REFERENCE RECORDINGSからSACD、ホーネック&ピッツバーグ響『チャイコフスキー交響曲第4番』

チャイコフスキー: 交響曲第4番【SACDハイブリッド】
マンフレッド・ホーネック、ピッツバーグ交響楽団

Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

高音質レーベルREFERENCE RECORDINGSからSACDハイブリッドが発売。

マンフレート・ホーネック指揮、ピッツバーグ交響楽団によるチャイコフスキー:交響曲第4番。そしてジョナサン・レシュノフ作曲の二重協奏曲です。SACD層には5.0サラウンドも収録。

本作はホーネックとピッツバーグ交響楽団によるシリーズ第10弾。

カップリングはジョナサン・レシュノフ(1973年生まれ)のクラリネットとファゴットのための二重協奏曲。これはピッツバーグ交響楽団による委嘱作品。

収録はチャイコフスキーが2016年5月6-8日。レシュノフが2019年6月6-9日。ピッツバーグのハインツホールでのライヴ収録。

・チャイコフスキー:交響曲第4番
・レシュノフ:二重協奏曲(クラリネットとファゴットのための)

チャイコフスキー: 交響曲第4番【SACDハイブリッド】
マンフレッド・ホーネック、ピッツバーグ交響楽団

Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

<< ジョン・スコフィールド初のECMリーダー作『スワロウ・テイルズ』アナログLPとCDで発売 | main | PENTATONEからロシア・ナショナル管の『ショスタコーヴィチ:交響曲第13番「バビ・ヤール」』SACDハイブリッド >>