【BIS】 ヴァンスカ&ミネソタ管『マーラー:交響曲第1番巨人』(SACDハイブリッド 2ch/マルチ)

マーラー: 交響曲第1番「巨人」 /オスモ・ヴァンスカ、ミネソタ管弦楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

BISよりSACDハイブリッドが発売。オスモ・ヴァンスカ指揮、ミネソタ管弦楽団によるマーラーの交響曲第1番「巨人」です。リリースは7月上旬。

ヴァンスカとミネソタ管による〈マーラー・シリーズ〉はこれまで、第5番第6番第2番「復活」とリリースされてきましたが、第4弾となる今回は第1番の「巨人」。

録音は2018年3月、ミネアポリスのオーケストラ・ホールにて。トータル56分57秒。マルチチャンネルも収録です。

マーラー: 交響曲第1番「巨人」/ヴァンスカ、ミネソタ管【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

<< キース・ジャレットのECMへのクラシック録音が“UHQCD”で発売、バッハやショスタコも | main | 【タワレコxSony Classical のSACDハイブリッド』ジョージ・セルの名盤3タイトルが新ミックス、2019年DSDマスターで発売  >>