【タワレコxSony Classical のSACDハイブリッド』ジョージ・セルの名盤3タイトルが新ミックス、2019年DSDマスターで発売 

〈タワレコXSony Classical〉のSACDハイブリッドが発売です。ジョージ・セルとクリーヴランド管弦楽団の名盤が3タイトル。

これらは一部を除いて、SACD初期の2001年頃にソニークラシカルからSACDシングルレイヤー で出ていましたが、とっくに入手困難となっていたもので、今回新たに2チャンネルへリミックスし、2019年DSDマスター化を施してのリリース。さらに音匠レーベル使用です。発売は7月24日。

モーツァルト:交響曲第28・33・35・39〜41番他 (2019年 DSDリマスター)
ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団(3枚組)

モーツァルト:交響曲第28・33・35・39〜41番他 【3 SACDハイブリッド】
Tower Records

第39番と第40番はSACDシングルレイヤーで2001年に発売になったものの、そのほかは今回が初SACD化。それも今回の発売のために新たに2チャンネルへのリミックスを施してのDSDマスター化です。ジャケットもアメリカ盤LP発売時のジャケット・デザインというところもいいですね。

収録は6つ交響曲の他にも「アイネ・クライネ〜」や「ポストホルン・セレナード」やディベルティメント、歌劇の序曲までも収録。その分、2001年SACDに入っていたモテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」K.165が入っていませんが、これだけ入っていれば文句なし、嬉しいところでしょう。

DISC1
・交響曲 第28番K.200(189k)
・交響曲 第33番 K.319
・交響曲 第35番 K.385 「ハフナー」
・「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

DISC2
・交響曲 第39番 K.543
・交響曲 第40番 K.550
・交響曲 第41番 K.551「ジュピター」

DISC3
・セレナード 第9番 「ポストホルン」
・ディヴェルティメント 第2番 K.131(フルート、オーボエ、ファゴットと4つのホルンのための)
・歌劇「フィガロの結婚」K.492序曲
・歌劇「劇場支配人」K.486序曲

シューマン:交響曲全集、メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」&真夏の夜の夢 (2019年 DSDリマスター)
ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団(3枚組)

シューマン:交響曲全集、メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」&真夏の夜の夢 【3SACDハイブリッド】
Tower Records

SACDシングルレイヤーで発売になったシューマンやメンデルスゾーンはSACDラボ♪♪も持っていますが、これでセルに目覚めたと言ってもいいディスクでした。SACDラボ♪♪レビューもいくつか載せてありますので参考にしてみてください。

今回はシューマンとメンデルスゾーンがまとまってのリリースです。新たな2チャンネル・リミックスでもありますし、この機会にまとめて手に入れる絶好のチャンスかと思います。

DISC1
・シューマン:交響曲 第1番 「春」
・シューマン:交響曲 第2番

DISC2
・シューマン:交響曲 第3番 「ライン」
・シューマン:交響曲 第4番
・シューマン:「マンフレッド」序曲

DISC3
・メンデルスゾーン:交響曲 第4番 「イタリア」
・メンデルスゾーン:「フィンガルの洞窟」序曲
・メンデルスゾーン:劇付随音楽「真夏の夜の夢」 より

セルの『ワーグナー:管弦楽曲集』が5曲追加(初SACD化)の2枚組(2019年 DSDリマスター)

ワーグナー:管弦楽曲集 【SACDハイブリッド】
Tower Records

もうジャケットを見れば、クラシックファンなら誰もが知っているアルバム『ワーグナー:管弦楽曲集』がSACDハイブリッド化です。それも5曲が追加(初SACD化)されての2枚組リリース。

『ワーグナー:管弦楽曲集』はSACD初期に出ておりましたが、1枚ものでした。それが、5曲を加えての2枚組でのSACD化、そして新たな2チャンネルリミックス。これは嬉しいですね。

DISC1
・楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死
・楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
・歌劇「タンホイザー」序曲
・歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
・「ファウスト」序曲 
・歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲

DISC2
・歌劇「リエンツィ」序曲
・楽劇「ニーベルングの指環」ハイライト
 (1)ワルハラ城への神々の入場(ラインの黄金) 
 (2)ワルキューレの騎行(ワルキューレ) 
 (3)魔の炎の音楽(ワルキューレ) 
 (4)森のささやき(ジークフリート) 
 (5)夜明けとジークフリートのラインへの旅(神々の黄昏) 
 (6)ジークフリートの葬送行進曲と終曲(神々の黄昏)

<< 【BIS】 ヴァンスカ&ミネソタ管『マーラー:交響曲第1番巨人』(SACDハイブリッド 2ch/マルチ) | main | 【SACDラボ♪♪レビュー】尾崎亜美『HOT BABY』 デイヴィッド・フォスター、スティーヴ・ルカサーらが参加したLA録音 >>