ESOTERICからSACD、カラヤン 80年代録音“カルメン”、ポリーニの“ポロネーズ集”、デュトワのフランス物

お待ちかねのエソテリック(ESOTERIC)からのSACDハイブリッドが発売になります。発売になるのはカラヤンの『ビゼー:「カルメン」(全曲)』(3枚組)、ポリーニの『ショパン:ポロネーズ集』、そしてデュトワ&モントリオール響の『ドビュッシー「海」&ラヴェル「ボレロ」他』の3タイトル。紙製デジパック・パッケージ、12月15日発売予定。

ここのところ80年代のデジタル録音のSACD化にも挑戦しているエソテリック。今回も80年代デジタル録音の名盤、カラヤンの「カルメン」とデュトワのアルバムをSACDハイブリッドで発売です。デュトワはドビュッシーとラヴェルとのオーケストラ曲を1枚にコンパイルした仕様。これもユニークです。

カラヤンの80年代の名盤「カルメン」

ビゼー:歌劇「カルメン」(全曲)/カラヤン、ベルリン・フィル【SACDハイブリッド】
Yahoo!ショッピング
楽天市場 インザムード楽天市場店
楽天市場 MC昭和

初SACD化。ただし歌詞・対訳は付属しておりません。

当時カラヤンの19年ぶりの「カルメン」録音、歌うのはアグネス・バルツァ、ホセ・カレーラス。そう話題となった1982年デジタル録音です。話題盤でしたので、管理人もCDを買いよく聴きました。当時はCDが高価でしたので、赤い紙箱のCDは大切に聴いたものでした。

それにしてもエソテリックのデジタル録音のSACD化。カラヤンは『ばらの騎士』に続いて『カルメン』ということで、今後もSACD化を期待したいと思います。

ポリーニの鮮烈な『ポロネーズ集』をオリジナル・ジャケットで

マウリツィオ・ポリーニ/ショパン:ポロネーズ集【SACDハイブリッド】
Yahoo!ショッピング
楽天市場 インザムード楽天市場店
楽天市場 MC昭和

70年代に鮮烈なアルバムを続出したポリーニが、1975年に録音したショパンのポロネーズ集。まるでマシーンのようなピアニズム、それでも熱い演奏。LP時代にノックアウトされたクラシックファンは多いかと思います。

2000年代初頭にドイツ・グラモフォンからSACDハイブリッドで、2016年に国内SACDシングルレイヤーでリリースされましたが、オリジナルLPジャケットではなくポリーニの写真でした。

今回のエステリックのSACDハイブリッドはオリジナルLPどおりドラクロワ画のショパン像。これでなくては『ポロネーズ集』を聴いた気がしない、という方も多いでしょう。エソテリックのDSDマスタリングと合わせて貴重なSACDハイブリッドです。

Decca原盤。デュトワ&モントリオール交響楽団のドビュッシー&ラヴェル

シャルル・デュトワ/「海」&ラヴェル「ボレロ」他【SACDハイブリッド】
Yahoo!ショッピング
楽天市場 インザムード楽天市場店
楽天市場 MC昭和

シャルル・デュトワとモントリオール交響楽団のデッカ録音が初SACD化。当時のデッカはアンセルメ&スイス・ロマンド管の継承者として、デュトワ&モントリオール管のフランス音楽やストラヴィンスキーが注目でした。

今回のSACDハイブリッドもドビュッシーとラヴェルの曲を収録。異なるオリジナル・アルバムから選曲したものを1枚に編んでいます。「ダフニスとクロエ」第2組曲は全曲盤からの収録なので合唱付き。

収録曲
・ドビュッシー;《海》− 3つの交響的スケッチ(1989年録音)
I. 海の夜明けから正午まで
II. 波の戯れ
III. 風と海の対話
・ドビュッシー;牧神の午後への前奏曲(1989年録音)
・ラヴェル:バレエ音楽《ダフニスとクロエ》第2組曲(1980年録音)
第1曲:夜明け
第2曲:パントマイム
第3曲:全員の踊り
・ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ(1983年録音)
・ラヴェル:ボレロ(1981年録音)

 

<< アバドの名盤『ヴェルディ: 歌劇「マクベス」』Blu-ray Audio(+2CD)がタワレコセールで¥1,800 | main | マークレビンソン(Mark Levinson)からネットワーク対応SACDプレーヤー「No5101」が発売 >>