カラヤンのベートーヴェン記念SACDシングルレイヤーがジャケ公開、“序曲集”“エグモント他”“Vn協奏曲”

来年1月22日発売の、カラヤン&ベルリン・フィルによるベートーヴェン名盤のSACDシングルレイヤー(SHM仕様)。3タイトルのジャケット写真がタワーレコードで公開されました。ドイツ・グラモフォンの初出LPと同じではないかと思われます。

発売になるのは〈ベートーヴェン生誕250周年記念〉として、カラヤンがベルリン・フィルを指揮したベートーヴェンの3つのアルバム。SACDシングルレイヤーで、何れもドイツ・グラモフォンのオリジナル・マスターから独Emil Berliner Studiosで制作したDSDマスターを使用。

ベートーヴェン:序曲集

ベートーヴェン:序曲集/ヘルベルト・フォン・カラヤン、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【SACDシングルレイヤー(SHM仕様)】
Tower Records
Amazon

50年前の〈ベートーヴェン生誕200周年〉に合わせて、1965年と1969年に録音されたベートーヴェンの全序曲11曲。なかなか録音されることのない序曲までも録音した貴重盤。LPやCDでは2枚組をSACD1枚に収録。

(1)《レオノーレ》序曲 第1番 作品138
(2)《レオノーレ》序曲 第2番 作品72
(3)《レオノーレ》序曲 第3番 作品72a
(4)歌劇《フィデリオ》序曲 作品72b
(5)バレエ《プロメテウスの創造物》作品43 序曲
(6)劇音楽《シュテファン王》作品117 序曲
(7)劇音楽《アテネの廃墟》作品113 序曲
(8)劇音楽《エグモント》作品84 序曲
(9)序曲《コリオラン》作品62
(10)序曲《命名祝日》作品115
(11)序曲《献堂式》作品124

【録音】
1965年9月(3)(4)(9)、1969年1月(1)(2)(5)-(8)(10)(11)

ベートーヴェン:劇音楽≪エグモント≫ 他

ベートーヴェン:劇音楽≪エグモント≫ 他/ヘルベルト・フォン・カラヤン、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【SACDシングルレイヤー(SHM仕様)】
Tower Records
Amazon

《エグモント》《ウェリントンの勝利》は、序曲集と共に1969年1月に録音されたもの。この2曲に、同年8月にサンモリッツで録音された弦楽合奏による《大フーガ》をカップリング。

(1)ゲーテの悲劇《エグモント》への音楽 作品84
(2)戦争交響曲《ウェリントンの勝利》作品91
(3)大フーガ 変ロ長調 作品133(弦楽合奏版)

【録音】
1969年1月 ベルリン、イエス・キリスト教会(1)(2)、1969年8月 サンモリッツ、フランス教会(3)

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 他/アンネ=ゾフィー・ムター、 ヨーヨー・マ、 マルク・ツェルツァー、 ヘルベルト・フォン・カラヤン、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【SACDシングルレイヤー(SHM仕様)】
Tower Records
Amazon

当時16歳のムターとのヴァイオリン協奏曲(1979年録音)と、ムター(vn)、ヨーヨー・マ(vc)、マルク・ツェルツァー(p)との「ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲」(1979年録音)を1枚にカップリング。

(1)ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
(2)ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 ハ長調作品56S

【演奏】
アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
ヨーヨー・マ(チェロ(2))、マーク・ゼルツァー(ピアノ(2))
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

【録音】
1979年9月 ベルリン、フィルハーモニー

<< ステレオサウンドが小椋 佳『彷徨(さまよい)』をSACDハイブリッド化 、11月22日より発売中 | main | 坂本龍一アナログ・リイシュー、『WAR HEAD』『Front Line』の動画「開封の儀」が公開 >>