2020年バイロイト音楽祭 コロナ禍での特別のオープニング・コンサート、ライヴCDが発売

ワーグナー・アット・ヴァンフリート【CD】
クリスティアン・ティーレマン 、 バイロイト祝祭管弦楽団員

コロナ禍のため、今年のバイロイト音楽祭は、オペラ上演は中止となったものの、ワーグナーがバイロイトで住んでいたヴァンフリート館で特別のオープニング・コンサートが行われました。

そのライヴを収録したCDがドイツ・グラモフォンより発売。

クリスティアン・ティーレマン指揮、バイロイト祝祭管弦楽団のメンバーによる「ジークフリート牧歌」(室内楽版)と「ヴェーゼンドンク歌曲集」。歌曲を歌うのは、フィンランドのソプラノ歌手カミラ・ニールンド。

「ジークフリート牧歌」と「ヴェーゼンドンク歌曲集」は定番ともいえるカップリングで、一つのアルバムとして聴きごたえのあるものですし、コロナ禍という特別な状況でのコンサートということで、貴重な録音とも言えます。

収録予定
・ワーグナー:ジークフリート牧歌(室内楽版)
・ワーグナー:『ヴェーゼンドンク歌曲集』(A.N.タルクマンによるソプラノと室内楽版)(第1曲:天使/第2曲:とまれ/第3曲:温室にて/第4曲:悩み/第5曲:夢)
【演奏】
クリスティアン・ティーレマン指揮、バイロイト祝祭管弦楽団員、カミラ・ニールンド(ソプラノ)
【録音】2020年7月、バイロイト、ヴァンフリート館

ワーグナー・アット・ヴァンフリート【CD】
クリスティアン・ティーレマン 、 バイロイト祝祭管弦楽団員

<< 『I Am Woman』ヘレン・レディの伝記映画が公開 | main | フルトヴェングラー、1954年ザルツブルグ「魔弾の射手」が2トラ19センチ・オープンリール・テープからCD化 >>