昨年話題だったカラヤン&BPOの66年来日ライヴ〈NHKレジェンド・シリーズ〉がSACDハイブリッド化

昨年CDで発売され、話題となったカラヤンとベルリン・フィルによる1966年来日公演ライヴ〈NHKレジェンド・シリーズ〉が、SACDハイブリッド化されます。

SACDハイブリッド化されるのは、『ベートーヴェン: 交響曲全集 1966年東京ライヴ』、『ブルックナー: 交響曲第8番』、そして『ブラームス: 交響曲第1番、リヒャルト・シュトラウス: ドン・ファン』の3タイトル。

ベートーヴェン: 交響曲全集 1966年東京ライヴ(5枚組)

ベートーヴェン: 交響曲全集 1966年東京ライヴ/ヘルベルト・フォン・カラヤン、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【SACDハイブリッド】

1966年、4月12日〜16日。東京文化会館での連続演奏会のライヴ録音。ベートーヴェンの9つの交響曲と「コリオラン序曲」「レオノーレ序曲第3番」を収録。

カラヤン& ベルリン・フィル1966年のブルックナー

ブルックナー: 交響曲第8番/ヘルベルト・フォン・カラヤン、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【SACDハイブリッド】

1966年5月2日、東京文化会館でのライヴ録音。

大阪フェスティバルホールでのブラームス1番

ブラームス: 交響曲第1番、リヒャルト・シュトラウス: ドン・ファン/ヘルベルト・フォン・カラヤン、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【SACDハイブリッド】

1966年4月22日、大阪フェスティバルホールでのライヴ。

参考動画、ベートーヴェン:「コリオラン」序曲、カラヤン指揮ベルリン・フィル(1966年)

<< パット・メセニーの約6年半ぶりの新作『フロム・ディス・プレイス』がLPレコードでも発売 | main | 【CD】イザベル・ファウストがシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲を録音、カップリングは「浄夜」 >>