児玉麻里のベートーヴェン“ピアノ・ソナタ全集”&“ピアノ協奏曲全集”がセットにSACDハイブリッド13枚組

ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ全集&ピアノ協奏曲全集<日本限定企画盤>【13 SACDハイブリッド】
児玉麻里

Tower Records
Amazon

児玉麻里の「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」と「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集」をセットにした、日本限定SACDハイブリッド13枚組が発売。

これはPENTATONEからリリースされたピアノ・ソナタ全集(2003年〜2013年録音、9枚)と、BERLIN CLASSICSからリリースされたピアノ協奏曲全集(2006年〜2019年録音、4枚)を、レーベルを超えてひとまとめにした日本だけの限定発売。

どちらの全集もSACDハイブリッドでリリースされ話題となったものですが、今回ひとまとめになるのは思いもしなかったことで、ベートーヴェン・イヤーらしい貴重なリリースと思います。

「ピアノ・ソナタ全集」は、SACDハイブリッドでリリースされたベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集として画期的だったもの。当時のPENTATONEにとってもシンボル的な録音でした。これまでにバラ売り、ボックス・セットとパッケージを変えてのリリースを経て、今回また新たなパッケージで登場です。

それに加わる「ピアノ・協奏曲全集」はBERLIN CLASSICSから昨年末にSACDハイブリッドでリリースされたもの。ケント・ナガノ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団との演奏。ピアノ協奏曲第0番を加えているところもユニークです。

どちらのアルバムもそれぞれ販売されていますが、タワーレコードの予約価格ですと、今回の1セットにしたほうが値段もおトクのようです(9月14日現在)。各ディスクの詳細な収録情報はショップをご覧ください。

ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ全集&ピアノ協奏曲全集<日本限定企画盤>【13 SACDハイブリッド】
児玉麻里

Tower Records
Amazon

<< フリートウッド・マックの初期作品を収録したアナログ・レコード・ボックス(LP5枚+7インチ)が発売 | main | タワーレコードが〈ポイント10%還元キャンペーン〉を開始。9月15日から18日まで >>