フルトヴェングラーのブルックナー7番(1949年録音)が2トラ38オープンリールからCD化

ブルックナー: 交響曲第7番/ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【CD】

これはCDですが、フルトヴェングラーの1949年10月18日録音のブルックナー交響曲第7番が、2トラック、38センチ、オープンリール・テープより復刻。CDで発売です。Grand Slamよりリリース。

音源は、1949年10月18日、フルトヴェングラーとベルリン・フィルによるベルリン・ダーレム地区のゲマインデハウス(教会施設)での放送用録音。

フルトヴェングラーのブルックナー録音の中では音質が良いと言われているもので、ワーナー(旧EMI)のSACDハイブリッドの音源と同一ですが、2トラック、38センチのオープンリール・テープ(Private archive)からのCD化というところが注目です。

ブルックナー: 交響曲第7番/ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【CD】

<< 『レコード・コレクターズ』6月号は特集「シティ・ポップの名曲ベスト100 1973-1979」 | main | リッカルド・ムーティ・レーベルからDVDボックスが2タイトル、『コンサート&リハーサル』&『ナポリ楽派〜パイジェッロ、モーツァルト、ヨンメッリ』 >>