吉田美奈子のRCA期作品がSACDハイブリッドとアナログLPで発売、『MINAKO』『FLAPPER』など4作品

吉田美奈子のRCA期のアルバム4作品が初SACD化です。SACDハイブリッドと同時にアナログレコードでも発売。

発売になるのは吉田美奈子の中でも人気の高いRCA期のアルバムで、『MINAKO』『MINAKOII』が第1弾として5月27日に発売。『FLAPPER』『Twilight Zone』が第2弾として6月24日に発売。

音源は名匠バーニー・グランドマンによる最新リマスタリング。

これまでハイレゾ配信(flac)でしか出ていなかったRCA期の作品。オリジナルのアナログ・レコードの音を考えますとDSD、SACDの音で聴けるのは嬉しい。

『MINAKO』

吉田美奈子/MINAKO【SACDハイブリッド】
Tower Records

吉田美奈子/MINAKO【LPレコード】
Tower Records

1975年発売のRCA移籍第1弾。細野晴臣、山下達郎、鈴木茂、大瀧詠一、佐藤博、村上秀一、林立夫 等豪華ミュージシャンが脇を固める中、ヴォーカリストとしての実力を発揮した傑作アルバム。佐藤博作曲の「レインボー・シー・ライン」、細野晴臣作詞作曲の「ろっかばいまいべいびい」、荒井由実による「チャイニーズ・スープ」等全9曲を収録。

1.移りゆくすべてに (Everything Must Change)
2.レインボー・シー・ライン
3.住みなれた部屋で
4.わたし
5.夢を追って
6.チャイニーズ・スープ
7.パラダイスへ
8.時の中へ
9.ろっかばいまいべいびい

『MINAKOII』

吉田美奈子/MINAKOII【SACDハイブリッド】
Tower Records

吉田美奈子/MINAKOII【LPレコード】
Tower Records

RCAレーベル移籍第2弾。1975年10月3日、中野サンプラザにて行われたライヴの模様を収録。山下達郎、大貫妙子がコーラス参加し、1stアルバムの楽曲「外はみんな」「扉の冬」「かびん」の他、はっぴいえんど、キャロル・キングのカヴァーもメドレーで披露。全14曲収録。

1.ワンス・ユー・ゲット・スターティッド
2.外はみんな
3.扉の冬
4.かびん
5.ふうらい坊
6.明日天気になあれ
7.週末
8.アップル・ノッカー
9.グッド・モーニング・ハートエイク
10.追憶
11.君の友だち
12.エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ
13.サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー
14.アップル・ノッカー

『FLAPPER』

吉田美奈子/FLAPPER【SACDハイブリッド】
Tower Records

吉田美奈子/FLAPPER【LPレコード】
Tower Records

1976年作品。RCAレーベル移籍第3弾。自作の楽曲はもちろんのこと、大滝詠一、山下達郎、細野晴臣の曲など、最も人気のあるアルバム。名曲「夢で逢えたら」他、全10曲を収録。

1.愛は彼方
2.かたおもい
3.朝は君に
4.ケッペキにいさん
5.ラムはお好き?
6.夢で逢えたら
7.チョッカイ
8.忘れかけてた季節へ
9.ラスト・ステップ
10.永遠に

『Twilight Zone』

吉田美奈子/Twilight Zone【SACDハイブリッド】
Tower Records

吉田美奈子/Twilight Zone【LPレコード】
Tower Records

1977年作品。RCAレーベル第4弾で最後となるアルバム。吉田美奈子と山下達郎による共同プロデュース作品。ソウル、ジャズ、ゴスペルに影響を受けた全曲オリジナル作品。大人気曲「恋は流星」は7分近いアルバム・ヴァージョンで収録。全9曲。

1.Twilight Zone (Overture)
2.恋
3.駆けてきたたそがれ
4.メロディー
5.恋は流星
6.Uptown
7.Raspberry Slope
8.さよなら
9.Twilight Zone

詳細は吉田美奈子の商品特設サイト

<< 【SACDレビュー】香港Master Musicのステファニー・ボルツ『ミッドウィンター・テイルズ』 | main | 小澤征爾とアルゲリッチによるベートーヴェンピアノ協奏曲第2番。2019年5月水戸でのライヴ >>