ワルターのSACDハイブリッド・エディション第2弾 ベートーヴェン:交響曲全集・ヴァイオリン協奏曲

ベートーヴェン:交響曲全集・ヴァイオリン協奏曲【7SACD Hybrid+2CD】
Tower Records
Amazon

ブルーノ・ワルターの全ステレオ録音のSA-CDハイブリッド・エディション。シリーズ第2弾が早くも予約開始です。

第2弾は『ベートーヴェン:交響曲全集・ヴァイオリン協奏曲』、SACDハイブリッド7枚とCD2枚のセット。11月13日発売。

第1弾同様、SACDハイブリッドはオリジナル・アナログ・3トラック・マスターから、1998年以来21年ぶりに新規リミックス&リマスターされた音源を収録。ベートーヴェンの9つの交響曲と2曲の序曲、そしてジノ・フランチェスカッティとのヴァイオリン協奏曲も収録。今回は全部、コロンビア交響楽団との演奏となります。

2枚のCDには「ワルター・イン・リハーサル」として第5番、第9番、第7番、第4番のリハーサルを収録。

長い間、ワルターのベートーヴェンのSACDは第5番と第6番「田園」がシングルレイヤーで出ていただけでした。SACDが登場して20年、ようやくワルターのベートーヴェン全集がSACD化されることになります。

それにしても第1弾のモーツァルト&ハイドン、第2弾のベートーヴェンとSACDハイブリッド化されてくると、この後のシューベルトやブラームス、ドヴォルザーク、マーラーあたりまで。続々とSACD化されていくのが改めて実感でき、楽しみになってきます。

収録曲

DISC 1 (ハイブリッドディスク)
ベートーヴェン
1-4交響曲第1番[録音:1958年1月6日(第1・4楽章)&9日(第3楽章)]
5-8交響曲第2番[録音:1959年1月5日&9日]

DISC2 (ハイブリドディスク)
1-4交響曲第3番「英雄」[録音:1958年1月20日、23日&25日]
5「コリオラン」序曲[録音:1959年4月15日(録音場所は従来噂されていたニューヨーク、セント・ジョージ・ホテル、ボールルームではなく、ハリウッド、アメリカン・リージョン・ホール)]

DISC3 (ハイブリッドディスク)
1-4交響曲第4番[録音:1958年2月8日(第2・4楽章)&10日(第1・3・4楽章)]
5-8交響曲第5番「運命」[録音:1958年1月27日(第1・2楽章)&30日(第3・4楽章)]

DISC4 (ハイブリッドディスク)
1-5交響曲第6番「田園」[録音:1958年1月13日(第1楽章)、15日(第2・3楽章)&17日(第4・5楽章)]
6「レオノーレ」序曲第2番[録音:1960年7月1日]

DISC5 (ハイブリッドディスク)
1-4交響曲第7番[録音:1958年2月1日(第1・3楽章)、3日(第2・4楽章)&12日(第2・3楽章)]
5-8交響曲第8番[録音:1958年1月8日(第2楽章)、10日(第1・3楽章)、13日(第3楽章)、2月12日(第4楽章)]

DISC6 (ハイブリッドディスク)
1-4交響曲第9番「合唱」[録音:1959年1月19日&21日(第1楽章)、26日&29日(第2・3楽章)、4月6日&15日(第4楽章:録音場所は4月6日がニューヨーク、セント・ジョージ・ホテル、ボールルーム、4月15日がハリウッド、アメリカン・リージョン・ホール)]

DISC7 (ハイブリッドディスク)
1-3ヴァイオリン協奏曲[録音:1961年1月23日&26日]

DISC8(通常CD)
ワルター・イン・リハーサル〜交響曲第5番
交響曲第5番
1第1楽章
2第2楽章
[録音:1958年1月27日]

DISC9(通常CD)
ワルター・イン・リハーサル〜交響曲第9番・第7番・第4番
1交響曲第9番〜第2楽章[録音:1959年1月26日&29日]
2交響曲第7番〜第1楽章[録音:1958年2月1日]
3交響曲第4番〜第2楽章[録音:1958年2月8日]
4日本の音楽愛好家の皆様へ(ワルターのメッセージ)[録音:1959年頃]
日本初CD化

ベートーヴェン:交響曲全集・ヴァイオリン協奏曲【7SACD Hybrid+2CD】
Tower Records
Amazon

第1弾『モーツァルト&ハイドン:交響曲集・管弦楽曲集 』はこちら

モーツァルト&ハイドン:交響曲集・管弦楽曲集【5SACD Hybrid+CD】
Tower Records
Amazon

<< オットー・クレンペラーのライヴ映像による『ベートーヴェン交響曲全集』がブルーレイ5枚組で発売 | main | 【SACDラボレビュー】ボブ・ジェームス、デイヴィッド・サンボーン『Double Vision』MQA-CD >>