フルトヴェングラー、1954年ザルツブルグ「魔弾の射手」が2トラ19センチ・オープンリール・テープからCD化

ウェーバー: 歌劇「魔弾の射手」(全曲)【CD】
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

フルトヴェングラーが1954年のザルツブルグで指揮をしたウェーバーの歌劇「魔弾の射手」。そのライヴ音源が、2トラック、19センチのオープンリール・テープからCD化。

演奏はウィーン・フィル。リリースは Grand Slamレーベルから。

このテープは開始と終了後のアナウンス、指揮者の登場も含めた長尺版。録音方式は放送用音源で、音質も「モノラルながら舞台上で歌手の動く様子さえも見通せるかのようです」とリリース元ではいっております。

本作はCD2枚組ながら1枚分の特別価格で、9月9日現在タワーレコードでは¥2,210。歌詞対訳はありませんが、フルトヴェングラーのファンには興味深いCDだと思います。

ウェーバー: 歌劇「魔弾の射手」(全曲)【CD】
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

<< 2020年バイロイト音楽祭 コロナ禍での特別のオープニング・コンサート、ライヴCDが発売 | main | 1/7 SACDシングルレイヤー〈ワーナー(旧EMI)SACD2点で15%オフ、1枚で10%オフ〉 >>