アイスランドの作曲家パールソンの作品集『Atonement(贖い)』Blu-ray Audio+CDで発売

Atonement(贖い) - パール・ラグナル・パールソンの音楽 【Blu-ray Audio+CD】
カプト・アンサンブル、トゥイ・ヒルヴ

Tower Records
Amazon

アイスランド出身の作曲家パール・ラグナル・パールソンの作品集がBlu-ray Audio(+CD)で5月29日に発売されました。リリースはSono Luminusレーベル。

Blu-ray Audioに収録の音源はわかりません。収録曲は以下のとおり。収録は2019年3月。

1.Atonement 贖い(2014)-ソプラノ、フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための
2.Lucidity 透明さ(2017)-フルート、クラリネット、ピアノ、パーカッション、ヴァイオリン、チェロのための
3.Stalker's Monologue ストーカーのモノローグ(2013)-ソプラノ、フルート、
クラリネット、ハープ、ピアノ、パーカッション、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための
4.Midsummer's Night 夏至の夜(2018)-フルート、クラリネット、ハープ、パーカッション、朗読のための
5.Wheel Crosses under Moss コケの下で交差する車輪(2011)-ソプラノ、フルート、クラリネット、ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための

アイスランド出身の作曲家、パールソンの作品集。彼の芸術に影響を与えたのは、故郷アイスランドの冷たい潮風とエストニアのタリンの古い教会などで聴いたアカデミックなコンサートの数々。自由が謳歌できる安全な環境で、彼は自身の無限の可能性を信じ、常に瞑想的な作品を作り出しています。彼の妻トゥイも同様の考えを抱いており、出会ってすぐに意気投合。本作は2人がアイスランドに戻り、新しい視線で生活を続けていくスタンスで制作されたものです。「ストーカーのモノローグ」はエストニアの困難な歴史が反映されたタルコフスキーの映画『ストーカー』の脚本から。「Atonement」の歌詞はアイスランドの詩人グナルスドッティルによる、自分自身の内面を見つめて平穏を求める繊細な詩で、作曲家自身の音楽と人生への取り組みが表れています。演奏のカプト・アンサンブルの代表、フランズソンは、映画『ジョーカー』の音楽で話題のグロナドッティルの実の父親です。

Atonement(贖い) - パール・ラグナル・パールソンの音楽 【Blu-ray Audio+CD】
カプト・アンサンブル、トゥイ・ヒルヴ

Tower Records
Amazon

<< 【BIS】フィンランドの作曲家アホの『協奏曲《シエイディ》と交響曲第5番』SACDハイブリッド | main | 〈ギュンター・ヴァント 不滅の名盤〉SACDハイブリッド第4回が7月に発売、ミュンヘン・フィル編が完結 >>