EXTONからメゾソプラノの畢宝儀、第1弾は『巡礼の旅 -ドイツ・リート作品集-』SACDハイブリッド

巡礼の旅 -ドイツ・リート作品集-/畢宝儀、北村香織【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

EXTONから7月に発売になったSACDハイブリッドで、『巡礼の旅 -ドイツ・リート作品集-』があります。

歌うのは、中国を中心に世界各地で活動する畢宝儀(メゾ・ソプラノ)。ピアノこれが畢宝儀によるEXTON第1弾アルバムです。ピアノ伴奏は共に活動してきた北村香織。

収録はモーツァルト、ブラームス、マーラーの歌曲。録音は2019年1月、埼玉の富士見市民文化会館(キラリふじみ)にて収録。

モーツァルト:
・すみれ K.476
・ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いたとき K.520
・クローエに K.524
・ラウラに寄す夕べの想い K.523
・春へのあこがれ K.596
・満足 K.349
・魔法使い K.472
ブラームス:
・ジプシーの歌
マーラー:歌曲集「子供の不思議な角笛」より
・むだな骨折り
・夏の歌い手交替
・高い知性への賛美
・浮世の暮らし
・わかれ
・原光

巡礼の旅 -ドイツ・リート作品集-/畢宝儀、北村香織【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

<< ザ・クラッシュの『ロンドン・コーリング』40周年記念盤が発売、CD、LP、Scrapbookで | main | BISよりベリオなどの“現代音楽トロンボーン協奏曲集”SACDハイブリッド >>