PENTATONEからベルリン古楽アカデミー『ヘンデル: 合奏協奏曲Op.6 第1番〜第6番』SACDハイブリッド

ヘンデル:合奏協奏曲Op.6より第1番〜第6番/ベルリン古楽アカデミー【SACDハイブリッド】
Tower Records

PENTATONEからSACDハイブリッドが発売になります。『ヘンデル:合奏協奏曲Op.6より 第1番〜第6番』。演奏はベルリン古楽アカデミーで、マルチチャンネルも収録。7月上旬に発売。

ヘンデルの合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソ)Op.6は12曲からなりますが、本作では第1番から第6番を収録。今後、第7番から第12番もリリースされるとのことです。

演奏のベルリン古楽アカデミーは、1982年に旧東ベルリンで設立されたバロック室内オーケストラ。これまでハルモニア・ムンディへの録音が多く、SACDファンにはルネ・ヤーコプスとの『J.S.バッハ:マタイ受難曲』などでお馴染みです。そのベルリン古楽アカデミーがPENTATONEからのリリースというのも注目です。

録音は2018年9月と2019年2月のセッション録音。ベルリンのニコデマス教会での収録です。

ヘンデル: 合奏協奏曲Op.6より 第1番〜第6番 / ベルリン古楽アカデミー 【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< [CD BOX]バルビローリが40年にわたり録音したオーケストラ作品を幅広く収めたボックス(109枚組) | main | ティーレマンが2018年バイロイト音楽祭で振った“ローエングリン”が映像化 >>