【BIS】ノルウェー・ソリスト合唱団の『嘆き』ハーゲン、アスハイム、ヌールハイムの合唱作品集

「嘆き」 ハーゲン、アスハイム、ヌールハイム: 合唱作品集【SACDハイブリッド】
グレーテ・ペデーシェン 、 ノルウェー・ソリスト合唱団 、 アンサンブル・アレグリア

BISからSACDハイブリッド『嘆き(Lament)』が発売。グレーテ・ペーデシェン指揮ノルウェー・ソリスト合唱団が、L.P.ハーゲン、アスハイム、ヌールハイムの合唱作品を録音。発売は7月上旬。

ラーシュ・ペッテル・ハーゲン(1975-)の「嘆き」は、打楽器奏者のハンス=クリスチャン・ショス・ソーレンセンが、ノルウェー・アーツカウンシルの支援を受けて委嘱した作品。

ニルス・ヘンリク・アスハイム(1960-)の「雪」は、“雪”にちなむサーミ語の18の単語が合唱によって歌われる、ハイドンの《四季》への「応答」として作曲された合唱と弦楽オーケストラの作品。

「オーロラ」は、アルネ・ヌールハイム(1931-2010)が、1984年、前年に亡くなった「キャシー・バーベリアン追悼」の音楽として書いた作品。

・ハーゲン:嘆き(2015)(合唱、エレクトロニクスと打楽器ソロのための)*
・アスハイム:雪(2017)(合唱と弦楽オーケストラのための)**
・ヌールハイム:オーロラ(1984)(独唱者、合唱、2 つの打楽器グループと電子音のための版)***

【演奏】
ノルウェー・ソリスト合唱団 グレーテ・ペーデシェン(指揮)
ハンス=クリスチャン・ショス・ソーレンセン(打楽器)*
アンサンブル・アレグリア **
ダニエル・パウルセン(打楽器)*** テリエ・ヴィーケン(打楽器)***

「嘆き」 ハーゲン、アスハイム、ヌールハイム: 合唱作品集【SACDハイブリッド】
グレーテ・ペデーシェン 、 ノルウェー・ソリスト合唱団 、 アンサンブル・アレグリア

<< 【タワレコ限定SACD】プロムシュテットの『シューベルト:交響曲全集』『ドヴォルザーク:交響曲第8番、モーツァルト:ディヴェルティメント他』 | main | フリードリヒ・グルダ作曲のチェロ協奏曲を収録したBlu-ray Audio(+CD)ドルビー ・アトモスも収録 >>