Speakers Corner RecordsからLPが4タイトル、ミトロプーロス、オイストラフ、メニューイン、フレモー

ドイツのアナログレコードを復刻するレーベルSpeakers Corner Recordsから、新作が4タイトル発売。

Speakers Corner Recordsはこれまでもデッカ、フィリップス、EMI、マーキュリー、RCA Victor、コロンビアなどのアナログレコードを復刻してきました。

ミトロプーロスのベルリオーズ:幻想交響曲

ベルリオーズ: 幻想交響曲【LPレコード】
ディミトリ・ミトロプーロス 、 ニューヨーク・フィルハーモニック

録音:1957年2月ニューヨーク。

オイストラフとオーマンディのシベリウス:ヴァイオリン協奏曲

シベリウス: ヴァイオリン協奏曲【LPレコード】
ダヴィド・オイストラフ 、 ユージン・オーマンディ 、 フィルハーモニア管弦楽団

録音:1959年12月と1960年1月、ブロードウッド・ホテル、フィラデルフィア(アメリカ)。

メニューインのバッハ:ヴァイオリン協奏曲

J.S.バッハ: ヴァイオリン協奏曲 BWV.1041、BWV.1042【LPレコード】
クリスチャン・フェラス 、 ユーディ・メニューイン 、 バース祝祭管弦楽団

録音:1959年10月、9月、12月、ネヴィル・ボイルリング。

フレモーのマスネ:歌劇「ル・シッド」よりバレエ組曲

マスネ: 歌劇「ル・シッド」よりバレエ組曲他【LPレコード】
ルイ・フレモー 、 バーミンガム市交響楽団

録音:1971年 スチュアート・エルサム。

<< 【EXTON】ジョナサン・ノット&東京交響楽団「英雄の生涯」「死と浄化(変容)」SACDハイブリッド | main | 今日まで【タワレコ企画盤1枚で10%オフ、2枚まとめて20%オフ】セール >>