カラヤンの第1回ベートーヴェン交響曲全集がSA-CD〜SHMボックスで発売。ボーナスディスクを含む5枚組

ベートーヴェン:交響曲全集/ヘルベルト・フォン・カラヤン【SACD[SHM仕様]】
Tower Records

カラヤンがベルリン・フィルと60年代に録音した、最初のベートーヴェン交響曲全集がSA-CD〜SHM仕様でボックス化されます。

ボックスには、ボーナス・ディスクとして初DSD化となるクリスチャン・フェラスとのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲(1967年録音)を収録。5枚組。3月25日発売予定。ベートーヴェン生誕250周年記念・初回生産限定盤。

SACDシングルレイヤーをいかした長時間収録。ベートーヴェンの9つの交響曲を通常より少ない4枚のSACDに収録。それにボーナス・ディスクを入れて5枚組ながら、SACD4枚分の価格となっています。

パッケージは、LP分売時のジャケットを模した紙ジャケットにディスクを入れ、LPボックスを模した箱(CDサイズ)に収納。

これまでSACDハイブリッド、Blu-ray Audio、アナログレコード、様々なメディアでリリースされてきた人気の全集。クラシックの高音質ファンで持っていない人はいないのでは、と思うくらいですが、このSACD[SHM仕様]が決定版でしょうか。

各ディスクへの収録内容は以下のとおり。

DISC 1
交響曲 第1番
交響曲 第3番《英雄》
交響曲 第8番
DISC 2
交響曲 第2番
交響曲 第4番
交響曲 第5番《運命》
DISC 3
交響曲 第6番《田園》
交響曲 第7番
DISC 4
交響曲 第9番 《合唱》
DISC 5(ボーナス・ディスク)
ヴァイオリン協奏曲

ベートーヴェン:交響曲全集/ヘルベルト・フォン・カラヤン【SACD[SHM仕様】
Tower Records

<< アンドラーシュ・シフの2018年「バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻」ライヴ映像がブルーレイで、DTS-HD5.1収録 | main | カラヤンのBlu-ray Audio『ベートーヴェン: 荘厳ミサ曲』ジャケット画像も公開、オリジナルLPのもの >>