バーンスタインの58〜70年ベートーヴェン録音がニュー・リミックス&リマスターCD10枚組ボックスで発売

バーンスタイン・コンダクツ・ベートーヴェン<完全生産限定盤>【CD】
Tower Records

レナード・バーンスタインが1958〜1970年にニューヨーク・フィルハーモニックを指揮して録音したベートーヴェンの交響曲・管弦楽曲・声楽曲の全てが収録されたCDボックスが発売です。CD10枚組

これは〈ベートーヴェン生誕250年〉を記念して発売されるボックスで、ソニークラシカルから11月15日に発売。10月26日現在タワーレコードでは5千円を切る予約価格となっています。

音源は27年ぶりにニュー・リミックス&リマスターされました。全10枚のうち7枚は、オリジナル・3トラック・マスターから新たに192kHz/24bitでリミックス&リマスター。第3番、第5番、序曲集の3枚分は、2018年に発売された「バーンスタイン・リマスタード」リマスター音源を使用。

ディスクは初出時LPのジャケット・デザインを使用した紙ジャケットに封入され、クラムシェルボックスに収納される予定。新規のリミックス、リマスターと合わせて当時の“360サウンド”(STEREOのことです)を満喫できる内容です。

収録内容は以下のとおり。演奏はバーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニックで、CD4にはコロムビア交響楽団員も。

CD1
1. 交響曲 第2番
2. 交響曲 第1番
[録音]1964年1月6日(1), 1964年1月20&27日(2)、ニューヨーク、マンハッタン・センター
CD2
交響曲 第3番「英雄」
[録音]1964年1月27日、ニューヨーク、マンハッタン・センター
CD3
1. 交響曲 第4番
2. 交響曲 第8番
[録音]1962年5月7日(1), 1963年10月7日(2)、ニューヨーク、マンハッタン・センター
CD4
1. 交響曲 第5番
2 「運命」が出来るまで
[録音]1961年9月25日(1)、ニューヨーク、マンハッタン・センター
1956年7月13日(2)、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ(バーンスタイン語りと部分演奏)[モノラル]
CD5
交響曲 第6番 ヘ長調 Op.68「田園」
[録音]1963年5月13日、ニューヨーク、マンハッタン・センター
CD6
交響曲 第7番
[録音]1958年10月6日、ニューヨーク、セント・ジョージ・ホテル
CD7
交響曲 第7番
[録音]1964年5月4&26日、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホール
CD8
交響曲 第9番「合唱」
[共演]マーティナ・アーロヨ(ソプラノ)、レジーナ・サーファティ(メゾ・ソプラノ)、ニコラス・ディ・ヴイルジリオ(テノール)
ノーマン・スコット(バス)、ジュリアード合唱団
[録音]1964年5月18日、ニューヨーク、マンハッタン・センター
CD9
1. 「献堂式」序曲
2. 「シュテファン王」序曲
3. 歌劇「フィデリオ」 序曲
4. 「エグモント」序曲
5. 「レオノーレ序曲第3番」
[録音]1962年10月9日(1)、1966年10月4日(2)、1967年1月10 & 31日(3)、1970年2月12日(4)、1960年10月24日(5)、
ニューヨーク、フィルハーモニック・ホール
CD10
ミサ・ソレムニス
[共演]アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、キャロル・スミス(メゾ・ソプラノ)リチャード・ルイス(テノール)、キム・ボルイ(バス)、ウェストミンスター合唱団
[録音]1960年4月18日&21日、ニューヨーク、マンハッタン・センター

バーンスタイン・コンダクツ・ベートーヴェン<完全生産限定盤>【CD】
Tower Records

<< ソニーミュージックがジャズの歴史的名盤のオリジナル盤を高音質LPで復刻するシリーズを開始。第1回はマイルス。 | main | 『Net Audio(ネットオーディオ) 』Vol.36が発売 >>