ピーター・ゼルキンのCD34枚組『コンプリート・RCA・アルバム・コレクション』が発売

ピーター・ゼルキン/コンプリート・RCA・アルバム・コレクション<完全生産限定盤>【CD】

今年2月に亡くなったピアニスト、ピーター・ゼルキンが1962〜96年の34年間にRCAとコロンビア(ソニー・クラシカル)に残した全録音を収録したCDボックスが発売です。CD35枚組

各ディスクはLP発売時のオリジナル・ジャケット・デザインをもとにした紙ジャケットに封入。ハードカヴァーのオールカラーによる別冊解説書とともに、リフトオフ・キャップ・ボックスに収容されています。

このCDボックスはピーター・ゼルキンが在命中から企画されていたもので、ピーターもボックスにエッセイを寄せる予定でしたが、その死により実現しませんでした。

CDボックスには、父ルドルフ・ゼルキンとの共演盤から、1965年のデビュー盤「ゴールドベルク変奏曲」、小澤征爾との録音、そしてピーター・ゼルキンを語る上で欠かせないメシアンの録音などを収録。「世の終わりのための四重奏曲」など、ピーターらが結成したアンサンブル・タッシのアルバムも入っているのですから、ピーター・ゼルキンの音楽人生が完全な形で集成されていると言っていいでしょう。

詳細な収録曲はタワーレコードのページをご覧ください。

ピーター・ゼルキン/コンプリート・RCA・アルバム・コレクション<完全生産限定盤>【CD】

<< PENTATONEから『私は勝つ!〜イタリア・オペラ・アリア集』SACDハイブリッド | main | ALTUSよりギュンター・ヴァント&ベルリン・ドイツ響の名演がSACDハイブリッド化 >>