トレヴァー・ピノックが「バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻」を初録音、国内盤はMQA-CD

J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集第1巻/トレヴァー・ピノック【CD】2枚組
Tower Records 輸入
Tower Records 国内盤 UHQCD x MQA-CD

これはCDですが古楽のトレヴァー・ピノックがバッハの「平均律クラヴィーア曲集第1巻」を初録音しました。CD2枚組。ドイツ・グラモフォンからリリース。

輸入盤はCDのみですが、国内盤はMQA-CD仕様です。MQA対応機器を使うことでハイレゾを聴けます。

古楽界で何十年も活躍し、数々の曲を録音をしてきたトレヴァー・ピノックですが、「平均律」が初録音というのは驚きでした。今回ピノックが演奏する楽器はチェンバロです。

収録は2018年8月28日-2019年1月4日。イギリス、カンタベリーのケント大学Colyer-Fergusson Hallにて。

J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集第1巻/トレヴァー・ピノック【CD】2枚組
Tower Records 輸入
Tower Records 国内盤 UHQCD x MQA-CD

<< ゲルギエフ&RCOの2017年録音『ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第3番』がアナログレコードで発売 | main | ブルックナー:交響曲第2番“キャラガン校訂版” SACDハイブリッド2枚組で発売 >>