BISからケント・ナガノ『ムソルグスキー: 歌劇「ボリス・ゴドゥノフ」(1869年原典版)』SACDハイブリッド

ムソルグスキー: 歌劇「ボリス・ゴドゥノフ」(1869年原典版)【SACDハイブリッド】
Tower Records

BISにケント・ナガノが初登場です。SACDハイブリッドで発売になるのは、ケント・ナガノ指揮による『ムソルグスキー: 歌劇「ボリス・ゴドゥノフ」(1869年原典版)』。SACDハイブリッド2枚組で9月中旬に発売。

BISからケント・ナガノというのも驚きですが、BISからオペラ録音というのも珍しいと思います。それも「ボリス・ゴドゥノフ」の1869年原典版なのですから興味深いです。演奏はエーテボリ交響楽団。

収録は2017年3月、スウェーデンのエーテボリ・コンサートホールでのライヴ録音(ライヴ録音をメインにセッションを部分編集とのこと)。収録時間は約125分。歌手の情報など、詳しくはタワーレコードの方をご覧ください。

ムソルグスキー: 歌劇「ボリス・ゴドゥノフ」(1869年原典版)【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< 竹内まりや モア・ベスト、レアトラック集、カバーを収録したCD3枚組『Turntable』が発売 | main | BISより『ギリシャとドイツの芸術にまつわる歌曲集』SACDハイブリッドが発売 >>