高音質盤のマスタリング・エンジニア、杉本一家さんが10月にご逝去

タワレコ限定SACDの〈Definition Series〉などのマスタリングで、高音質ファンには特別の存在だったマスタリング・エンジニアの杉本一家(すぎもと かずいえ)さんが、2019年10月に亡くなられました。

SACDラボでも杉本一家さんがマスタリングされたSACDを数多く紹介してきました。高音質ファンには大変心強いマスタリング・エンジニアの方でした。心よりご冥福をお祈りします。

タワーレコードは本日、杉本一家さんご逝去のお知らせとともに、タワー企画盤の責任者である北村 晋氏の追悼文を掲載しています。

タワーレコード「訃報 杉本一家氏(当社SACD復刻企画のマスタリング・エンジニア)」

またタワーレコードは杉本氏の功績を振りかえり、タワーレコードのSACD復刻の最初の企画であったクリュイタンスの『ベートーヴェン:交響曲全集』など3タイトルのSACDハイブリッドを限定盤再プレスして販売しました。

【限定再プレス】Definition Series第1弾クリュイタンス&BPO名盤3点(SACDハイブリッド)

タワーレコード「訃報 杉本一家氏(当社SACD復刻企画のマスタリング・エンジニア)」

<< イエスの入手困難だった『フライ・フロム・ヒア:リターン・トリップ』がアナログLPとCDで発売 | main | 『フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』が45回転アナログレコード >>