EXTONより“ヴェス編纂版”によるブルックナー:交響曲第6番、上岡敏之指揮のSACDハイブリッド

ブルックナー: 交響曲第6番 / 上岡敏之、新日本フィルハーモニー交響楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records

EXTONからSACDハイブリッド、上岡敏之の指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団による『ブルックナー: 交響曲第6番』です。

ライヴ録音ですが、このコンサートでは演奏されることの珍しいヨーゼフ・ヴェナンティウス・ヴェス編纂版(1927年版)の楽譜を使用したことも話題だったようです。

不勉強で知りませんでしたが、ヨーゼフ・ヴェナンティウス・ヴェスは音楽学者にして作曲家。1927年にこの編纂版を出版しています。原典版のハース版(1937年)やノヴァーク版(1951年)よりも前となります。

“編纂版”と書かれているとおり、校訂というより、いろいろ手が加えられているようです。そこがまたブルックナー・ファンには注目かと。

収録は2018年4月。東京サントリーホールと、横浜みなとみらいホールにてライヴ収録。

ブルックナー: 交響曲第6番 / 上岡敏之、新日本フィルハーモニー交響楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< 【SACDラボ♪♪レビュー】尾崎亜美『HOT BABY』 デイヴィッド・フォスター、スティーヴ・ルカサーらが参加したLA録音 | main | EXTONから飯森範親&日本センチュリー響『ハイドン:交響曲集 Vol.8 』SACDハイブリッド >>