オイストラフのモノラルLP『タルティーニ:「悪魔のトリル」、モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第32番』

タルティーニ: ヴァイオリ・ソナタ「悪魔のトリル」、モーツァルト: ヴァイオリン・ソナタ第32番【LPレコード】
Tower Records

旧ソ連のヴァイオリニスト、ダヴィド・オイストラフがモノラル末期に発表した『タルティーニ: ヴァイオリ・ソナタ「悪魔のトリル」、モーツァルト: ヴァイオリン・ソナタ第32番』がアナログレコードで復刻です。

ワーナー・ミュージック社保管のオリジナル・マスター・テープからの復刻。180グラム重量盤。アートワークもオリジナルLPと同じ(別途オリジナル・ジャケット表裏印刷物封入)。

本作は1956年、アビー・ロード第1スタジオでの録音。プロデューサーはウォルター・レッグ。収録されているのはA面にタルティーニの「悪魔のトリル」(編曲:クライスラー)、B面にモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第32番 K.454。ピアノがウラディーミル・ヤンポリスキーです。

録音されたのがモノラル末期、すぐにステレオ時代を迎えたこともあって、オリジナルは希少盤となっていたようです。

タルティーニ: ヴァイオリ・ソナタ「悪魔のトリル」、モーツァルト: ヴァイオリン・ソナタ第32番【LPレコード】
Tower Records

<< バルビローリの名盤『エルガー:エニグマ変奏曲』が180gアナログレコードで発売 | main | テクニクスが初のSACDプレーヤー「SL-G700」を発売 >>