PENTATONEのヴァウヴェのデビュー盤『ベル・エポック』がタワレコで予約開始

ベル・エポック/アンネリエン・ファン・ヴァウヴェ 【SACDハイブリッド】
Tower Records

女性クラリネット奏者アンネリエン・ファン・ヴァウヴェのPENTATONEへのデビュー盤『ベル・エポック』が、タワーレコードで予約開始となりました。発売は9月上旬。

アンネリエン・ファン・ヴァウヴェはベルギーのクラリネット奏者。PENTATONEとは長期契約をしたのだそうです。

収録されるのは、オーケストラ伴奏によるドビュッシーの「第1狂詩曲」(下にトレーラー動画あり)、ベリオ編曲によるブラームスの「クラリネット・ソナタ第1番」、パリを拠点に活躍するマンフレート・トロヤーン(1949生まれ)の「ラプソディ」(世界初録音)など5曲を収録。

共演はアレクサンドル・ブロック指揮、リール国立管弦楽団。録音は2018年12月、フランス、リールのヌーヴォー・シエクルにて。マルチチャンネルも収録です。

・ドビュッシー:第1狂詩曲(1910/1912)
・マンフレート・トロヤーン(1949-):ラプソディ〜クラリネットとオーケストラのための(2002)【世界初録音】
・ガブリエル・ピエルネ(1863-1937):カンツォネッタ【イェーレ・タジンズ編曲】
・ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番【ルチアーノ・ベリオ編曲】
・シャルル=マリー・ヴィドール(1844-1937):序奏とロンド【タジンズ編曲】

ベル・エポック/アンネリエン・ファン・ヴァウヴェ 【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< YMOのレコーディング・スタッフだった著者による『YMOのONGAKU』(藤井丈司 著) | main | ティルソン・トーマス&SFSOのマーラー:交響曲全集(SACDハイブリッド17枚組)が最終プレス、数量限定特価 >>