テノール歌手、ペーター・シュライヤーさんが昨年12月25日に死去

テノール歌手のペーター・シュライヤーさんが、昨年12月25日にドレスデンでお亡くなりになりました。84歳でした。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

ペーター・シュライヤーさんと言えば、クラシック・ファンには主にドイツ・グラモフォンの声楽曲、オペラのレコードで親しんできたテノール歌手でした。1970年には指揮者としてもデビュー。Philipsなどに数々のアルバムを残してきました。

ここではペーター・シュライヤーさんが歌った高音質盤を紹介してみます。

ペーター・シュライヤーの歌う高音質盤

ワーグナー: 楽劇「トリスタンとイゾルデ」 [3CD+Blu-ray Audio]
Tower Records
Amazon

「若い水夫」を歌っています。

カルロス・クライバー/DG録音全集 [12CD+Blu-ray Audio]
Tower Records

『魔弾の射手』で歌っています。

カラヤン/ベートーヴェン: 交響曲全集 (1975-1977年録音)【Blu-ray Audio】
Tower Records
Amazon

「第九」で歌っています。

J・S・バッハ:カンタータ第140番≪目覚めよ、と われらに呼ばわる物見らの声≫ カンタータ第147番≪心と口と行いと生きざまは≫【SACD】
Tower Records
Amazon

第140番で歌っています。

以上

<< 【SACDレビュー】フランク・シナトラ『シナトラ・ライヴ・アット・ザ・サンズ』(Stereo Sound) | main | 【CD】〈ベートーヴェン生誕250周年記念〉DGを代表するアーティストによる録音集(CD7枚組) >>