【タワレコ限定SACDが発売】旧EMIのオイストラフのブラームス、クレンペラーの“幻想”、セルの「ザ・グレイト」

タワレコ限定SACDが6月14日に発売になります。〈Definition Series〉第22弾として、クレンペラー&オイストラフ『ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ほか』、クレンペラー『ベルリオーズ:幻想交響曲』、ジョージ・セル& クリーヴランド管『シューベルト:グレイト』の3タイトルが発売。

いずれもワーナー(旧EMI)の音源で、本国オリジナル・アナログ・マスターテープからの最新マスタリング。オリジナル・ジャケット・デザイン使用のデジパック仕様です。

初SACD化。クレンペラーとオイストラフによるブラームス、ベートーヴェン「三重協奏曲」も

ブラームス: ヴァイオリン協奏曲(1960年録音)、ベートーヴェン: 三重協奏曲(1958年録音) 【SACDハイブリッド】
Tower Records

1960年録音のクレンペラー指揮とオイストラフによるブラームス:ヴァイオリン協奏曲。そしてサージェント指揮とオイストラフ他で1958年録音のベートーヴェン「三重協奏曲」。

初SACD化。クレンペラーの63年録音「幻想交響曲」

ベルリオーズ: 幻想交響曲 / オットー・クレンペラー、フィルハーモニア管弦楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records

クレンペラーとフィルハーモニア管による「幻想」が初SACD化。オーケストラは対向配置による1963年録音。

セルとクリーヴランド管の70年録音「ザ・グレイト」がSACDハイブリッドで

シューベルト: 交響曲 第9番「ザ・グレイト」 /ジョージ・セル、クリーヴランド管弦楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records

1970年にセッション録音された「ザ・グレイト」。2012年にEMI(当時)よりSACDシングル・レイヤー(限定盤)でリリースされましたが今は完売。今回の2019年最新マスタリングによるSACDハイブリッドはありがたいところ。

<< 【タワレコ】レッド・ツェッペリン『伝説のライヴ』ボックス(3CD+4LP+DVD Audio)が30%オフ | main | Reference RecordingsからSACD『オーケストラのオルガン』、パイプオルガンでシベリウスやワーグナーを >>