ルセの新録音はペルゴレージの「スターバト・マーテル」

ペルゴレージ:スターバト・マーテル/クリストフ・ルセ、レ・タラン・リリク【CD】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入盤

古楽を代表する鍵盤楽器の名手であり、指揮者としても埋もれた18世記オペラを蘇らせて活躍するクリストフ・ルセ。そのルセの新録音『ペルゴレージ:スターバト・マーテル』がCDで発売になります。リリースはAlphaレーベルから。

本作に収録されるのは、有名なペルゴレージ(1710〜1736)の「スターバト・マーテル」。

カップリングに、ニコラ・ポルポラ(1686〜1768)の「サルヴェ・レジーナ」、レオナルド・レーオ(1694〜1744)の「ベアトゥス・ヴィル」も収録しています。

演奏は古楽器のレ・タラン・リリク。収録は2018年7月。オヴェール=シュル=ウワーズ聖母被昇天教会。収録曲は以下のとおり。

・ペルゴレージ:スターバト・マーテル(立ち尽くす聖母)〜ソプラノ、アルト、弦楽と通奏低音のための
・ポルポラ:サルヴェ・レジーナ(ごきげんよう、皇后様)〜ソプラノ独唱、弦楽と通奏低音のための
・レーオ:ベアトゥス・ヴィル(主を畏れる者は幸いなり)〜アルト独唱、弦楽と通奏低音のための

ペルゴレージ:スターバト・マーテル/クリストフ・ルセ、レ・タラン・リリク【CD】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入盤

<< ジョン・バルビローリ没後50年記念、RCA&コロンビアの全録音が初めてCDボックス化(モノラル) | main | リック・ウェイクマンのオフィシャル・ブートレク・CDボックスが発売(CD10枚組) >>