RCO Live ガッティ&コンセルトヘボウ管の『マーラー:交響曲第1番』SACDハイブリッドが発売

マーラー: 交響曲第1番/ダニエレ・ガッティ、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

RCO LiveのSACDハイブリッドのリリースが続きます。ダニエレ・ガッティ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の『マーラー:交響曲第1番』が12月中旬に発売。マルチチャンネルも収録しています。

ガッティとコンセルトヘボウ管によるマーラーのSACDは、交響曲第2番「復活」交響曲第4番に続くもので、前指揮者のヤンソンスと同じくSACDハイブリッドでのマーラー全集完成へ進んでいくと思われます。

ロイヤルコンセルトヘボウはマーラー自身が指揮をしたこともあるオーケストラだけに、どの指揮者であれマーラーの演奏、響きにおいて興味深い。

録音は2017年1月と2018年5月、アムステルダムのコンセルトヘボウでのライヴ収録。

マーラー: 交響曲第1番/ダニエレ・ガッティ、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

<< トッド・ラングレンの自伝本『インディヴィジュアリスト トッド・ラングレン自伝』邦訳が発売 | main | Mobile Fidelityよりダイアー・ストレイツ『Dire Straits(悲しきサルタン)』がSACDハイブリッド >>