曲第40番〜第1楽章
6. モーツァルト:「フィガロの結婚」序曲
7. モーツァルト:レクイエム〜怒りの日(ディエス・イレ)
8. モーツァルト:レクイエム〜涙の日(ラクリモーサ)
9. ベートーヴェン:「コリオラン」序曲
10. ベートーヴェン:「アテネの廃墟」〜トルコ行進曲
11. メンデルスゾーン:「夏の夜の夢」〜スケルツォ
12. メンデルスゾーン:「夏の夜の夢」〜結婚行進曲
13. ベルリオーズ:「ファウストの劫罰」〜ハンガリー行進曲
14. ブラームス:交響曲第3番〜第3楽章
15. オッフェンバック:「ホフマン物語」〜舟歌
16. ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」〜第4楽章
17〜19. ボロディン:だったん人の踊り〜「イーゴリ公」より抜粋
20. ヨハン・シュトラウスII世:美しく青きドナウ
21. チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」〜第3楽章
22. チャイコフスキー:「くるみ割り人形」〜花のワルツ
23. ワーグナー:ワルキューレの騎行〜「ワルキューレ」第3幕より
24. リヒャルト・シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき〜冒頭部
25. ヴェルディ:レクイエム〜怒りの日(ディエス・イレ)
26. マーラー:交響曲第5番〜第4楽章:アダージェット
27. フォーレ:パヴァーヌ
28. ドビュッシー:夜想曲〜祭
29. エルガー:エニグマ変奏曲〜変奏第9曲:ニムロッド
30. ホルスト:惑星〜木星(ジュピター)
31. スーザ:星条旗よ永遠なれ
32. プロコフィエフ:ロミオとジュリエット〜キャピュレット家とモンタギュー家
33. ラヴェル:ボレロ
34. ショスタコーヴィチ:舞台管弦楽のための組曲第1番〜ワルツ第2番
35. バーバー:弦楽のためのアダージョ

Amazon music での配信はこちら

 

【CD】ゲルギエフ&ミュンヘン・フィルの“聖フローリアン”でのブルックナー第4〜7番が発売

これはCDですが、ワレリー・ゲルギエフとミュンヘン・フィルが聖フローリアン修道院でおこなった〈ブルックナー・ライヴ〉、交響曲第4番、第5番、第6番、第7番がリリースされます。

ミュンヘン・フィルの自主レーベルMunchner Philharmonikerから9月4日発売。

ブルックナー: 交響曲第4番「ロマンティック」

ブルックナー: 交響曲第4番【CD】
ワレリー・ゲルギエフ 、 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】2017年9月26日、リンツ、聖フローリアン修道院でのライヴ

ブルックナー: 交響曲第5番

ブルックナー: 交響曲第5番【CD】
ワレリー・ゲルギエフ 、 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】2019年9月23-24日、リンツ、聖フローリアン修道院でのライヴ

ブルックナー: 交響曲第6番

ブルックナー: 交響曲第6番【CD】
ワレリー・ゲルギエフ 、 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】2019年9月24-25日、リンツ、聖フローリアン修道院でのライヴ

ブルックナー: 交響曲第7番

ブルックナー: 交響曲第7番【CD】
ワレリー・ゲルギエフ 、 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】2019年9月25-26日、リンツ、聖フローリアン修道院でのライヴ

イツァーク・パールマン祝75歳 名演&ドキュメンタリーのDVDボックス(6枚組)が発売

イツァーク・パールマン アニヴァーサリーBOX【DVD】

イツァーク・パールマンの名演&ドキュメンタリーを集めたDVDボックス(6枚組)が発売。

DVDに収録の音源はPCMステレオ。日本語字幕はありません。詳細はタワーレコードをご覧ください。

DVD1(110分)
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ ホ長調 BWV1006/同 ニ短調 BWV1004
収録:1978年、セントジョンズ・スミス・スクエア、ロンドン(ライヴ)
ドキュメンタリー『イツァーク・パールマン〜超絶技巧のヴァイオリニスト』(監督:クリストファー・ヌーペン)
DVD2(89分)
イツァーク・パールマン プレイズ・チャイコフスキー

収録:1979年6月(チャイコフスキー)、1978年(展覧会の絵)、フィラデルフィア、アカデミー・オブ・ミュージック(ライヴ)
DVD3(94分)
イツァーク・パールマン プレイズ・ベートーヴェン&ブラームス

収録:1992年2月25,26日(ベートーヴェン)、1992年2月29日,3月1日(ブラームス)、シャウシュピールハウス、ベルリン(ライヴ)
DVD4(95分)
イツァーク・パールマン プレイズ・ベートーヴェン

収録:1995年、フィルハーモニー、ベルリン(ライヴ)
DVD5(94分)
『イスラエル・フィル創立60周年記念コンサート』

収録:1996年12月26日,テル・アヴィヴ、マン・オーディトリアム(ライヴ)
DVD6(90分)
イツァーク・パールマン・コンダクツ・イスラエル・フィル

収録:2010年3月、テルア・アヴィヴ、マン・オーディトリアム(ライヴ)

イツァーク・パールマン アニヴァーサリーBOX【DVD】

ロトの『シューマン:交響曲第1番「春」&第4番[1841年初稿]』SACDハイブリッドで発売

シューマン: 交響曲第1番「春」、第4番 (1841年初稿)【SACDハイブリッド】
フランソワ=グザヴィエ・ロト 、 ケルン・ギュルツェニッヒ管弦楽団

Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入盤

オリジナルにこだわった演奏で今や注目の指揮者のひとり、フランソワ=グザヴィエ・ロトのSACDハイブリッドが発売です。

リリースはMyrios Classicsからで、ロトの新譜がSACDハイブリッドで出るのは嬉しいところ。

今回はシューマン。交響曲第1番「春」と交響曲第4番 (1841年初稿)を収録。オーケストラはケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団。

オリジナルにこだわるロトらしく、第4番は1841年の初稿を演奏。第1番「春」も1841年の作曲なので、このカップリングにもこだわりを感じます(第4番はのちに改訂されたおりに第4番となった曲)。シューマンの交響曲がどんな響きで聴けるか楽しみです。収録は2018年と2019年。

(1)シューマン:交響曲第1番「春」
(2)シューマン:交響曲第4番(1841年初稿)
【録音】
2018年12月16-18日(2)、2019年6月16-18日(1)/ケルン・フィルハーモニー(ライヴ)

シューマン: 交響曲第1番「春」、第4番 (1841年初稿)【SACDハイブリッド】
フランソワ=グザヴィエ・ロト 、 ケルン・ギュルツェニッヒ管弦楽団

Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入盤

マイナルディの『ベートーヴェン:チェロ・ソナタ全集』がLP復刻 Analogphoneより

ベートーヴェン: チェロ・ソナタ全集【LPレコード】
エンリコ・マイナルディ 、 カルロ・ゼッキ

チェロ奏者エンリコ・マイナルディの『ベートーヴェン:チェロ・ソナタ全集』が、Analogphonicより180g重量盤アナログレコードで復刻です。LPのプレスはドイツ パラス。3枚組。7月中旬発売。

オリジナルはDGへの1956年〜57年モノラル録音。ピアノはカルロ・ゼッキ。

マイナルディのベートーヴェン

LP1-A ソナタ第1番 ヘ長調 op.5-1
LP1-B ソナタ第2番 ト短調 op.5-2

LP2-A ソナタ第3番 イ長調 op.69
LP2-B モーツァルトの『魔笛』の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲

LP3-A ソナタ第4番 op.102-1
LP3-B ソナタ第5番 ニ長調 op.102-2

エンリコ・マイナルディ(チェロ)
カルロ・ゼッキ(ピアノ)
【録音】
[LP1]1955年10月17-20日、[LP2]1956年5月27-30日、[LP3]1957年1月6-10日
マスタリング:ライナー・マイヤール(エミール・ベルリナー・スタジオ)

ベートーヴェン: チェロ・ソナタ全集【LPレコード】
エンリコ・マイナルディ 、 カルロ・ゼッキ

【Altus】若杉弘、N響との96-98年ライヴ“ブルックナー・チクルス”がCD10枚組ボックスで

ブルックナー: 交響曲全集【CD】
若杉弘 、 NHK交響楽団

若杉弘の生誕85周年を記念してCDボックスが発売。NHK交響楽団との『ブルックナー: 交響曲全集』(CD10枚組)です。リリースは ALTUSから。

本作は2009年に世を去った若杉弘が、1996年から1998年にNHK交響楽団とおこなったブルックナー・チクルス。すべてサントリーホールでのライヴ収録。初CD化も多数含まれます。第3番と第7番以外が初CD化。収録は以下のとおり。

CD1
交響曲第1番 ハ短調 WAB 101
使用稿:第1稿(リンツ稿)・ノヴァーク版/録音:1998年2月28日
CD2
交響曲第2番 ハ短調 WAB 102
使用稿:第2稿 ノヴァーク版/録音:1997年1月13日
CD3
交響曲第3番 ニ短調 WAB 103
使用稿:第3稿 ノヴァーク版/録音:1996年2月26日
CD4
交響曲第4番 変ホ長調『ロマンティック』 WAB 104
使用稿:1878・80年稿 ノヴァーク版/録音:1997年2月24日
CD5
交響曲第5番 変ロ長調 WAB 105
使用稿:原典版・ノヴァーク版/録音:1998年1月27日
CD6
交響曲第6番 イ長調 WAB 106
使用稿:ノヴァーク版/録音:1997年3月18日
CD7
交響曲第7番 ホ長調 WAB 107
使用稿:ノヴァーク版・第2版/録音:1996年1月29日
CD8
交響曲第8番 ハ短調 WAB 108(第1・2楽章)
CD9
交響曲第8番 ハ短調 WAB 108(第3・4楽章)
使用稿:第2稿 ノヴァーク版/録音:1996年3月31日
CD10
交響曲第9番 ニ短調 WAB 109
使用稿:ノヴァーク版/録音:1998年3月13日

ブルックナー: 交響曲全集【CD】若杉弘 、 NHK交響楽団

【タワレコ企画SACDハイブリッド】コンヴィチュニーが2タイトル、「スコットランド」他、ブルックナー第5番

タワレコ企画SACDハイブリッドが発売です。 海外レーベルBerlin Classicsとの企画シリーズ第7弾で、コンヴィチュニーの名盤2作をSACDハイブリッド化。発売は8月7日。

発売になるのはBerlin Classics(旧東ドイツのETERNA)の音源で、いずれも2020年最新マスタリング。盤印刷面:緑色仕様

コンヴィチュニー最晩年の録音「スコットランド」に、ベートーヴェンの序曲ほかをカップリング

メンデルスゾーン: 交響曲第3番「スコットランド」、ベートーヴェン: 合唱幻想曲、序曲集<タワーレコード限定>【SACDハイブリッド】
フランツ・コンヴィチュニー、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

初SACD化。2枚組。1962年録音のメンデルスゾーン「スコットランド」に、ベートーヴェンの「合唱幻想曲」(1960年録音)と6曲の序曲(1959〜1961年録音)を収録。

DISC1
1. メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」
2. ベートーヴェン:合唱幻想曲
DISC2
3. ベートーヴェン:「プロメテウスの創造物」序曲
4. 同:レオノーレ序曲第1番
5. レオノーレ序曲第2番
6. レオノーレ序曲第3番
7. 「フィデリオ」序曲
8. 「コリオラン」序曲

コンヴィチュニーが亡くなる約1年前のブルックナー第5番が初SACD化

ブルックナー: 交響曲第5番 (原典版)<タワーレコード限定>【SACDハイブリッド】
フランツ・コンヴィチュニー、 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

初SACD化。1961年録音。

1. アントン・ブルックナー:交響曲 第5番 変ロ長調(原典版)

タワレコが高音質レーベルReference Recordingsの厳選セール、SACDハイブリッドは21タイトル

タワーレコードが高音質レーベルのリファレンス・レコーディングス 厳選セール(全99点)を7月7日より開催しています。8月6日まで。

セール期間
2020年7月7日(火)〜2020年8月6日(木)10:00まで(予定)

セール対象商品はSACDハイブリッドとCDですが、ここではSACDハイブリッドの21タイトルを紹介します。1枚ものは1,814円(41%オフ)とお安くなっています。

Reference Recordings(リファレンス・レコーディンズ)は、今では一般的ではありませんがHDCDの発明者であるキース・ジョンソン博士がエンジニアを務める高音質レーベル。レーベル名は知っていても実際に聴いたことがない方もいるかと思います。この機会に興味のある方はチェックしてください。

Reference Recordings SACDハイブリッド セール商品

タワーレコードリファレンス・レコーディングス 厳選セール

【CD】ルネ・ヤーコブスがベートーヴェン:歌劇『レオノーレ』1805年の第1稿を録音

ベートーヴェン: 歌劇「レオノーレ」 Op.72a, 1805年版 (第1稿)【CD】
ルネ・ヤーコプス 、 フライブルク・バロック・オーケストラ

Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

これはCDですが、ルネ・ヤーコプスがベートーヴェンの歌劇「レオノーレ」1805年版(第1稿)を録音。Harmonia MundiよりCD2枚組で7月中旬にリリースされます。演奏はフライブルク・バロック・オーケストラ。

タイトルからもわかるとおり、ヤーコプスが今回録音したのはベートーヴェンの唯一のオペラ「フィデリオ」のオリジナルとなる「レオノーレ」第1稿(1805年)です。

第1稿は初演されたものの失敗と終わり、その後ベートーヴェンはオペラを改訂することに。それが「レオノーレ」(第2稿)(1806年)、そしてさらに改訂され名前も変えられ「フィデリオ」(1814年)となりました。

普段は聴く機会の少ない「レオノーレ」(第1稿)。どんな音楽か興味深い。

収録は2017年11月、フィルハーモニー・ド・パリでのライヴ録音。

ベートーヴェン: 歌劇「レオノーレ」 Op.72a, 1805年版 (第1稿)【CD】
ルネ・ヤーコプス 、 フライブルク・バロック・オーケストラ

Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

【Fone】ノセダ&トリノ王立歌劇場管のマーラー第9番がSACDハイブリッドで発売

マーラー: 交響曲第9番<初回限定生産盤>【SACDハイブリッド】
ジャナンドレア・ノセダ 、 トリノ王立歌劇場管弦楽団

ジャナンドレア・ノセダがマーラーの第9番を振ったSACDハイブリッドが発売。Foneレーベルから8月10日に発売となります。

本作は、ノセダとトリノ王立歌劇場管弦楽団によるマーラー・チクルスの第2弾。収録は2017年10月、トリノのトリノ・レッジョ劇場。

この録音で、Foneレーベルの社主でありプロデューサーでもあるジュリオ・チェーザレ・リッチが使用したマイクは、ノイマンのU47、U48、M49の3セット。

マーラー交響曲第2番、「シェエラザード」のSACDハイブリッドも予約受け中

ちなみにノセダとトリノ王立歌劇場管弦楽団のSACDハイブリッドは、シリーズ第1作の『マーラー交響曲第2番』、『リムスキー=コルサコフ: 交響組曲《シェエラザード》』も予約受付中です。

マーラー: 交響曲第2番《復活》/ジャナンドレア・ノセダ 、 トリノ王立歌劇場管弦楽団【SACDハイブリッド】

Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

リムスキー=コルサコフ: 交響組曲《シェエラザード》 /ジャナンドレア・ノセダ 、 トリノ王立歌劇場管弦楽団【SACDハイブリッド】

Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様