世界的リコーダー奏者ミカラ・ペトリのJ.S.バッハの“フルート・ソナタ集”SACDハイブリッド、マルチも収録

バッハ: リコーダー・ソナタ集/ミカラ・ペトリ、ヒレ・パール、マハン・エスファハニ【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

OUR Recordingsから、リコーダーによるバッハのフルート・ソナタ集がSACDハイブリッドで発売です。

リコーダーを演奏するのはミカラ・ペトリ(Michala Petri)。1958年コペンハーゲン生まれの世界的なリコーダー奏者です。これまでOUR RrcordingsからSACDをリリース。またソニークラシカル(RCA)ではやDeccaなどにも多数の録音を残しています。

RCAには1992年にキース・ジャレット(チェンバロ)との共演でバッハのフルート・ソナタ集を録音していました。

その時はソプラノとアルトのリコーダーでの演奏でしたが、再録音となるこのSACDでミカラ・ペトリが使用するのはアルトとテナーのレコーダー。通奏低音としてチェンバロとヴィオラ・ダ・ガンバも加わります。

録音は2019年6月、コペンハーゲンのガルニソン教会。DXD(352.8 kHz/32bit)での収録。SACD層にはマルチチャンネルも収録。YouTubeにOUR Recordings 公式チャンネルの動画があります。

・ソナタ ロ短調 BWV1030
 アルト・リコーダー、チェンバロとヴィオラ・ダ・ガンバによる
・ソナタ 変ホ長調 BWV1031
 テナー・リコーダー、チェンバロとヴィオラ・ダ・ガンバによる
・ソナタ ト長調 BWV1032 (原調:イ長調)
 テナー・リコーダー、チェンバロとヴィオラ・ダ・ガンバによる
・ソナタ ハ長調 BWV1033
 テナー・リコーダーと通奏低音(チェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ)による
・ソナタ ト短調 BWV1034 (原調:ホ短調)
 アルト・リコーダーと通奏低音(チェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ)による
・ソナタ ヘ長調 BWV1035 (原調:ホ長調)
 アルト・リコーダーと通奏低音(チェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ)による

バッハ: リコーダー・ソナタ集/ミカラ・ペトリ、ヒレ・パール、マハン・エスファハニ【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

<< 鈴木雅明&BCJの“バッハ:世俗カンタータ全集”がSACDハイブリッド10枚組BOXで登場、初SACD化含む | main | Dutton Vocalionからポール・モーリアの2in1SACDハイブリッド『Paul Mauriat En Espana & Michele』 >>