ブルックナー:交響曲第2番“キャラガン校訂版” SACDハイブリッド2枚組で発売

ブルックナー: 交響曲 第2番(キャラガン校訂版)/レミ・バロー、聖フローリアン・アルトモンテ管弦楽団【SACDハイブリッド】

『ブルックナー:交響曲第2番(1872年初稿版…2005年ウィリアム・キャラガン校訂)』のSACDハイブリッドが発売です。2枚組。

リリースはGramolaレーベルからで、演奏はレミ・バロー指揮ザンクトフローリアン・アルトモンテ管弦楽団。

この録音で使われたウィリアム・キャラガンの校訂は、初演稿以降にカットされたパッセージを全て復元。またベートーヴェンの第九をモデルにしたとされる初稿通り、第2楽章と第3楽章の順序も入れ替えることで、作品全体をブルックナーの最初の構想に近づけました。

収録は2019年8月23日、聖フローリアン修道院教会、ザンクトフローリアンでのライヴ録音。動画はグラモーラ公式YouTubeページより。

ブルックナー(1824-1896): 交響曲 第2番 ハ短調 WAB102
(1872年初稿版…2005年ウィリアム・キャラガン校訂)
SACD1
1.第1楽章: Allegro: Ziemlich schnell
2.第2楽章: Scherzo: Schnell
SACD2
1.第3楽章: Andante: Feierlich, etwas bewegt
2.第4楽章: Finale: Mehr schnell

ブルックナー: 交響曲 第2番(キャラガン校訂版)/レミ・バロー、聖フローリアン・アルトモンテ管弦楽団【SACDハイブリッド】

<< トレヴァー・ピノックが「バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻」を初録音、国内盤はMQA-CD | main | 【レビュー】ステレオサウンドの、安全地帯ベスト 第2弾アナログレコード >>