Reference Recordingsから『ホルスト: 惑星、バレエ組曲「どこまでも馬鹿な男」』SACDハイブリッド

ホルスト: 惑星 [HDCD]/マイケル・スターン、カンザス・シティ交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

高音質レーベルReference RecordingsからSACDハイブリッドが発売です。マイケル・スターン指揮、カンザス・シティ交響楽団による『ホルスト: 惑星、バレエ組曲「どこまでも馬鹿な男」』。タワーレコードでは12月下旬発売ですが、Amazonでは10月に発売済みとなっています。

本作はReference Recordingsらしく、SACD層にはマルチチャンネルを収録。加えてCD層もHDCD仕様です。

HDCDはSACDが登場する以前に、同レーベルのキース O.ジョンソンが生み出した技術で、CD層に20bitの音源を収録。ただしHDCDに対応したプレーヤーで再生する必要があります(通常プレーヤーなら16bitで再生)。OPPOなどもHDCDに対応しています。SACD層が再生できる方がHDCDで聴いてもメリットはないと思いますが、オーディオ的な楽しみとしてはいいかもしれません。

それはともかく、本作に収録されているのはホルストの『惑星』と、珍しいバレエ組曲『どこまでも馬鹿な男』。録音は2015年。収録が行われたカウフマン・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツの響きとともにSACDマルチチャンネルの音が興味深い。

・ホルスト:組曲『惑星』
 火星/金星/水星/木星/土星/天王星/海王星
・バレエ組曲『どこまでも馬鹿な男』
 アンダンテ(祈り)/地の精の踊り/水の精の踊り/火の精の踊り

【録音】
2015年1月29-31日カウフマン・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ、ヘルツベルク・ホール

ホルスト: 惑星 [HDCD]/マイケル・スターン、カンザス・シティ交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

<< Mobile Fidelity、グレイトフル・デッドの『ブルース・フォー・アラー』SACDとLPがタワレコで予約開始 | main | ワシントン・ナショナル交響楽団の自主レーベル第1弾はSACDハイブリッド『ドヴォルザーク「新世界より」、ビリー・ザ・キッド』 >>