鈴木雅明&BCJが「マタイ受難曲」を再録音。SACDハイブリッド2枚組で発売。マルチも収録

J.S.バッハ: マタイ受難曲 BWV.244/鈴木雅明、バッハ・コレギウム・ジャパン【SACDハイブリッド】2枚組
Tower Records

鈴木雅明とバッハ・コレギウム・ジャパンが、バッハの「マタイ受難曲」を2019年に再録音。BISよりバッハ・コレギウム・ジャパン創立30周年として、SACDハイブリッド2枚組で発売です。マルチチャンネルも収録。2月10日発売予定。

鈴木雅明&BCJによる新たな「マタイ受難曲」の録音は、昨年2019年の4月、彩の国さいたま芸術劇場でおこなわれました。

今回の録音の特徴は、通奏低音用に用いるオルガンです。

鈴木雅明は数年前より現代最高のオルガン製作者マルク・ガルニエと綿密な相談をして、開管のプリンツィパルを持つ通奏低音用のオルガンを建造してもらいました。当録音ではBCJの首席指揮者である鈴木優人が演奏しております。そのオルガンの響きも興味深いところでしょう。

ソリスト陣は、エヴァンゲリストをつとめるのはベンヤミン・ブルンス。他にソプラノのキャロリン・サンプソンなど充実した顔ぶれ。

ベンヤミン・ブルンス(エヴァンゲリスト)
クリスティアン・イムラー(バスI/イエス)
キャロリン・サンプソン(ソプラノI)
松井亜希(ソプラノII)
ダミアン・ギヨン(アルトI)
クリント・ファン・デア・リンデ(アルトII)
櫻田 亮(テノールI)
ザッカリー・ワイルダー(テノールII)
加耒 徹(バスII/ユダ/ピラト/大祭司カヤパ/祭司長I)他

鈴木雅明指揮、バッハ・コレギウム・ジャパン、
鈴木優人(オルガン)

J.S.バッハ: マタイ受難曲 BWV.244/鈴木雅明、バッハ・コレギウム・ジャパン【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< 【BIS】グリンゴルツ・クヮルテット X META4のメンデルスゾーン&エネスコの八重奏曲集(SACDハイブリッド) | main | トン・コープマンが12年の歳月で完成させた『J.S.バッハ:カンタータ全集』(CD67枚組)が再発売 >>