ミルシテインの名盤『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン全曲』が45年ぶり、アナログレコードで復刻

ナタン・ミルシテイン / J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ 【LPレコード】
Tower Records

名ヴァイオリニスト、ナタン・ミルシテインの名盤『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン全曲』が、45年ぶりにアナログ・レコードで復活となります。レコードはOptimal社製で180g重量盤。3枚組。

本作は1973/74年録音で、1975年のグラミー賞受賞。これまでCD化されたものを愛聴している方は多いかと思いますが、今回45年ぶりにアナログレコードで発売。

SACDもいつかタワーレコード限定盤あたりで出るかもしれませんが、アナログ・ファンの方はこのレコードもチェックしてみてください。

訂正5月13日 19時43分 

読者のパソコンさんに教えていただきましたが、ミルシテインの『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン全曲』はタワーレコードでSACD化されておりました。大変失礼しました。訂正してお詫びします。

 

 

ナタン・ミルシテイン / J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ 【LPレコード】
Tower Records

<< 萩原健一、沢田研二らのスーパーグループPYG唯一の『PYG! 』SHM-CD、2枚組ライヴ盤も | main | スーザン・ウォンの新作『Close To Me』SACDが5月発売、Amazonで予約開始 >>