BISよりSACD 鈴木雅明&BCJのベートーヴェン交響曲第9番「合唱」が登場。2019年1月東京でのライヴ

ベートーヴェン: 交響曲第9番《合唱付き》/鈴木雅明、バッハ・コレギウム・ジャパン【SACDハイブリッド】
Tower Records

BISよりSACDハイブリッドが発売。なんと鈴木雅明とバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)によるベートーヴェンが登場です。交響曲第9番「合唱」が10月に発売。

これは「2020年のベートーヴェン生誕250周年」と「BCJ結成30周年」を記念しておこなわれた、東京オペラシティ”タケミツ メモリアル”でのライヴ録音。

収録は2019年1月。DSDレコーディングでマルチチャンネルも収録。トータル66分28秒です。

オリジナル楽曲でのベートーヴェンは珍しくありませんが、これまでバッハもしくはモーツァルトあたりまでの印象が強かった鈴木雅明&BCJだけに、どんな演奏か非常に興味深い。

ベートーヴェン: 交響曲第9番《合唱付き》/鈴木雅明、バッハ・コレギウム・ジャパン【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< UKインディポップの名盤、ブルーボーイ『If Wishes Were Horses』がアナログレコードで発売 | main | ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団の“SACDハイブリッド10枚組ボックス”が廉価価格で発売 >>