奇才ガブリエル・フェルツのマーラー:交響曲第8番《千人の交響曲》がSACDハイブリッドで発売

マーラー: 交響曲第8番 《千人の交響曲》/ガブリエル・フェルツ、ドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records

今日、“奇才”と呼ばれる指揮者の一人、ガブリエル・フェルツのマーラー:交響曲第8番 《千人の交響曲》がSACDハイブリッドで発売。2枚組。

本作の録音はマルクス・ハイランドがトーンマイスターを務める名レコーディング・プロダクション "TRITONUS" 。マルチチャンネルも収録。Dreyer Gaidoからリリース。

ガブリエル・フェルツは、これまでシュトゥットガルト・フィルハーモニー管弦楽団とマーラーのいくつかの交響曲をCDでリリースしてきて話題となりましたが、この第8番 《千人の交響曲》では、2013/14年のシーズンから首席指揮者をつとめているドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団との録音。そしてSACDハイブリッドでのリリース。

収録は2018年7月のライヴ録音。「千人の交響曲」としては比較的少人数の編成のようです。しかしマーラーやベートーヴェンの録音で奇才ぶりを発揮してきたフェルツだけに、どんな演奏か興味深い。

ガブリエル・フェルツのSACDハイブリッド(Dreyer Gaidoレーベル)

S.Rachmaninov: Sinfonie No.1
Tower Records
Amazon

Rachmaninov: Symphony No.2
Tower Records

Rachmaninov: Symphony No.3
Tower Records

グリエール: 交響曲第3番<イリヤー・ムー ロメツ>ロ短調 Op.4
Tower Records

以上

<< ChandosよりSACD、シンフォニア・オブ・ロンドンによる『寄港地〜フランスの管弦楽作品集』 | main | ヘレヴェッヘの『J.S.バッハ: ヨハネ受難曲』3度目の録音がヘレヴェッヘの自主レーベルより発売 >>