マークレビンソン(Mark Levinson)からネットワーク対応SACDプレーヤー「No5101」が発売

ハイエンド・オーディオのマークレビンソン(Mark Levinson)がネットワーク対応SACDプレーヤー「No5101」を2020年初旬より発売します。標準価格は¥600,000(税抜)。発売はハーマンインターナショナル株式会社。

SACD(Super Audio CD)対応のディスク再生能力

SACDは2ch再生でしょうが、マークレビンソンということでワクワクするものがあります。

メディアの再生は、SACD、CD-A、CD-R、CD-RWなどを再生可能。ドライブ部に、高精度オプチカルピックアップを採用した堅牢なスロットローディング式ユニットを採用。

ネットワークのストリーミングも可能

マークレビンソンならハイレゾを聴く気になる。そんなハイエンド・ユーザーもいらっしゃるのではないでしょうか。

同一ネットワークに接続されたNASドライブから音楽のストリーミング再生が可能。さらにリアパネルにUSB-A端子を装備し、接続されたドライブから直接音楽ファイルも再生可能です。

Mark Levinson Precision Link II DAC搭載

上位モデル「No500」シリーズ同様、Mark Levinson Precision Link II DACを搭載。最新のESS PRO Saber 32bit DAコンバータと、独自のジッター低減回路を組み合わせたフルバランス・ディスクリートコンバータがデジタル回路部の中核をなします。SACDをはじめとする多様なデジタルソースのポテンシャルを余すことなく忠実かつ高い次元で再現します。

【主な仕様】
製品名:No5101
タイプ:ネットワーク対応SACDプレーヤー
デジタル入力端子:RCA(S/PDIF)同軸×1、EAIJオプチカル×1
デジタル出力端子:RCA(S/PDIF)同軸×1、EAIJオプチカル×1
アナログ出力端子:XLRバランス×1ペア、RCAアンバランス×1ペア
ネットワーク:Ethernet
Wi-Fi 802.11b/g/n
マスストレージ:USB-A×1
D/Aコンバータ:32bit/192kHz
再生可能フォーマット:FLAC、WAV、AIFF、OGG(24bit/192kHzまで)
AAC(24bit/96kHzまで)
MP3(320kbps/48kHzまで)
WMA(192kbps/48kHzまで)
コントロール端子:RS-232ポート、IRリモート入力、12V DCトリガー入/出、Ethernetポート
電源:AC100V(50/60Hz)
本体寸法/重量:W440×H126×D465mm / 11.8kg
付属品:リモコン、電源ケーブル

<< ESOTERICからSACD、カラヤン 80年代録音“カルメン”、ポリーニの“ポロネーズ集”、デュトワのフランス物 | main | ピーター・ガブリエルの名盤『So』がハイレゾ配信、flacとMQA(96kHz/24bit) >>