Vocalionよりカルロス・サンタナ&バディ・マイルスの『ライヴ!』がSACD化.『ブーガー・ベアー』との2枚組

この情報は読者の吉田さんから教えていただきました。ありがとうございました。

Buddy Miles: Booger Bear & Carlos Santana and Buddy Miles: Live!【SACDハイブリッド】
Tower Records

読者の吉田さんから教えていただきましたが、VocalionからSACDハイブリッドが発売。カルロス・サンタナとバディ・マイルスの『ライヴ!(Live!)』と、バディ・マイルスの『ブーガー・ベアー(Booger Bear)』を収録した2枚組のSACDハイブリッド(2in1ではありません)。

どちらも当時の4チャンネル(Quadraphonic)を収録。発売は12月28日でタワーレコードで予約受付中。

本作のアーティスト名義はバディ・マイルスのようです。ジャケットも『ブーガー・ベアー』のデザインで、右下に小さく『ライヴ!』のジャケットがコラージュされています。

ジミヘンとの共演もあるドラマー、バディ・マイルスの『ブーガー・ベアー』

バディ・マイルスはジミ・ヘンドリックスのバンド・オブ・ジプシーズのドラマーとして有名ですが、惜しくも2008年に60歳で亡くなっています。

Disc1の『ブーガー・ベアー』は1973年の作品。不勉強で、管理人はこのアルバムを聴いたことがありません。1973年というと人生で最もロックにハマっていた年ですが、記憶にないのは、やはりまだ高校生だったからでしょう。ジミヘン繋がりで大人のロックファンは聴いていたのかもしれません。

当時のSQ4チャンネルも収録されているので、今回SACDで聴いてみたいアルバムではあります。

当時、中高校生には手が出せなかった『LIVE!』

一方、Disc2のカルロス・サンタナとの共演盤『ライヴ!』は1972年発表のカルロス・サンタナのソロ・プロジェクト。

あの『キャラバンサライ』と同時期の発売で、『キャラバンサライ』が大ヒットしていたので、当然CBSソニーはこの『ライヴ!』もカタログに並べて盛んに露出させていましたが、『キャラバンサライ』やそれ以前のサンタナのアルバムには手を出しても『ライヴ!』に手を出す中学生、高校生は管理人のまわりにはおらず(一人いたかも……)、火山が爆発したかのような印象的なジャケット(上写真)だけが『キャラバンサライ』と同じくらい目に焼き付いているレコードでした。

そういう意味では、今回のSACDハイブリッド、『ライヴ!』のジャケットを使ったら日本人にはグサッときたと思うのですが。

ちなみに管理人は『キャラバンサライ』をSQ盤で買いましたが、『ライヴ!』のSQ盤の記憶がありません……。

いずれにしても当時は「バディ・マイルスって誰?」というくらいのレベルでしたから、今回はSACD、Quadでも聴いてみたいアルバムであります。

Disc 1
Buddy Miles: Booger Bear
LP KC 32694 (1973) STEREO/CQ 32694 QUADRAPHONIC
1: BOOGER BEAR
2: THINKING OF YOU
3: WHY
4: YOU REALLY GOT ME
5: LOVE
6: UNITED NATIONS STOMP
7: CRAZY LOVE
8: YOU ARE EVERYTHING
9: LOUIE’S BLUES

Disc 2
Carlos Santana and Buddy Miles: Live!
LP KC 31308 (1972) STEREO/CQ 31308 QUADRAPHONIC
1: MARBLES
2: LAVA
3: EVIL WAYS
4: FAITH INTERLUDE
5: THEM CHANGES
6: FREE FORM FUNKAFIDE FILTH

Buddy Miles: Booger Bear & Carlos Santana and Buddy Miles: Live!【SACDハイブリッド】
Tower Records

Vocalion https://www.duttonvocalion.co.uk/proddetail.php?prod=2CDSML8560

<< ピンク・フロイド『狂気』Analogue Prod.の SACDがAmazonでも予約開始の模様。1月24日発売予定 | main | SACDラボからLINEスタンプがまもなく登場!オーディマニア、高音質ファンが楽しく使える >>