フルトヴェングラーの1953年ライヴ『フィデリオ』がリマスタリングされCD化

ベートーヴェン: 歌劇《フィデリオ》全曲【CD】 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

これはCDですが、フルトヴェングラーの1953年ライヴの『フィデリオ』がCDで発売。リリースはキング・インターナショナル。

オリジナルは1985年に世界初出LPとなった伊チェトラ盤、そのミラノ、ディスコス社制作の音源をキングレコード(セブンシーズ・レーベル)は同1985年に発売しましたが、CDはチェトラの輸入盤国内仕様でリリースしたため、マスターテープはキングレコードの倉庫に眠ったままになっておりました。

今回、このアナログテープ(2トラック、38cm/秒)から、キング関口台スタジオで35年ぶりにデジタル・リマスタリング。

有名な録音だけに、海外盤CDもいくつか発売されていますが、今回の特徴は、「レオノーレ序曲第3番」演奏後の嵐のような拍手・歓声・床を踏み鳴らす音がマスターテープに遺された1分20秒余りそのまま収録されていることです(CETRAのCDC-12も、拍手は15秒ほどでカットされていました)。

収録は1953年10月21日、ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場でのライヴ。レオノーレにマルタ・メードル、フロレスタンにヴォルフガング・ヴィントガッセン。

ベートーヴェン: 歌劇《フィデリオ》全曲【CD】 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

<< タワレコ〈ボイント10%還元キャンペーン〉は、本日の午後11時59分まで | main | アナログLPで発売、ジョン・アダムズのピアノ協奏曲“Must The Devil Have All The Good Tunes?” >>