作曲順に検証『ベートーヴェンとピアノ 「傑作の森」への道のり』小山実稚恵、平野昭著

ベートーヴェンとピアノ 「傑作の森」への道のり/小山実稚恵、平野昭【書籍】
Tower Records
Amazon
楽天ブックス

『ベートーヴェンとピアノ 「傑作の森」への道のり』は、ベートーヴェンのピアノ曲、ピアノが関わる曲を、ピアニストの小山実稚恵と音楽学者の平野昭が対談形式で検証していく本です。

ピアノ・ソナタだけでなく、ピアノ協奏曲、チェロ・ソナタ、ヴァイオリン・ソナタなど、ピアノが関わる曲を、年代順に取り上げて1曲ずつ検証していきます。

本書は11歳の時の「〈ドレスラーの行進曲〉の主題による9つの変奏曲WoO63」から、ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」まで約50曲を取り上げた前半となります。ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」からピアノ・ソナタ第32番までを取り上げた後半も、いずれ刊行予定だそうです。

楽譜を掲載するなど内容は専門的ですが、カジュアルなレイアウトです。ベートーヴェンの音楽を愛する人には面白い本と思います。ピアノ(チェンバロ?)・パートだけが残っているピアノ協奏曲第0番WoO4など興味深い話でした。

ベートーヴェンとピアノ 「傑作の森」への道のり/小山実稚恵、平野昭【書籍】
Tower Records
Amazon
楽天ブックス

<< 自分以外誰もビートルズを知らない世界になってしまったら?映画『イエスタデイ』10月日本公開 | main | [CD]エディット・マティスの1975年ルツェルン・フェスティヴァル・ライヴがAuditeより >>