ジョン・ウィリアムズがウィーン・フィルに指揮デビュー。自作自演のライヴがCD、LP、ブルーレイで発売

ライヴ・イン・ウィーン デラックス版 /ジョン・ウィリアムズ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 【CD+Blu-ray Disc】

ジョン・ウィリアムズが初めてウィーン・フィルを指揮した公演のライヴが発売。映像ブルーレイ+CDCDアナログレコードの3つのパッケージで発売になります。ブルーレイの単体は今のところみあたりません。タイトル・デザインがいつもの黄色の窓枠ではありませんが、ドイツ・グラモフォンからのリリース。

本作はジョン・ウィリアムズが自身の代表曲をウィーン・フィルを指揮して演奏したライヴ・アルバム。2020年1月18日と19日。ウィーンのムジークフェラインでの収録。

これがジョン・ウィリアムズのウィーン・フィルへの指揮者デビューでもありました。ヴァイオリンのアンネ=ゾフィー・ムターも2曲で参加。

今や世界中のオーケストラがジョン・ウィリアムズの音楽を演奏し、観客も楽団員も盛り上がっている光景はテレビ放送で見かけますが、ウィーン・フィルという最もクラシックの伝統を伝えているオーケストラがジョン・ウィリアムズの音楽をどう演奏するか興味深いです。その模様はYouTubeに公開されています。さすがにウィーン・フィルの「帝国のマーチ」は威厳がありますね。

[CD]
01. ネヴァーランドへの飛行(『フック』から)
02. 『未知との遭遇』から抜粋
03. 悪魔のダンス(『イーストウィックの魔女たち』から)
04. 地上の冒険(『E.T.』から)
05. 『ジュラシック・パーク』のテーマ
06. ダートムア、1912年(『戦火の馬』から)
07. 『ジョーズ』から組曲
08. マリオンのテーマ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)
09. 『スター・ウォーズ』メイン・タイトル
10. レベリオン・イズ・リボーン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から)
11. ルークとレイア(『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』から)
12. 帝国のマーチ(『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』から)
13. レイダース・マーチ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)

[Blu-ray]
1. ネヴァーランドへの飛行(『フック』から)
2. 『未知との遭遇』から抜粋
3. ヘドウィグのテーマ(『ハリーポッターと賢者の石』から)
4. サブリナのテーマ(『サブリナ』から)
5. ドニーブルーク・フェア(『遥かなる大地へ』から)
6. 悪魔のダンス(『イーストウィックの魔女たち』から)
7. 地上の冒険(『E.T.』から)
8. 『ジュラシック・パーク』のテーマ
9. ダートムア、1912年(『戦火の馬』から)
10. 『ジョーズ』から組曲
11. マリオンのテーマ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)
12. レベリオン・イズ・リボーン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から)
13. ルークとレイア(『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』から)
14. スター・ウォーズ・メイン・タイトル(『スター・ウォーズ/新たなる希望』から)
15. シンデレラ・リバティのテーマ(『シンデレラ・リバティ/かぎりなき愛』から)
16. 決闘(『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』から)
17. 回想(『シンドラーのリスト』から)
18. レイダース・マーチ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)
19. 帝国のマーチ(『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』から)
20. アンネ=ゾフィー・ムター x ジョン・ウィリアムズ対談(約27分)

CD通常盤

ライヴ・イン・ウィーン デジパック版【CD】

LPレコード(2枚組)

ライヴ・イン・ウィーン LP【LPレコード】

<< ChandosからSACDハイブリッド、ノセダ指揮によるイタリアの奇才ダラピッコラの歌劇 「囚われ人」 | main | トレヴァー・ラビンの『90124』が最新リマスター、SHM-CDで再登場 >>