ベルリン・フィルの28年分のヨーロッパコンサートを全て収録したブルーレイBOX28枚組が発売

ヨーロッパコンサート1991-2018/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【ブルーレイ】
Tower Records

ベルリン・フィルの28年間分のヨーロッパコンサートを全て収録した映像ブルーレイボックス、『ヨーロッパコンサート1991-2018』(28枚組)が発売です。初ブルーレイ化4公演を含む限定ボックス。

ベルリン・フィルは1991年から、ヨーロッパ各地のホールや歴史的建造物でコンサートをする“ヨーロッパコンサート”を行ってきましたが、30周年を目前に、これまでの28年分の公演をまとめたブルーレイを発売します。ブルーレイ28枚組。12月下旬発売予定。

25周年の時はDVDボックスが発売されましたが、今回はパッケージのデザインは似ているもののブルーレイでのボックス。そのうち1993年(ロンドン/ ハイティンク指揮)、2005年(ブダペスト/ ラトル指揮)、2009年(ナポリ/ ムーティ指揮)、2012年(ウィーン/ ドゥダメル指揮)の4つのコンサートは初ブルーレイ化です。

(ブルーレイ化にあたって、画質、音質はリマスターされていますが、オリジナル素材がHDではないため、再生機種によっては映像が多少乱れることがありますので、予めご了承ください。)

アバドを始めとして錚々たる指揮者と、いろいろな演奏会場

指揮者は就任して2年後のアバドを始め、ラトル、バレンボイム、ムーティなど大物や次世代の指揮者が揃っています。

どの年のも指揮者、演奏会場が大変興味深いですが、例えば2003年リスボンの演奏会ではピエール・ブーレーズの指揮でバルトークの「管弦楽のための協奏曲」、マリア・ジョアン・ピリスが共演でモーツァルトのピアノ協奏曲と見逃せません。

全ブルーレイの収録曲、演奏家名、収録年はタワーレコードの方をご覧ください。


[ヨーロッパコンサート2018フロム・バイロイト/ EuroArtsChannel 公式チャンネルより]


[ヨーロッパコンサート2013フロム・プラハ/ EuroArtsChannel 公式チャンネルより]

ヨーロッパコンサート1991-2018/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【ブルーレイ】
Tower Records

<< GONTITIのニューアルバム『Assortment』のジャケット写真、収録曲が公開、特設サイトも公開 | main | 岩崎宏美の初SACDハイブリッドが11月20日に発売。ステレオサウンドとタワレコの初コラボで実現 >>