BISよりSACDハイブリッド『グリーグ: ヴァイオリン・ソナタ全集』エルドビョルグ・ヘムシング

グリーグ: ヴァイオリン・ソナタ全集/エルビョルグ・ヘムシング【SACDハイブリッド】

BISからSACDハイブリッドが発売です。1990年生まれのノルウェーのヴァイオリニスト、エルドビョルグ・ヘムシングがグリーグのヴァイオリン・ソナタ全曲を録音。マルチチャンネルも収録。3月上旬に発売です。

本作にはグリーグの作曲したヴァイオリンとピアノのためのソナタ全3曲を収録。合わせてエルビョルグ・ヘムシング自身の作曲によるヴァイオリン・ソロの曲「帰郷」も収録。

エルビョルグ・ヘムシングが弾くヴァイオリンは1754年製グァダニーニ。ピアノ伴奏はシモン・トルプチェスキ。

収録は2018年と2019年。

・グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 Op.8
・グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第2番 Op.13
・グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番 Op.45
・エルビョルグ・ヘムシング:帰郷(2019)(ヴァルドレスの民謡による変奏曲)〜ヴァイオリン・ソロのための

グリーグ: ヴァイオリン・ソナタ全集/エルビョルグ・ヘムシング【SACDハイブリッド】

<< 【SACDレビュー】アート・ガーファンクル『Breakaway(愛への旅立ち)』SACDハイブリッド | main | “伝説の拍手”も復活、朝比奈隆の聖フローリアンのブルックナーがALtusより初LP化。 >>