テクニクスが初のSACDプレーヤー「SL-G700」を発売

復活したオーディオ・ブランド、テクニクス(Technics)が初のSACDプレーヤー「SL-G700」を8月23日に発売します。

「SL-G700」は2ch専用のSACD/CDプレーヤー。価格はメーカー希望小売価格(税抜)で280,000円。

SACD/CDの他に、MQA音源の再生も対応。MQA-CDのフルデコード再生、配信サイトからダウンロードしたMQAファイルの再生が可能です。

他にWAV/AIFF(384kHz/32bitまで)、FLAC/ALAC(384kHz/24bitまで)、DSD(11.2 MHzまで)のファイル再生に対応。

またネットワークプレーヤー機能も備えており、接続したUSBメモリー、外付けハードディスクの音楽ファイルの再生にも対応しています。

以上は再生環境の情報ですが、音質関係の技術も多数あります。詳しくは下のPanasonicのプレスリリースをご覧ください。

テクニクスと言えば、昨年は最高級ターンテーブル「SL-1000R」「SP-10R」を発売して往年のオーディオファンを喜ばせました。今回のSACDプレーヤー「SL-G700」も、SACDの人気につながればいいなと思います。

Panasonic プレスリリース テクニクスネットワーク/スーパーオーディオCDプレーヤー SL-G700 を発売

<< オイストラフのモノラルLP『タルティーニ:「悪魔のトリル」、モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第32番』 | main | リアム・ギャラガーのセカンド『Why Me? Why Not.』がCDとアナログで発売 >>