タワーレコードが年間チャート《2019 ベストセラーズ》発表!「クラシック タワレコ企画盤TOP20」も

タワーレコードが年間チャート《2019 ベストセラーズ》を発表しました。

発表チャートは15部門ありますが、ここでは「洋楽アルバム」、「JAZZ」、「クラシック 輸入盤」、「クラシック 話題盤」、「クラシック タワーレコード企画盤」を上位だけご紹介します。高音質盤が出ているタイトルでもチャートに入っているのはCDですのでご注意ください。

「クラシック タワーレコード企画盤」は、みなさん気になると思いますので、トップ20の全部を掲載します。こちらはSACDハイブリッドで1枚のみCD。

※集計期間:2019年1月1日〜11月30日
※邦楽アルバム、 邦楽シングル 、洋楽アルバムは、メジャー、インディーズを併せた全作品の集計。

洋楽アルバム

【2位】Taylor Swift『Lover』

以下の順位は洋楽アルバム TOP20

JAZZ

【1位】上原ひろみ『Spectrum』

【2位】Norah Jones『Begin Again』

【3位】Miles Davis『Rubberband』

以下の順位はJAZZ TOP20

クラシック 輸入盤

【1位】イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)、ベルリン古楽アカデミー、他『J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲、他』

【2位】カティア・ブニアティシヴィリ(ピアノ)『シューベルト:ピアノ作品集』

【3位】フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)、レ・シエクル管弦楽団『マーラー:交響曲第1番「巨人」(1893年版花の章付き)』

 

クラシック 話題盤

【1位】Various Artists『ビューティフル・クラシカル・メロディーズ 2』

【2位】【SACDハイブリッド】キリル・ペトレンコ(指揮)、ベルリン・フィル『チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」』

【3位】反田恭平(ピアノ)、スラドコフスキー(指揮)、ロシア・ナショナル管弦楽団『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、ピアノ・ソナタ第2番』

クラシック タワーレコード企画盤 TOP20

【1位】【SACDハイブリッド】リヒテル(P)、ロヴィツキ、ザンデルリング、カラヤン(指揮)ほか『ドイツ・グラモフォン協奏曲録音集』

【2位】【SACDハイブリッド】クナッパーツブッシュ(指揮) ウィーン・フィル他『ワーグナー名演集』

【3位】【SACDハイブリッド】オイストラフ(Vn)、クレンペラー(指揮) フランス国立管弦楽団、他『ブラームス:ヴァイオリン協奏曲、ベートーヴェン:三重協奏曲』

【4位】【SACDハイブリッド】フリッチャイ(指揮) ベルリン・フィル『ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》、第7番』

【5位】【SACDハイブリッド】ワルター(指揮) ウィーン・フィル『マーラー:交響曲「大地の歌」、リュッケルト歌曲集から』

【6位】【SACDハイブリッド】ベーム(指揮) ウィーン・フィル『ドヴォルザーク:交響曲第9番《新世界より》、シューマン:交響曲第4番』

【7位】【SACDハイブリッド】クレンペラー(指揮) フィルハーモニア管弦楽団、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団『モーツァルト: 交響曲集、アイネ・クライネ・ナハトムジーク(2種)、他 』

【8位】【SACDハイブリッド】グリュミオー(Vn)、ロザンタール(指揮) ラムルー管弦楽団『ラロ:スペイン交響曲、サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ、他』

【10位】【SACDハイブリッド】プレヴィン(指揮) ロンドン交響楽団、他『ホルスト:惑星、ブリテン:歌劇「ピーター・グライムズ」より』

【11位】【SACDハイブリッド】ベーム(指揮) ベルリン・フィル、ベルリン・フィル管楽アンサンブル『モーツァルト:協奏交響曲&セレナード集』

【12位】【SACDハイブリッド】シューリヒト(指揮) ウィーン・フィル『ブルックナー: 交響曲第3番、第8番、第9番』

【13位】【SACDハイブリッド】マタチッチ(指揮) チェコ・フィル『ブルックナー:交響曲第5番、第7番、第9番』

【14位】【SACDハイブリッド】フィストゥラーリ、アンセルメ(指揮) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団『チャイコフスキー: バレエ「白鳥の湖」(抜粋)、ドリーブ: バレエ「シルヴィア」組曲』

【15位】【SACDハイブリッド】クレンペラー(指揮) フィルハーモニア管弦楽団『ベルリオーズ:幻想交響曲』

【16位】【SACDハイブリッド】セル(指揮) クリーヴランド管弦楽団『ワーグナー:管弦楽曲集』

【17位】【SACDハイブリッド】ブロムシュテット(指揮) シュターツカペレ・ドレスデン『ベートーヴェン:交響曲全集』

【18位】【SACDハイブリッド】セル(指揮) クリーヴランド管弦楽団『モーツァルト:交響曲第28・33・35・39〜41番、他』

【19位】【CD】ウィン・モリス(指揮) ニュー・フィルハーモニア管弦楽団『マーラー: 交響曲第10番(クック版第3稿)』

【20位】【SACDハイブリッド】ケーゲル(指揮) ライプツィヒ放送交響楽団、他『オルフ:カルミナ・ブラーナ(1960年ステレオ録音)』

令和元年の年間チャート!タワーレコード「2019 ベストセラーズ」発表!

<< ワルター『シューベルト&ドヴォルザーク:交響曲集』SACD、カバー写真、収録内容がアップ | main | 指揮者のマリス・ヤンソンスさんが死去、76歳 >>