Chandosよりアルメニアの作曲家テルテリャーンの交響曲第3番、第4番他-SACDハイブリッド、

テルテリャーン: 交響曲第3番&第4番/キリル・カラビツ、ボーンマス交響楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records

CHANDOSからSACDハイブリッドが発売です。“旧ソ連諸国の知られざる作曲家に捧げるシリーズ”第3弾として、ハチャトゥリアンと並ぶ20世紀アルメニア音楽の巨人、アーヴェト・テルテリャーン(1929−1994)の交響曲第3番と交響曲第4番を収録。

交響曲第3番ではアルメニアの民族楽器ドゥドゥクやズルナがフィーチャーされています。

他にアルメニアのクラシック音楽の父と呼ばれるコミタス(ソゴモン・ソゴモニアン)の曲と伝承曲も収録。

演奏はウクライナの若き指揮者キリル・カラビッツ。ボーンマス交響楽団の演奏です。収録は2019年3月、イギリスのプールという都市にあるザ・ライトハウスにて。

収録曲は以下のとおり。Chandosのホームページではサンプル試聴ができます。交響曲第3番を聴いてみると、アルメニアの雰囲気を強く感じる曲でした。

・テルテリャーン:交響曲第3番(1975)〔ドゥドゥク、ズルナと大交響楽団のための〕
・コミタス(ソゴモン・ソゴモニアン)(1869−1935):Shoger Jan(Dear Shoger)
・伝承曲:Noobar-Noobar
・テルテリャーン:交響曲第4番(1976, 1984改定)〔大交響楽団のための〕

テルテリャーン: 交響曲第3番&第4番/キリル・カラビツ、ボーンマス交響楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< フランク・ザッパの73年ハロウィン・コンサートを収録した『Halloween 73』CD4枚組BOX、ハイライトCDも | main | 山中千尋『プリマ・デル・トラモント』がアナログレコードでも発売 >>