「プラハの春音楽祭」のライヴ録音がCD化開始、第1弾は46〜58年録音クリュイタンス、ミュンシュらの指揮

プラハの春 コールド・エディション Vol.1/アンドレ・クリュイタンス、アントニオ・ペドロッティ、シャルル・ミュンシュ、ヴォルフガング・サヴァリッシュ 、エーリヒ・クライバー、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団【CD】

これはCDですが、チェコ放送に残された「プラハの春音楽祭」のライヴ録音をCD化するシリーズが始まりました。

第1弾として『プラハの春 コールド・エディション Vol.1』が6月上旬に発売。CDには音楽祭第1回目の1946年から1958年までのチェコ・フィルの演奏を収録。指揮者はすべて外国人(チェコから見て)の指揮者で、アンドレ・クリュイタンス、シャルル・ミュンシュ、ヴォルフガング・サヴァリッシュらの名前が載っております。収録曲と指揮者、録音年は以下のとおり。

CD 1
・ラヴェル : スペイン狂詩曲 (管弦楽のための)
アンドレ・クリュイタンス (指揮)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
録音 : 1955年5月30日、ライヴ、スメタナ・ホール、プラハ市民会館、プラハ、チェコ

・バルトーク (1881-1945) : ピアノ協奏曲 第3番
アニー・フィッシャー (ピアノ)
アントニオ・ペドロッティ (指揮)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
録音 : 1956年5月24日、ライヴ、スメタナ・ホール、プラハ市民会館、プラハ、チェコ

・マルチヌー : 交響曲 第1番
シャルル・ミュンシュ (指揮)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
録音 : 1946年5月27日、ライヴ、ドヴォルジャーク・ホール、ルドルフィヌム、プラハ、チェコ

CD 2
・ドヴォルジャーク :ヴァイオリン協奏曲 イ短調
ヨセフ・スーク (ヴァイオリン)
ヴォルフガング・サヴァリッシュ (指揮)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
録音 : 1958年5月26日、ライヴ、ドヴォルジャーク・ホール、ルドルフィヌム、プラハ、チェコ

・ノヴァーク :南ボヘミア組曲 (管弦楽のための)
エーリヒ・クライバー (指揮)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
録音 : 1955年5月20日、ライヴ、ドヴォルジャーク・ホール、ルドルフィヌム、プラハ、チェコ

プラハの春 コールド・エディション Vol.1/アンドレ・クリュイタンス、アントニオ・ペドロッティ、シャルル・ミュンシュ、ヴォルフガング・サヴァリッシュ 、エーリヒ・クライバー、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団【CD】

<< 仲道郁代『ベートーヴェン集成〜ピアノ・ソナタ&協奏曲全集』12CD+3SACDハイブリッド+2DVD | main | 【BIS】マイケル・コリンズ指揮でヴォーン=ウィリアムズ:交響曲第5番&フィンジ:クラリネットと弦楽のための協奏曲 >>